【スパーキングサマーカップ2020予想】本命リッカルド(訂正版)

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は2日の川崎メイン、スパーキングサマーカップの予想を。トロヴァオ、ブラックジョー、ヒカリオーソ、トキノパイレーツ、グレンツェントなどが出走するダート1600mのS3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

本来であれば先週行われる予定だったレースですが、開催が中止になってしまいこの日に流れてきました。ほぼ先日あげた予想と見解は変わりありませんが、多少印を変更していますので、馬券は本日更新した印で購入したいと思います。

なお、昨日行われた芙蓉賞は◎ウタマロ▲カスタムオーダー○ヴァケーションのど本線決着。

単勝、馬単、三連単と全て重ね買いまで刺さったので、安くともガッツリと回収する事に成功しました。

この調子で今日も決めます。

3点勝負買い目を無料公開

スパーキングサマーカップ

本命はリッカルド

ここ2走は結果を出す事が出来ていないが、5着に敗れた前走のマイルグランプリは展開不向きの中で見せ場をつくる内容のある競馬。これまでの成績を見ると距離を延長したタイミングで印を打ちたくなるが、マイルで行われた総の国オープンでベンテンコゾウをぶっちぎっているので、決してマイルへの適性が低いという馬ではないだろう。

更に今回と同じ舞台で行われた3走前の川崎マイラーズでは直線早めに抜け出す競馬に持ち込んでグレンツェントの2着に粘っており、勝ち馬の能力の高さは勿論、3着馬であるキャプテンキングの能力を考えても相当価値のある着順と言えるので、相手のレベルが一気に下がる今回は久々の馬券圏内確保に期待が持てるのでは。

揉まれない外枠を引き当てる事が出来たので、内の逃げ馬を見ながらレース運びをすれば自然と結果はついてくる。

今回は内枠を引き当ててしまったので、ゲートはひとつの課題となりそう。

対抗はトロヴァオ

本質は1400m向きの馬なのかもしれないが、前走のマイルグランプリが見どころのある競馬だったので、これまで相手にしてきた馬のレベルを考えると本馬も今回は相手に恵まれたと思っていいのでは。得意の川崎替わりも当然プラスになる。

▲にグレンツェント

マイルグランプリ、京成盃グランドマイラーズは勝ち切る事が出来なかったが、展開を考えるとそれなりに強い競馬をしての2,3着なので、この2戦の結果に関しては決して力負けという訳ではないだろう。3走前の川崎マイラーズでリッカルドを楽々交わした内容からするとまだまだタイトルを重ねる事の出来る馬だと思うので、相手に恵まれた今回はチャンスと言えるのでは。

☆穴に人気ブログランキングへ

近走の成績を見ると終わった馬と思うかもしれないが、もともと血統通りムラがあるタイプなので、ハマればどこかのタイミングで一撃があっても驚けない。こちらもトロヴァオ同様に川崎を得意としている馬なので、条件が揃っている今回は激走する態勢は整ったと思っていいのでは。

◎リッカルド
〇トロヴァオ
▲グレンツェント
☆穴人気ブログランキングへ
△トキノパイレーツ
△ハルディネロ
△ブラックジョー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマー2000シリーズの最終戦ではあるが、一昨年は3歳馬ブラストワンピースが菊花賞のステップとして参戦し圧勝するなど、レースの位置付けもやや変わりつつある。その大きな理由となっているのが、ノーザンファーム生産馬による使い分けだろう。

今やトレセンよりも優れた設備を有する外厩が増え、調教、育成技術も格段と上がり、既存のトライアルを使う必要性が薄れつつあることは、過去のGI戦線でフィエールマンやグランアレグリア、サートゥルナーリアらが証明した。新潟記念はハンデ戦ではあるものの、秋のGI戦線を見据えるステップレースとすれば時期的には丁度良いと言える。

事実、去年もノーザンファーム生産馬のワン・ツー決着であり、有力馬の大半もノーザンファーム生産馬。今年もジナンボー、ブラヴァスといった重賞常連など、有力視される馬たちがエントリーしている。ノーザンファームの思惑だけ知っていれば馬券を獲れるわけではないが、今年も馬券を考える上で決して見逃してはならぬ大きなポイントとなるだろう。

しかし、取材範囲がほぼトレセンに限定される一般マスコミのレベルでは、生産者サイド、馬主サイドの思惑を入手することは困難。すなわち、大勢の一般ファンも知ることができない情報と言える。そういったことに早くから着目していた弊社シンクタンクは、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二など、競馬界の大物OBの人脈などを駆使し、騎手情報、厩舎情報、馬主情報や生産者情報、外厩情報と、あらゆる情報を入手できるよう、日々情報ルートを強化。“ココだけ”の関係者情報を入手している。

一般マスコミが世間にお伝えする情報と、我々シンクタンクがお伝えする情報がどう違うのか。それを知って頂くべく、今週は新潟記念の【情報注目馬5選】を無料公開する。小倉2歳S、札幌2歳Sと合わせて、自身の目で情報力の差を確認していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 新潟記念(G3)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク