【秋風ステークス2020予想】シリウスステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、秋風ステークスの予想を。アドマイヤスコール、インターミッション、オールイズウェル、フォルコメン、ロライマなどが出走する芝1600mの3勝クラスのレース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週の勝負は日曜のスプリンターズステークス、そして待ちに待った海外の凱旋門賞という事になりますので、土曜は様子見でいこうと思います。

シリウスステークス

人気ブログランキングへ

あまり強気な事は言えないが、ここは順番的にも走る番でしょう。このぐらいの人気なら買いやすい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第54回 スプリンターズS(G1)】

軸に相応しい馬は人気のグランアレグリアではない!

今年のスプリンターズステークスはアノ超人気薄馬が波乱の立役者となる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

秋風ステークス

本命はウイングレイテスト

案外メンバーが揃わなかったのでそれなりに人気になる馬だとは思うが、前走後から復帰初戦から狙いたいと思っていた馬なので、ここはベタでも最上位の印を打つ事に。

前走のNHKマイルカップでは悪く厳しい大外枠を引き当ててしまった事もあり、道中の位置取りも悪くなってしまい万事休すかと思われたが、直線で外に出すとそこから一気に脚を伸ばし勝ち馬とは0.6秒差の7着。上位に入線した馬が前々で上手く立ち回った事に対してこちらは真逆の競馬、それも直線だけで前との差を詰めての結果なので、7着でも相当強い結果と言える。

2走前のニュージーランドトロフィーでもNHKマイルカップと同じようにかなりの大外を回しての結果で、1,2着馬との差は完全に直線で通ったコースの差だけだろう。

これまで地味にマイル戦ではまだ底を見せていない馬で、差しが決まる展開になったとはいえ、中山でも強い競馬で結果を残しているだけに、今回の中山マイルという条件は願ってもない舞台設定と言えるのでは。

休み明け、古馬が相手となるここでいきなり結果を残す事が出来ればこの先はマイル重賞でも期待が持てそうな一頭と言えるので、ここの結果次第では先々まで注目出来る馬だろう。

対抗は穴インターミッション

ここ2走は少し負けすぎの印象も、条件合わずの結果なので参考外。本命馬同様に今回の中山マイルという条件はほぼベストに近い馬なので、近2走から条件が大幅に好転するここは大駆けに期待が持てそう。

欲を言えばゴリゴリにタフな馬場が理想だったが、先週の中山の傾向からしても適性が大きくズレているという感じはしないので、人気がここまで地味なら狙う価値は十分にある。

▲にオールイズウェル

今の時計のかかる馬場や休み明けローテは合うので、後は昇級初戦なだけに能力が足りるかどうか、この一点に尽きる。ただ、波に乗ったルーラシップ産駒は案外止まらない事が多いので、派手な人気にならないようなら買いでいいのでは。

☆にアガラス

大敗した前走は完全にスローに泣いただけなので、今回はペース次第で大幅な変わり身に期待が持てそう。後はイマイチ乗れていない鞍上次第という事になるが、このぐらいの人気で買えるなら走る方に賭けてもいい。

◎ウイングレイテスト
〇穴インターミッション
▲オールイズウェル
☆アガラス
△アドマイヤスコール
△フォルコメン
△ロライマ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年に春秋スプリントGIを制したファインニードルが同年に引退し、再び絶対王者を失ったスプリント路線。

ミスターメロディ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレアと、その後のスプリントGIは勝ち馬が目まぐるしく変わり、今年の高松宮記念に至っては、1着入線のクリノガウディーが降着するなど、今のスプリント界を象徴するような結末となった。

スプリンターズSにも関わるサマースプリントシリーズは、レッドアンシェルが制することになったが、6頭が11~14ポイントという中での優勝で突出していたわけではない。

ここまでの流れからすれば、やはりと言うべきか、一般マスコミは“大混戦ムードの1戦”と報じるのも無理はなかろう。

このスプリント界の状況を見てか、いよいよ本腰を入れて動き出したのがノーザンFだ。

競馬界を席巻するノーザンFではあるが、最後に生産馬がスプリンターズSを制したのは2008年スリープレスナイトまで遡らねばならない。

高松宮記念も、吉田和美氏所有のキンシャサノキセキが2011、2012年と連覇しているが、この馬はオーストラリア生産馬、厳密に生産馬が制したのは2005年のアドマイヤマックスとなる。

この結果を見ても、ノーザンFの生産や育成のコンセプトとして短距離に力を入れていなかったことがハッキリとわかるだろう。

しかし、だ。

今年は高松宮記念にも参戦させたグランアレグリア、先に名前をあげたレッドアンシェル、態勢が整わず回避とはなったものの、インディチャンプまで参戦させる予定だったのだから、明らかにこれまでとは意欲が違う。

この事実は、今年のスプリンターズSを攻略する上で、重要なポイントとなると確信している。

無論、ノーザンFの思惑を掴むだけでは不十分。

モズスーパーフレア、ダノンスマッシュ、ミスターメロディなどなど、非ノーザンFの有力馬も多数参戦し、各陣営の思惑は多種多様、ましてGIともなれば、いつも以上に表向きに出すコメントは建前となる。

ライトな競馬ファンは、そうした建前コメントを見て馬券を買うのだから、なかなか的中しないのも自明の理なのだ。

一方、弊社シンクタンクには重賞の情報に特化した『重賞特捜部』が存在し、騎手、厩舎、馬主、牧場、エージェントなど、あらゆる関係者から話を聞き出せる態勢が整っており、本音や裏事情といった「本物の関係者情報」をいつでも入手することができる。

注目度の高いGIともなれば、当たり障りのない情報が世間に大量に流布されることになるから、その差はますます大きくなり、我々の情報の馬券妙味も増すこともしばしばだ。

今週のスプリンターズSは、本来であれば無料公開は難しいレースであったが、「本物の関係者情報」を知っていただきたいとの思いから、今回、初めてシンクタンクをご利用される方に限り、馬券候補が簡単に絞れる『情報注目馬5選』の特別無料公開が決定した。

この機会に、ぜひともお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク