【シリウスステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、シリウスステークスに出走を予定しているアングライフェン、サトノプライム、ジョーダンキング、タイムフライヤー、モズアトラクション、ピオネロ、ロードゴラッソの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 モズアトラクション 2.4
2 タイムフライヤー 3.2
3 アングライフェン 4.8
4 ジョーダンキング 7.2
5 マッスルビーチ 12.7

1人気濃厚だったグリムが回避で混戦模様。このメンバーならモズアトラクションが上位人気になると思うが、下位人気に面白そうな馬がいるレースなのでここは狙っていくべきでしょう。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着

シリウスS最終追い切り

アングライフェン

頭の位置が安定せず、右に刺さるような走り方をしている点はマイナス。可動域も狭く、脚もとの硬さやフォームの乱れも目立っている。

スピード感、力強さ、馬体の張りとどこを見てもイマイチの馬で、今回の追い切りの動きからはこれといって推せるポイントは見当たらなかった。

サトノプライム

舌を出している点や脚が外へ流れている点は当然のように割り引く必要があるが、それ以上に追われてからの反応が鈍く、調教パートナーには全くついていく事が出来ずに突き放されてしまった点は見た目通りの減点となる。馬体の張りはそこそこではあるが、そこそこの割には動いていない。

ジョーダンキング

フォームや脚捌きは悪くないが、いい頃の動きと比較すると素軽さが足りない感じも。可動域も決して狭くはないが、身体を大きく使っていると言うよりもただ脚を出しているだけという動きで、付け根から脚を前へ出せていない事が全てではないだろうか。

評価は可もなく不可もなくといった感じでお茶を濁しておくが、想像以上に良化するのが遅い印象を受ける。

タイムフライヤー

発汗は気になるが、相変わらず追い切りの動きは素晴らしい。馬なりで調教パートナーに並びかけ、徐々に加速して最後はしっかりと先着。

身体の使い方も上手く大きく、今回も前回同様にパワフルな動きが見られたという事はそれ相応の出来にあるという事では。トモの大きさと厚みからしてダートでやれない訳がない。

ピオネロ

脚がバラバラでフォームも乱れるが一応重心は最後までブレない。ただ、力強さには大きく欠けるような走りで、最後までスピードに乗れなかったのはマイナスだろう。平凡。

モズアトラクション

線が細くトモの張りもイマイチ。流す程度の追い切りではあるが、これは馬体を維持するのに苦労しているのではないだろうか。追い切りらしい追い切りではないので評価は出来ないが、馬体からすると当然買いたくはならない。

ロードゴラッソ

頭が高く舌を出している点はマイナスもフォームは大きくは乱れない。調教パートナーに先着したとはいえ、相手が全く走っていない事がこの着差に繋がっているので、この見た目通りの評価は危険すぎるだろう。胸前が硬く脚捌きが重い点も割り引いておく。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第53回 スプリンターズS(G1)>

桜花賞馬グランアレグリア
回避で混戦模様!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の傾向、人気馬の成績は、1人気[4.1.0.5]、2人気[1.4.0.5]、3人気[2.1.0.7]と上位人気馬が総崩れすることはないが、昨年はラブカンプー(11人気2着)、ラインスピリット(13人気3着)、15年サクラゴスペル(11人気2着)、14年スノードラゴン(13人気1着)、13年マヤノリュウジン(15人気3着)、10年ウルトラファンタジー(10人気1着)など、伏兵馬の好走がありヒモ荒れ傾向。平均配当では馬連4920円、3連複2万6330円、3連単14万0210円と波乱になるケースが多い。

過去10年のステップレース別の成績では(3着以内)、セントウルS(4-3-4)、キーンランドC(2-2-4)、安田記念(1-1-0)、CBC賞(1-0-0)、海外(1-0-0)、高松宮記念(0-2-0)、ヴィクトリアM(0-1-0)、函館SS(0-1-0)。前哨戦のセントウルSが7連対しており優勢。

年齢別の成績では3歳[0-1-1-9]、4歳[2-2-4-15]、5歳[4-5-3-35]、6歳[3.0.1.32]、7歳上[1-2-1-34]となっており5歳馬が9連対と活躍している。また6連対(2-4-6)している牝馬の活躍も目立つ。

競馬セブン 春GIの実績では[フェブラリーS]1140円的中、[桜花賞]480円的中、[天皇賞春]1030円的中、[ヴィクトリアマイル]4090円的中、[オークス]1190円的中、[宝塚記念]9200円的中など馬連だけで現金217万9000円獲得!秋のGIシリーズも競馬セブンにお任せ下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリンターズS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク