【スパーキングサマーカップ2019予想】本命ロイヤルパンプ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は22日の川崎メイン、スパーキングサマーカップの予想を。トキノエクセレント、トキノパイレーツ、ハセノパイロ、サクラエール、センチュリオン、ハッピースプリントなどが出走するダート1600mのS3レース。

お盆の地方競馬はクラスターカップ◎ヤマニンアンプリメ、黒潮盃◎グリードパルフェ、サマーチャンピオン◎グランドボヌールと本命馬の好走が続くも馬券は大爆発はなし。

最後のブリーダーズゴールドカップをがっつりと外してしまった事で最終的には1週間を通して普通のプラスとなってしまいましたが、中央競馬同様に地方競馬も一か月程しっかりと負けた記憶がないので、流れが向いているうちに少しでも的中を重ねていきたいと思います。

スパーキングサマーカップ

本命はロイヤルパンプ

強豪馬が揃っていた前走のサンタアニタトロフィーは差し馬が台頭する展開の中で逃げて4着。最後はさすがに脚があがりそうになっていたが、それでも大きく垂れる事なく掲示板を確保した辺りがこの馬の能力の高さだろう。

逃げ馬ではあるがスタートが特別速いタイプではないので、砂を被るリスクがある内枠は決してプラスとはいえず、実際に前走もハナを切るまでに時間がかかっていたので、少しでも外枠を引いて徐々にエンジンをかけていく展開が理想的。

よって今回外寄りの枠を引き当てた事は間違いなくプラスになると思うので、相手関係や本馬の能力を考えるとここは前走以上の結果に期待が持てるのでは。

対抗は人気ブログランキングへ

本馬の立ち回りの上手さを考えると今回も安定して走ってきそうで、前走も実力馬を相手にほぼ勝ちに等しい内容に持ち込むなど、能力もここでは上位と言える存在。

2走前も最後は勝ち馬には突き放されてしまったが、直線では一旦先頭に立つなど見せ場はしっかりとつくっているので、展開面などを含めて考えると着差などに関してはあまり気にする必要はないだろう。

今回は前走から条件が一気に変わる事になるが、これまでの競馬をみると案外こちらの方が合う印象を受けるので、突き抜けてくるならここになるのでは。

▲にラーゴブルー

7着に敗れた前走のスパーキングレディーカップは出負けと馬場が響いての結果なので参考外と言えるレース。今回は牡馬が相手と楽な戦いにはならないと思うが、まともに競馬が出来れば前走のように大きく崩れる姿は想像出来ないので、ハンデ差を活かせば上位争いに加わってくるとみる。

☆にトロヴァオ

2走前キャプテンキングに半馬身差まで迫った内容とコース適性の高さを評価してこの馬を4番手としておく。前走の敗因がイマイチわからないが、力を出し切れば今回の相手でも力は十分に通用すると思うので、少しでも人気が落ちるようなら積極的に買っておきたい一頭と言える。

◎ロイヤルパンプ
人気ブログランキングへ
▲ラーゴブルー
☆トロヴァオ
△トキノエクセレント
△トキノパイレーツ
△ハセノパイロ
△ハッピースプリント
△ザイディックメア

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の短距離重賞は牝馬の活躍が目立つが、このレースも過去10年で7勝、現在6年連続連対と“牝馬優勢”となっている。純粋に斤量面で有利であり、3歳牝馬と古馬の牡馬では6キロ差付くこともあるのだから、牝馬が活躍しやすい理由はハッキリとしている。

しかし、必ずしも牝馬だけを狙えばいいという話ではない。牝馬同士のワン・ツー決着は3度しかないのだから、牡馬やセン馬のジャッジもしっかりとできなくては、馬券的中には近づけない。

事実、1番人気の勝利は僅かに2度しかなく、“牝馬優勢”の傾向がわかっていながら全ての年で万馬券決着となっており、一昨日は12番人気エポワスから11万4130円的中を狙い撃ったように、10万馬券以上の決着が3度もある。世間的には“難解”なレースと言えよう。

なぜ“難解”になるのか。それは、北海道は調教施設が札幌競馬場、函館競馬場に分かれていることに加え、今は外厩仕上げが主流となっており、入厩10日でレースに出走することも少なくないから。牧場施設は一般マスコミの取材範囲外であるから、競馬場にいる期間が少なければ取材する時間もほとんどないため、その馬の状態、陣営の思惑などをシッカリ把握することなどできない。

そもそも、夏競馬期間中の一般マスコミは人手不足に喘いでいるから、重賞だろうと調教の時計やコメントの合わせ、要するに使い回しを行うのが普通。こういった情報をアテにしていては、的中に近づくのは至難の業と言えよう。

無論、競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、業界最高峰の情報網を持つと自負するシンクタンクは、人手不足や取材不足は無縁の話。各方面から関係者情報を入手することができるから、夏競馬期間中はより情報力が生きることになる。

我々の情報力、そして本物の関係者情報の存在を多くの競馬ファンに知って頂くため、今週はキーンランドカップの【情報注目馬5選】を特別無料公開する。シンクタンクの情報を未体験の方は、同日に行われる北九州記念と合わせて活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第14回 キーンランド(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク