【スパーキングレディーカップ2019予想】本命ゴールドクイーン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は4日の川崎メイン、スパーキングレディーカップの予想を。ゴールドクイーン、サルサディオーネ、マドラスチェック、ファッショニスタなどが出走するダート1600mのJpn3レース。

先週行われた帝王賞は数十万を逃してしまったあの地方のレースに続いての悶絶でした。直線半ばでは◎オメガパフューム〇チュウワウィザードで9割当たったと思い、後は3着に☆ミツバが残してくれる事を祈りましたが、その一列前に買っていない馬がいました。

予想にも書いたように本線で決まった時にがっつりと回収出来るような買い方をしていたので、この3連単55倍はなんとしても欲しかったですが、夢は2秒ほどで砕かれました。地方での数十万勝ちは今週に持ち越しという事でしょうか。

スパーキングレディーカップ

本命はゴールドクイーン

前走のかきつばた記念、2走前のギャラクシーステークスと2走続けて上手く扱えている相性の良い馬なので、今回も何とか予想通りの結果を願いたい。ただ、あまり人気で買いたい馬ではないが、今回は馬場、コース、展開、枠順、ローテと買える材料が揃ってしまったので、ベタでも嫌う事はせずに素直に本命を打つ。

その前走のかきつばた記念では北海道スプリントカップを勝利したヤマニンアンプリメとさきたま杯を勝利したウインムートを相手に楽勝しており、展開が向いたとは言っても強い競馬だったと言える。

更に2走前のギャラクシーステークスでも馬場の恩恵を受けた事は事実ではあるが、こちらも実力馬であるユラノトに勝利しており、好走するには色々と注文がつくタイプではあるものの、買い材料が揃った時は人気がなくてもほぼ確実に走ってくる非常にわかりやすい馬。

ここはサルサディオーネとの兼ね合いがポイントになるが、外枠を引いた事で内の出方を見ながら競馬が出来る分だけこちらが有利になる可能性が高いので、あまり難しい事は考えずにこの馬の能力を信頼する事にした。

対抗はサルサディオーネ

近走の内容を見るとここでは狙いにくく思えるが、相手関係や距離が響いての結果なので、今回の相手、コースであれば大きな変わり身があってもよさそう。この枠ならもうやる事は一つなので、後は自分の競馬に徹底してどこまでといった感じか。ここは鞍上が新たな一面を引き出してくる可能性も十分考えられるので、その点にも期待しての対抗とする。

ファッショニスタ

能力が高い馬なのは間違いないが、取りこぼしが目立つタイプでもあるので、人気のここは少し評価を落として印を打つ。なんとなく左回りというイメージも沸いてこないので、出来ればここも取りこぼして欲しいというのが本音ではあるが、相手に恵まれた今回はさすがに大崩れする姿は想像出来ない。

マドラスチェック

前走時にも書いたようにレベルがあまり高いとは言えないレースを勝ち上がってきた馬なので、そろそろメッキが剥がれてくる頃では。ハンデ52キロは魅力ではあるが、最内枠、鞍上とこちらのハンデがなかなか重そうなので、今回は前走ほど楽な戦いにはならないだろう。

◎ゴールドクイーン
〇サルサディオーネ
▲ファッショニスタ
☆マドラスチェック
△ラーゴブルー
△ミッシングリンク
△デガロデルソル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 七夕賞(G3)>

荒れるハンデ重賞!
今年も波乱の立役者が

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

夏の福島の名物ハンデ重賞である七夕賞。ローカル開催場のハンデ戦で「荒れる重賞」と言われている。昨年は11人気メドウラーク(1着)・マイネルサージュ(4人気・2着)・12人気パワーポケット(3着)の決着で3連単258万馬券の大波乱。過去10年の平均配当でも、馬連8170円、3連複8万16870円、3連単50万3740円。3連単では100万馬券を超える超特大馬券が2度、10万馬券以上も4度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。

しかし、『荒れるハンデ重賞』だが、意外と軽ハンデ馬が穴を開けるケースは少ない。過去10年で5勝を挙げているのは57キロ。48~51キロの軽ハンデ馬には馬券圏の好走もない。軽バンデ馬では52キロが2勝しているが、直近7年での連対馬の斤量は54~58キロとなっており軽ハンデ馬は苦戦している。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.1.2.4]、2人気[1.1.1.7]、3人気[1.0.0.9]。1人気馬は3勝しているが、信頼度は高くない。また、二桁人気の伏兵馬が好走したのは、18年メドウラーク(11人気1着)・パワーポケット(12人気3着)、16年オリオンザジャパン(11人気3着)、15年マデイラ(16人気3着)、14年ニューダイナスティ(10人気2着)、13年タガノエルシコ(14人気3着)、12年アスカクリチャン(14人気1着)、10年ドモナラズ(11人気1着)と過去10年で8頭の二桁人気馬が馬券圏に好走。信頼度の低い人気馬よりも狙いは人気薄の伏兵馬か。

今年も波乱の立役者と成り得る激走穴馬の大駆け情報を極秘入手!この激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし!週末情報は必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『七夕賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク