【スプリングステークス2021予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、スプリングステークスに出走を予定しているヴィクティファルス、ヴェイルネビュラ、ボーデン、ランドオブリバティの最終追い切りに関する記事を。

なお、こちらのスプリングステークスの予想や阪神メイン、阪神大賞典の予想など土曜、日曜の勝負レースの予想に関してはいつものようにnoteで公開しています。

【スプリングステークス2021予想他】3月20,21日勝負レース

予想オッズ

1 ランドオブリバティ 2.2
2 ボーデン 3.0
3 ヴィクティファルス 4.6
4 ヴェイルネビュラ 12.2
5 レインフロムヘヴン 16.2

2021年追い切り注目馬

ククナ 1人気4着
ベッラノーヴァ 6人気3着
グラティアス 1人気1着
アナザートゥルース 7人気2着
サトノフラッグ 2人気11着
モズスーパーフレア 1人気17着
レッドルゼル 1人気1着
トリプルエース 2人気7着
ヨーホーレイク 2人気2着
ククナ 1人気3着
モズベッロ 5人気8着
エフフォーリア 4人気1着
マリアズハート 11人気12着
レッドルゼル 3人気4着
レシステンシア 1人気1着
トーセンスーリヤ 4人気5着
テンハッピーローズ 6人気10着
カレンモエ 1人気2着
ダノンザキッド 1人気3着
サトノダムゼル 2人気8着
エイシンヒテン 4人気11着
デアリングタクト 1人気2着

先週の追い切り注目馬はデアリングタクトが最低限の結果。肝心の馬券は中山牝馬ステークスの万馬券的中で一応結果は残せたので、今週は馬券、追い切り注目馬どちらでも結果が出せるように頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

先週も推奨馬で高配当連発!

今週の重賞も全て無料で公開します!

【スプリングステークス注目穴馬】

中山記念注目馬5選

ケイデンスコール5人気→2着
バビット
ヒシイグアス1人気→1着
クラージュゲリエ
ウインイクシード7人気→3着

フェブラリーS注目馬5選

カフェファラオ1人気→1着
アルクトス
ワンダーリーデル8人気→3着
ソリストサンダー
レッドルゼル

フィリーズレビュー馬注目馬5選

シゲルピンクルビー8人気→1着
エルカスティージョ
オパールムーン
ララクリスティーヌ
ヨカヨカ3人気→2着

中山牝馬S注目馬5選

ロザムール5人気→2着
ドナアトランテ
リアアメリア
サトノダムゼル
ランブリングアレー7人気→1着

【スプリングステークス注目穴馬】

スプリングステークス最終追い切り

ヴィクティファルス

反応を確かめる程度の軽い追い切りだったが、フォームに全く癖がなく馬体も適度に引き締まっている。

終始手応えにも余裕があり、追えばいつでも弾けそうな勢いを感じられた点には好感が持てたので、先週の追い切りと総合して考えると良い追い切りを消化出来たのではないだろうか。

ヴェイルネビュラ

後ろから調教パートナー2頭を追いかける形となったが、エンジンがかかるのが遅い事もあってか、半馬身ほど遅れる形に。ただ、最後まで手応えに余裕を感じた点や、可動域が広く、走りに力強さを感じた点などを考えると、まずまずの動きと言えるのでは。

出来れば弾けて欲しかったというのが本音も、筋肉量、馬体の張りなどを含めて考えると仕上がったと思っていい。

ボーデン

3頭併せの最内でしっかりと負荷をかけてくる追い切り。終始馬なりでの調整だったが、直線力強く伸びて外の馬を1馬身突き放した。

少し頸差しが硬くフォームにも違和感を感じるが、馬なりでこれだけ負荷をかけられてしっかりと動く事が出来れば十分か。馬体は少し緩いが、このひと追いでまず引き締まってくるだろう。

ランドオブリバティ

今回も負荷をかけるというよりも折り合いを重視した追い切りとなった。相手がちょっと動かなかった事もあるが、馬なりで楽に併入出来た点は評価しておきたい。

ただ、それ以上にこの馬に関しては最後までしっかりと折り合っていた点を評価しておきたいので、前走同様この動き、追い切りの内容であれば力は出し切れるだろう。動きや馬体も前走から大きく変わった感じはしないが、高いレベルで出来は安定している。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

スプリングステークスの予想や阪神メイン、阪神大賞典の予想など土曜、日曜の勝負レースの予想に関してはいつものようにnoteで公開しています。

【スプリングステークス2021予想他】3月20,21日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第70回 スプリングS(G2)>

隠れ穴馬が馬券に絡めば
馬連でも万馬券?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬ではミホノブルボン(G1・3勝)、ナリタブライアン(G1・5勝)、バブルガムフェロー(G1・2勝)、タニノギムレット(G1・1勝)、ネオユニヴァース(G1・2勝)、メイショウサムソン(G1・4勝)、アンライバルド(G1・1勝)、オルフェーヴル(G1・6勝)、ロゴタイプ(G1・2勝)、キタサンブラック(G1・7勝)、ステルヴィオ(G1・1勝)などクラシック3冠馬や古馬で活躍した名馬が揃っている。

過去10年の上位人気馬の成績では、1人気[3.5.1.1]、2人気[0.1.2.7]、3人気[2.2.0.6]と1人気 が馬券圏内から外れたのは1度のみ。平均配当では、馬連2370円、3連複7280円、3連単4万5770円。二桁人気の伏兵馬では19年エメラルファイト(10人気1着)、13年マイネルホウオウ(11人気3着)、12年ロジメジャー(10人気3着)など3頭が馬券圏内に好走し波乱を演出している。1人気は連対率8割あるが、ヒモ荒れ傾向のレースでもある。

ステップレース別では1勝クラス[6.3.4.33]、朝日杯FS[2.2.1.8]、共同通信杯[0.3.0.18]、きさらぎ賞[1.1.1.2]、ホープフルS[0.1.0.0]、オープン[0.0.3.7]と1勝クラス組みが5勝(9連対)と強さを見せている。また、京成杯[0.0.0.12]、未勝利[0.0.0.8]、弥生賞[0.0.0.3]、新馬[0.0.0.3]、は馬券圏内の好走がなくステップレースとしては厳しい。

今年はきさらぎ賞3着ランドオブリバティ、共同通信杯2着ヴィクティファルスやヴェイルネビュラ(3戦2勝)、2連勝中のロードトゥフェイム、イルーシヴパンサー、ボーデンなどがスアンバイ!名馬を送り出している皐月賞のトライアルレースだがクラシック路線で活躍する馬はいるのか!?

競馬セブンでは無印濃厚の人気薄激走穴馬の大駆け情報を緊急入手!週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリングS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第70回 スプリングS(G2)>

隠れ穴馬が馬券に絡めば
馬連でも万馬券?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク