【シリウスステークス2021予想】本命ダノンスプレンダー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中京メイン、シリウスステークスの予想を。ハヤヤッコ、ダノンスプレンダー、アナザートゥルース、ゴッドセレクション、ケイティブレイブなどが出走する1900mのG3レース。

シリウスステークスのフル予想を含む土曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【秋風ステークス2021予想他】10月2日勝負レース

先週はここ数週くらっている善戦止まりの結果に加え、究極は神戸新聞杯の☆穴モンテディオの3着固定3連単事件。

カンナステークス予想結果

1着▲コラリン
2着△シゲルファンノユメ
3着☆ジャスパークローネ

4着◎インプロバイザー

本命馬が坂で脚が止まるという読みからここは取りこぼしを狙いましたが、結果取りこぼしすぎ。相手を絞っていたのでガツンとハメたかったですが、ここの読みが甘かった。

九十九里特別予想結果

1着○ベスビアナイト
2着☆ロードトゥフェイム
3着△ラヴィンジャー

レースをみた時は3着は完全にメイショウラツワンだろうと思いましたが、スローでみると案外際どく、なんかやだなぁという感じで結果を待ちましたが、久々のハナ差で悶絶。持っている時ならここはハナ差で勝っていたパターンだったので、競馬の神様に見放されたのでしょう。

神戸新聞杯予想結果

1着▲ステラヴェローチェ
2着△レッドジェネシス
3着☆穴モンテディオ

8着◎ワンダフルタウン

結果的にここはあまり色を出していなかった事もあり振り切れず。

ただ、馬券は縦目の〇▲→印→☆穴の3着固定3連単を組んでいたので、ここは8万馬券的中が本来の流れですが、何故か2着馬を極限まで絞ってしまい、この印で、この買い方でも外れ。

そもそももともと本命予定だった☆穴モンテディオを本命にしていれば強烈な払い戻しを得ていた訳ですが、この買い方、印で縦目も引っ掛けられないとは夢にも思わず。

百歩譲って普通に数点増える事を気にせず、印通り、いつも通りの買い方で縦目から購入していれば最低でも数十万の払い戻しがあったので、レース後は流石に自分でも訳がわからなくなりました。

終わってみれば自分の弱気な予想がホームランを遠ざける結果となった週でしたが、目の前に大回収出来るチャンスがあった週でもあったので、ここをモノに出来なかったのは自分の弱さという事でしょう。

ただ、さすがに神戸新聞杯であの外し方をした後なので、反省を通り越して気持ちは吹っ切れましたので、スプリンターズステークス、凱旋門賞と大レースが連発する今週は頭のネジを一つ、二つ外したいつもの自分らしい気の狂った予想でヒットなしの特大ホームランを狙います。

では、今日も本題の予想の前にいつもの注目新馬から。馬券のヒントは木~金の記事で触れています。

先週は土日共に勝ち切れずでしたが、どちらの馬も馬券圏内確保と最低限の仕事はしてくれましたので、今週はそれ以上の結果を目指します。

注目新馬

最強ブログランキングへ

ここは評判馬がいるので楽に勝たせてもらえるという事はなさそうだが、本馬は父、母、祖母と初戦向きの血統で、追い切りの素軽い動きからしてもいきなりから力を出せる出来にはあると思うだけに、例の評判馬がある程度人気を集めるようなら馬券的にはこちらを買ってみたい。

泣きの最終

人気ブログランキングへ

ローテは歓迎とは言えないが、左回り、芝1400m戦、そして負荷のかかる枠と条件揃った今回はアッサリがありそうなタイミング。

過去に相手にしてきた馬のレベルも相当高いので、これまでの実績を考えると少なくとも2勝クラスでウロウロしているような馬ではないだろう。

馬券は当然本馬の一本釣りを狙う。

スプリンターズS馬連1点勝負馬券無料公開!

春のG1も数多くのレースを1点で的中!

今週のスプリンターズSも自信ありの◎!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【馬連1点勝負馬券】

シリウスステークス

ダノンスプレンダー

これまで重賞では4着3回、9着1回とワンパンチ足りない競馬が続いているが、近3走はいずれも重以上の馬場での時計決着が合わなかった印象で、更に落鉄してしまうなど、ちぐはぐな競馬になってしまった事が敗因と言い訳の出来る敗戦が続いているので、久々にまともな馬場で競馬が出来そうな今回は重賞でも出番がありそうなタイミング。

唯一良馬場でレースが行われた去年のシリウスステークスでも4着に敗れているが、スタートで大きく躓いてしまって後方からの競馬になってしまった事が敗因とこちらも言い訳の出来る敗戦となっているので、これまでの成績だけを見て重賞では足りないと思ってしまうのは危険と言えるだろう。

今回の中京ダートの成績を見ると案外左回りがダメという可能性もなくはないが、馬場、ローテ、相手関係と条件揃ったここはスムーズなら好勝負に持ち込めるとみた。

〇穴人気ブログランキングへ

当初はこの馬を本命にする事も考えたが、本馬のゲートセンスを考えるとスタート直後に頭を抱えてしまうパターンも十分あり得る話なので、今回は本命にしたい気持ちを抑えての対抗までとしておく。

ただ、ここ2走は展開が向かない中でも相当強い競馬をしていて、良くも悪くも相手なりの馬という事を考えるとまだまだ重賞でもハマれば一撃がありそうなので、ツボが狭そうな本馬の特徴からすると今回の舞台設定はいかにもという感じ。

◎ダノンスプレンダー
〇穴人気ブログランキングへ

シリウスステークスのフル予想を含む土曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【秋風ステークス2021予想他】10月2日勝負レース

土曜はシンプルに買いたいレースを買う一日。変にレース傾向などを意識してしまうといい結果が出ないので、お手本通りの買い方をします。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 スプリンターズS(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年のGIを語る上で欠かさぬ存在であるノーザンFだが、例外となっていたのがダート路線とスプリント路線。

クラシック路線での活躍に重きを置いた育成方針のため、ダートやスプリントで活躍するような馬は少なく、そもそも参戦自体にも消極的な姿勢だった。その影響もあってか、スプリント路線は有力馬が目まぐるしく変わる戦国状態が続き、かつてのロードカナロアのような絶対王者は不在となっている。

だが、このスプリント路線へ、とうとうノーザンFが本腰を入れ始めた。昨年、グランアレグリアを投入すると瞬く間にスプリターズSを制覇。ノーザンF生産馬のスプリターズS制覇が2008年スリープレスナイト以来という事実が、いかにノーザンFがこの路線に力を入れていなかったことがわかるだろう。

そのグランアレグリアもその後はスプリント路線から再びマイル、中距離路線へ進み、この秋は天皇賞に直行し、スプリンターズS連覇など全く視野に入れず。

だからと言って、ノーザンFがスプリント路線への興味を失ったというわけではない。遂にスプリント路線にも“使い分け”が可能となる駒が揃ったことに他ならない。

その代表格がレシステンシアであり、ピクシーナイト、メイケイエールといった3歳馬も参戦。今年も意欲十分、スプリンターズS攻略において重要なポイントとなることは間違いない。

当然、ノーザンF以外の陣営も黙って指をくわえて見ているわけではない。春のスプリント王ダノンスマッシュに、サマースプリント王者ファストフォースを筆頭に夏の上がり馬たちも参戦予定。

今年は初顔合わせも多く、その力関係をジャッジするための情報力、分析力が大きく問われることになる。

ライトな競馬ファンも馬券を買い、注目度が高くなるGIでは、世間に出る情報も多くなり、量だけなら一般ファンレベルでも十分に入手できるだろうが、その質となれば話は別。関係者が出すコメントはそのほとんどが建前、そんなもの参考に馬券を買うから外れを掴むことになるのだ。

弊社シンクタンクには、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一・サクラスターオーの平井雄二と名馬に関わった元JRA騎手、調教師が情報ルートとして在籍し、本年創業27年を迎える今日に至るまで情報力を強化、騎手、厩舎、馬主、牧場、エージェントなど、あらゆる関係者から話を聞き出せる体制が整っている。業界最高峰の情報力を自負している。

実は、今年のスプリンターズSも重賞の情報に特化した『重賞メイン特捜部』が既に「とっておき」と語る激走馬の存在を掴んでいるとの話。

レースの核心に迫る情報のため公開は難しい類だが、今回は特別も特別。この激走馬も含めたスプリンターズSの『馬券候補5頭』、そして弊社だから入手できる本物の関係者情報も無料公開する。

本物の関係者情報を知れば、もっと競馬を楽しめることは間違いなし。ぜひお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 スプリンターズS(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク