【東京新聞杯2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、東京新聞杯に出走を予定しているインディチャンプ、タワーオブロンドン、テトラドラクマの一週前追い切りに関する記事を。

昨日まで電波がほぼ届かないところにいたので全く予想が出来ず。電波が戻った今週はしっかりと時間をかけて予想が出来ると思うので、去年同様に得意の東京コースを中心に攻めていこうと思います。

ではまずは本題の前にこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

タワーオブロンドン 2.7
インディチャンプ 3.4
レイエンダ 5.5
ロジクライ 6.9
サトノアレス 9

1人気は前走久々の競馬となったキャピタルステークスでも2着と格好をつけたタワーオブロンドン。NHKマイル以外では崩れていない馬で、G3なら明らかに格上の存在と言える。

2人気はこちらもアーリントンカップ以外では崩れた事のないインディチャンプ。戦って来た相手を考えるとこの馬も重賞級なのは間違いないので、今回の相手であれば初重賞制覇にも期待が持てそう。

詳しくは予想で触れるのでレイエンダに関しては多くは語らないが、クラブの期待馬という事もあって実績以上に人気になると予想する。ただ、相手もかなり楽になるので、実力を考えれば上位人気に支持されるのも当然か。

以下、東京マイルの富士ステークスを好時計で快勝したロジクライ、東京コース替わりがプラスになりそうなサトノアレスが続くとみる。

その他今週末の重賞に関する記事はこちらから。

【きさらぎ賞2019予想オッズ】注目馬など

3点勝負買い目を無料公開

東京新聞杯一週前追い切り

インディチャンプ

おそらくこの週は気性面を考慮して強くは追ってこなかった。やや行きたがる仕草を見せているが、一応内面はセーブ出来ている。まだまだ全体的に馬が硬く、ストライドが伸びてこないのは気になるが、馬体をこじんまりとみせている割には脚捌きは軽い。調教パートナーには先着を許すも相手との手応えの差は歴然で、終始馬なりで食らいつきにいった点を褒めるべきか。

最終追い切りで負荷をかけられてどこまで動くかがポイントになりそうではあるが、一週前追い切りをみる感じでは仕上がりに大きな不安はなさそう。馬体が緩く見えるのもこの厩舎らしい。

タワーオブロンドン

相手がなかなかついてこなかったのでほぼ併せ馬にはならなかったが、並ばれてからも手応えそのままで抜かせない勝負根性をみせた。何より動きが大きくダイナミックで、自分のリズムを最後まで崩さずにゆったりと楽に駆け抜けた。

身体に硬さは全く感じられず、飛節がよく伸びている事が影響してか脚の回転が遅い割にはスピードもしっかりと感じられる走りだった。

おそらく最終追い切りでもほぼ負荷をかけられる事はないと思うが、一週前でこれだけ身体を使って動けているなら何も不安はないのでは。トモの張りも上々。

テトラドラクマ

頭の位置は安定しないが、ラチ沿いをフルに使って大きく駆け抜けた。脚の回転も速く、リズムよく軽快に走れている点は評価しておきたい。ただ、いくらか馬体に緩さがあり、前半からそれなりに負荷をかけられた事で最後は脚があがってしまった。

息遣いをみても久々の影響は少なからずありそうなので、最終追い切りでどこまで立て直してくるか。現時点ではやや物足りないという印象を受ける。

最後に東京新聞杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ほぼ買いたい馬が決まっているので、後は追い切りと枠と馬場次第では勝負したいレース。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外遠征が増えてレース選択が多種多様となった昨今だが、マイル路線を歩む古馬の大半が、春の大目標には安田記念を見据えている。そこまでにいくつか前哨戦はあるが、安田記念の前に同じ東京マイルで行われる古馬重賞は、この東京新聞杯しかない。そのため、この時期の重賞にも関わらず、安田記念を見据えて一線級の馬たちが出走してくるケースも珍しくないのだ。

また、安田記念は昨年のスワーヴリチャードのように中距離路線からの参戦も増えてきている。出走するための賞金ボーダーが高くなることも多く「この時期にちゃんと賞金を加算しておいて、ローテーションを楽にしたい」と考えている陣営は、ココを本気で狙いに来るわけだ。

しかし、陣営側からすると『ココが勝負』と公言して他からのマークをキツくする必要は無く、世間一般の目に触れるようなマスコミに、わざわざその意志を伝えることはホボないと言っていい。加えて、大手馬主グループは”外厩仕上げ”が主流となっており、ココから情報を得る術がないマスコミは、今や出走各馬の本当の状態を把握できないことすら日常的になってきている背景がある。

創設時から”表には出ない関係者情報”を重視してきた当社シンクタンクは、元JRA騎手・元JRA調教師を始めとした確かな情報力や情報網を持つ人物たちを情報ルートとして揃え、トレセン内の情報はもとより、マスコミの目が届かないトレセン外の情報も入手している。ココが大きな“情報格差”となるのは言うまでもないだろう。

今週はシンクタンクの情報力を実感して頂くべく、元調教師率いる重賞特捜部が自信を持ってお届けする東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク