【きさらぎ賞2019予想オッズ】注目馬、先週の予想結果など

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は先週の予想結果と日曜の京都メイン、きさらぎ賞に関する記事を少し。訳あって週末から電波がほぼないところにいるので、追い切り記事などは戻り次第作成する事にします。

まずは先週の予想結果を。

白嶺ステークス予想結果

5着◎ビックリシタナモー

愛知杯予想結果

1着…ワンブレスアェイ
2着◯ノームコア
3着◎ランドネ

ワイド 520円

一応回収は出来ましたが、配当的には外れたようなもの。ほぼ馬連が勝負だった事もあり軸が3着ではダメ。本線だけワイドを買っていたので何とか救われた感じ。消す要素がない馬を消した事と馬連で勝負した時点で間違っていました。

根岸ステークス予想結果

1着△コパノキッキング
2着▲ユラノト
3着◎クインズサターン

3連複 5,220

馬券はクインズサターンの取りこぼしと三連複を中心に購入するも、コパノキッキングの頭の馬券はなし。

シルクロードステークス予想結果

1着◎ダノンスマッシュ
2着…エスティタート
3着◯穴ティーハーフ

ワイド 2,640円…

今年一発目の勝負レース。◎ダノンスマッシュは不動の軸、対抗馬のティーハーフもそれなりに色がありましたが…。

本命対抗が伸びて来た時はまず当たりを確信しましたが、まさかの2日連続相手抜け。馬連が万馬券だったのでこれは欲しかったですが、キツすぎるワイドのみ。今週は直接連絡を頂いていた方にも重賞全て当てます!と強気になっていただけに、今回の結果は何とも。

ただ、いつもブログを見て下さっている方がこのように3連単を当てたという事がせめてもの救いではあります。

肝心の自分は…

いやーこれぐらいは欲しかった。

しかし、土曜微プラ、日曜頑張った割には普通のプラスといった感じでしたが、本当に流れは悪くない。

中山金杯のステイフーリッシュ、日経新春杯のノーブルマーズ、淀短距離ステークスのティーハーフ、そして今週のシルクロードステークスのティーハーフと後一方で数十万馬券、組み合わせ次第では帯が逃げていますが、近々とてつもない爆発が来そうな予感しかしない訳です。

今週こそは、と言いたいところですが、今の流れを崩す事なく淡々と攻める。この先に必ず待ち受けている大爆発を目指して。

3点勝負買い目を無料公開

きさらぎ賞予想オッズ

ヴァンドギャルド 3.5
アガラス 3.9
ダノンチェイサー 6.7
エングレーバー 8.8
メイショウテンゲン 9.4

1人気はホープフルステークスが勿体無い競馬となってしまったヴァンドギャルド。力がある馬なのは間違いないですし、前走のような事がなければ巻き返してくるのでは。続いて東京スポーツ杯2着のアガラス。前走のレースレベルを考えるとこちらが1人気に支持される可能性もあるだろう。

以下、こうやまき賞の勝ち馬ダノンチェイサー、脚が少し怪しいが2戦2勝と底を見せていないエングレーバーが上位人気に支持されると予想する。

最後にきさらぎ賞の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

先週はここであげたダノンシュマッシュを本命にして1着。今年も去年同様にここであげる馬を当日も本命にする際は勝負と思って下さい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外遠征が増えてレース選択が多種多様となった昨今だが、マイル路線を歩む古馬の大半が、春の大目標には安田記念を見据えている。そこまでにいくつか前哨戦はあるが、安田記念の前に同じ東京マイルで行われる古馬重賞は、この東京新聞杯しかない。そのため、この時期の重賞にも関わらず、安田記念を見据えて一線級の馬たちが出走してくるケースも珍しくないのだ。

また、安田記念は昨年のスワーヴリチャードのように中距離路線からの参戦も増えてきている。出走するための賞金ボーダーが高くなることも多く「この時期にちゃんと賞金を加算しておいて、ローテーションを楽にしたい」と考えている陣営は、ココを本気で狙いに来るわけだ。

しかし、陣営側からすると『ココが勝負』と公言して他からのマークをキツくする必要は無く、世間一般の目に触れるようなマスコミに、わざわざその意志を伝えることはホボないと言っていい。加えて、大手馬主グループは”外厩仕上げ”が主流となっており、ココから情報を得る術がないマスコミは、今や出走各馬の本当の状態を把握できないことすら日常的になってきている背景がある。

創設時から”表には出ない関係者情報”を重視してきた当社シンクタンクは、元JRA騎手・元JRA調教師を始めとした確かな情報力や情報網を持つ人物たちを情報ルートとして揃え、トレセン内の情報はもとより、マスコミの目が届かないトレセン外の情報も入手している。ココが大きな“情報格差”となるのは言うまでもないだろう。

今週はシンクタンクの情報力を実感して頂くべく、元調教師率いる重賞特捜部が自信を持ってお届けする東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り特別無料公開させて頂く。この機会に、是非ともシンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第69回 東京新聞杯(G3)

元調教師率いる重賞特捜部が
「この激走穴馬情報で狙い撃つ!」
と豪語!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク