【シルクホースクラブ2019年1次募集】出資申し込み状況

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日シルクホースクラブ2019年度の第一次募集、出資お申し込み受付状況が発表されましたので、人気馬の評価などを軽くあげておきます。

現時点で昨年の第一次募集申込総数の約25%の申込みとの事なので、ほぼツアーの情報待ちといった感じでしょうか。一応今年のツアーの情報に関してはこちらに更新する予定ですので、そちらの記事に関しては少々お待ちください。

なお、詳しいレビューに関しては約2万7千文字でnote内にて公開しています。

去年のレビューに加え、リクエストが多かった事から今年のシルクホースクラブの募集馬のレビューも1頭無料で公開させて頂きましたので、ご興味がある方は是非参考にして頂けたらと思います。

レビュー、サンプルに関してはこちら↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

シルクホースクラブ2019年1次募集出資申し込み状況

※左から総申込み口数、うち抽選時優先馬口数

7.ピラミマの18        297     110
9.リュラの18         376     196
18.スイープトウショウの18 475     249
20.レネットグルーヴの18  296     99
25.ヒストリックレディの18 311     100
47.ベルアリュールⅡの18  287     90
48.ウインフロレゾンの18  269     69
49.パーフェクトマッチの18 291     103
52.モシーンの18      322     138
54.ピクシーホロウの18   266     96
58.リミニの18       326     99
59.ビバリーヒルズの18   296     55
61.アンティフォナの18   305     74
68.アーデルハイトの18   283     110
69.ウルドの18       280     69

まずピラミマ、リュラ、スイープトウショウ、ヒストリックレディ、レネットグルーヴ、アーデルハイトはやはりランクインしてきましたね。

現時点で昨年の第一次募集申込総数の約25%の申込みという事なのでこれからもっと票は伸びる事になりますが、案外ピラミマ、リュラ辺りに票が集中しなかった印象。

総申し込みではスイープトウショウが一番人気という事ですが、これはおそらく価格の問題もあるでしょう。

まだここで名前が挙がってない馬の中で自分が今年のシルクホースクラブの募集馬の中で面白いと思っている馬も数頭いますので、このまま人気の盲点となるようならしめしめといった感じです。

なお、まだ名前は挙がっていませんが、おそらく上位人気になるであろうトゥーピーの18のレビューはこちらで公開していますので、出資を検討されている方は是非参考にして頂けたらと思います。

2 トゥーピーの18

父 ディープインパクト 母父 Intikhab

東 木村哲也厩舎

生産 ノーザンファーム 4月29日生

総額 6,000万円 一口 120,000円

体高 146.0

胸囲 165.5

管囲 19.7

体重 370

兄弟にサトノラーゼン、サトノクロニクル、マイハートビートなど活躍馬多数。父ディープインパクトという事で本馬はサトノラーゼン、サトノクロニクルの全妹となる。

血統的には当然大きな注目を集める事になると思うが、サトノラーゼン、サトノクロニクルがスパッと切れるタイプではないだけに、牝馬に出た本馬はその点が大きな課題になってくるのでは。

字面だけなら面白いと思うかもしれないが、実際は色々と課題を抱えているタイプなのは間違いないと言える。

前脚

肘付き、肘離れに関しては共に良好。

管の長さもバランスは取れているが、前から馬を確認した時に若干胸が広く感じてしまう事と、右脚だけが外へ流れるような歩き方をしている点は減点ポイント。

繋ぎの長さや角度は問題はないものの、膝と球節の大きさは物足りない点や全体的な前脚の柔軟性には少々欠けてしまう印象を受けたので、リスクがあるならここのパーツになるか。

続きはnote内にて公開しています。

レビュー、サンプルに関してはこちら↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

ツアーの情報に関しては本日中に更新する予定ですので少々お待ち下さい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第19回 アイビスSD(G3)

現在5年連続的中!
今年は注目の情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競走馬には様々な癖があり、右回りが得意、左回りが得意といった個性を持っている馬もいるが、中でも強い癖と言えるのは、『千直巧者』と呼ばれる直線競馬を得意とする馬だろう。中央競馬では、直線競馬は新潟芝1,000mのみでしか行われておらず、重賞に限ればアイビスSDしか行われない。『千直巧者』の出番はかなり限られている。

だからこそ、『千直巧者』にとっての最大目標はこのアイビスSDとなる。近走の着順は関係なく変身を見せる馬もいれば、抜群の適性の高さと斤量差を利して格上を凌駕す馬が出てくることもある。この千直にどれだけの適性があるのか、各馬を点でジャッジする必要があるのだ。

しかし、線で考えねばならぬ部分もある。それは、サマースプリントシリーズの1つだと言うことだ。この特殊な舞台に駒を進めてくる馬たちは、果たしてポイント稼ぎの参戦なのか、それても勝負に来ているのか、そういった思惑を見逃すわけにはいかない。

更に、千直は枠順の有利不利が出やすいコースであることは周知の事実。枠順のことを考慮せず結論を出すのは極めて適当と言わざるを得ない。しかし、新聞紙の大半は印刷の関係上、枠順確定前に予想印を打たねばならない。つまり、一般ファンが手にして参考にする新聞の情報は、至極アテにならないものと言うわけだ。

無論、弊社シンクタンクは、レース直前までしっかりと情報収集と分析を行っているから、当然ながら枠順のみならず、天候、馬場傾向、騎手の体調や心理状況といったところまで、しっかりと把握して当日に情報をお伝えしている。これができるのも、競馬界の大物OBや大物関係者が在籍し、しっかりとした情報収集態勢ができているから。事実、アイビスSDでも現在5年連続的中と、確かな実績を残している。

そこで、今週はアイビスSDの情報馬5選を特別無料公開する。アテにならない新聞や世間に流布する一般マスコミの情報ではなく、ぜひとも“本物の関係者情報”を持つシンクタンクの情報を見てから馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第19回 アイビスSD(G3)

現在5年連続的中!
今年は注目の情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク