【根岸ステークス2020予想】本命カフジテイク

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、根岸ステークスの予想を。コパノキッキング、ミッキーワイルド、モズアスコット、ワイドファラオなどが出走するダート1400mのG3レース。

土曜は想像していた展開、馬場とは全く真逆の結果になってしまい大外れ。少し修正が必要なので、日曜の東京の芝は見送る事にします。

まずは東京の予想の前に京都の重賞、シルクロードステークスの予想を軽く。アウィルアウェイ、モズスーパーフレア、レッドアンシェルなどが出走する芝1200mのG3レース。

去年は◎ダノンスマッシュ〇ティーハーフでやらかした忘れもしないレース。今年は何とか帯を…と言いたいところですが、去年程厚い印を打ちたい馬はいないので、冷静に勝負したいと思います。

シルクロードステークス

エイティーンガール

前走の内容がなかなか強烈だったこの馬を本命に。流れが向けば頭で来るタイプだと思うので、単勝、馬単、馬連辺りで勝負したい。

根岸ステークス

本命はカフジテイク

この手のタイプは今回のレースで買うのは間違っているかもしれないが、前回印を打った時にベストは1400mと書いたので、ここはその自分の言葉を素直に印に反映する。

前走のギャラクシーステークスでは最後はそれなりに脚を使って伸びているものの、ハンデと位置取りが響いてしまい馬券には絡む事は出来ず。2走前の武蔵野ステークスも内容は悪いものではなかったが、通ったコースが悪く人気を裏切る形に。

ただ、3,4走前のレース内容が非常に優秀で、18ヶ月ぶりの競馬となったながつきステークスでは先行馬が上位を独占する中でただ1頭後方、大外から脚を使って5着に入線。室町ステークスでもレコード決着になるような馬場の中をここでも後方大外ぶん回しで4着まで追い上げており、更に59キロ、57.5キロとどちらのレースでも背負っていたハンデはかなり厳しいものだったので、展開、ハンデ、ローテと三重苦揃っての結果として考えれば、まず力が衰えたということはないはず。

今回の東京1400m戦という条件はほぼベストに近く、更に差しが決まりやすいレースに加えてのハンデ56キロとなれば激走する最低限の条件は揃ったといえるので、そこそこの人気薄で買えるなら難しい事は考えずに黙って本命を打っておく。

対抗は人気ブログランキングへ

本命馬が来る展開になればこの馬がセットで馬券に絡む可能性はかなり高そうで、相性の良い今回の舞台であれば重賞に手が届く大チャンスと言えるのでは。

直線で早めに抜け出して押し切りを図った前走の内容も着差以上に強く、今回はライバルになるであろうコパノキッキングがハンデ58キロを背負う事になるので、2キロのハンデ差があるならまず恥ずかしい競馬にはならないだろう。

ダノンフェイス

スマートアヴァロンとどちらを上に取るか迷ったが、コース適性の差でこちらを上に取った。2走前の武蔵野ステークスも通ったコースを考えると2着馬よりも強い競馬をしていたので、今回のコースであれば3走続けての好走があっても。

スマートアヴァロン

ほぼダノンフェイスと同等の評価ではあるが、前走の着順はひっくり返りそうでひっくり返らない、ある意味決定的な着差だったので、前走のように相手が先に脚を使う展開になればここでも着順がひっくり返る事はないか。

◎カフジテイク
人気ブログランキングへ
▲ダノンフェイス
☆スマートアヴァロン
△コパノキッキング
△ノボバカラ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第34回 根岸S(G3)>

フェブラリーS前哨戦は大波乱?
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人馬の成績では、1人気[3.3.0.4]、2人気[2.1.1.6]、3人気[0.3.0.7]。平均配当では、馬連3610円、3連複1万6640円、3連単9万7390円。伏兵馬では16年グレープブランデー(10人気3着)、15年アドマイヤロイヤル(15人気3着)、13年セイクリムズン(10人気3着)、11年ダイショウジェット(10人気3着)、10年グロリアスノア(11人気1着)と5頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

過去10年、年齢別の成績では、4歳馬[3.2.0.10]、5歳馬[3.4.2.22]、6歳馬[3.2.2.38]、7歳馬[1.1.1.25]、8歳馬[0.1.4.15]、9歳上[0.0.0.16]と4~6歳馬が3勝を挙げている。

東京ダ1400Mの騎手成績ベスト5(40回以上騎乗)は、1位R.ムーア【9.9.5.17】連対率45.0・複勝率57.5、2位C.ルメール【37.24.27.61】連対率45.9・複勝率59.1、3位M.デムーロ【11.13.11.44】連対率30.4・複勝率44.3、4位福永祐一【19.29.21.114】連対率26.2・複勝率37.7、5位横山典弘【50.51.28.257】連対率26.2・複勝率33.4。

直近4年で3度的中の根岸Sは競馬セブンのドル箱重賞!今年も人気薄激走馬の勝負駆け情報を独占入手済!さらに人気確実はアノ馬の消し情報を極秘入手!フェブラリーSが目標で「ココは叩き台で使うだけ」「GIでは足りないので今回が目一杯の勝負師上げ」と陣営の裏事情も入手済!週末情報は馬券購入前に必ずご確認ください。
v
騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『根岸S・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク