【スプリンターズステークス2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の中山メイン、スプリンターズステークスに出走を予定しているアレスバローズ、セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス、ティーハーフ、ナックビーナス、ヒルノデイバローの最終追い切りに関する記事を。

今回はG1なので全頭書く予定です。まずは前編から。

シリウスステークスなどの記事に関してはこちら

3点勝負買い目を無料公開

スプリンターズステークス最終追い切り

アレスバローズ

行きたがる仕草をみせる影響で頭が高く、フォームも安定しない。脚とのリズムもあまり良いとは感じなかったが、追われると真っ直ぐ安定した走りを見せ、頸もしっかりと使った動きを披露した。脚捌きは軽いが、力強さを感じられない薄い走りだったので、全体的にみるとちょっと物足りなさを感じてしまう。ただ、トモの張りやひばらのラインをみると馬はしっかりと出来ているので、強く推すポイントは見当たらないものの、極端に割り引くポイントも見当たらなかった。可もなく不可もなくといった感じではあるが、一応調子は維持出来ているとみる。

セイウンコウセイ

脚はよく上がっているが、頸とのリズムがイマイチ合わず。頭の高さも安定せず前半はフォームが乱れてしまうも、追われると真っ直ぐ走り、前へ前へという姿勢を感じる走りをみせる。可動域は十分で馬体をみても緩さを感じられないので、久々でも十分馬は出来ているだろう。ただ、馬体以上の動きは感じられないので、G1という事を考えると少し物足りないかもしれない。

ダイメイプリンセス

頭の位置は安定しないが、脚捌きは軽く、非常にリズミカルな動き。脚もよく前へ出せており、フォームが安定しない割には動きが豪快。軽く追われただけで抜群の反応をみせ、調教パートナーを一瞬にして置き去りにした。可動域も広く、手応えもかなり楽だった事を考えると調子は良いと言えるだろう。スピードに乗った時に止まらない点は前走時と同じなので、少なくとも出来落ちという事は考えられない。

ティーハーフ

前半からフォームは安定しないが、追われると悪い癖を出してしまいかなりヨレる場面もみられた。脚もバラバラになってしまい、追われても全く進まずフィニッシュ。当然この追い切りから買える材料は一切ない。

ナックビーナス

入りから脚の回転が速く、スピード感溢れる走り。可動域も広く、地面を蹴る力も十分。手応えは楽ではあるがそれ以上に馬が動いており、フォームが乱れる事も一切なかったので、一週前追い切りから馬が激変した。馬体に硬さもなく、飛節も良く伸びているので、前走からの出来落ちは感じられない。まず好調と言えるのでは。

ヒルノデイバロー

一週前追い切りがかなりちぐはぐな内容だったが、最終追い切りは上手く調整が出来た印象。フォームは美しいとは言えないものの自分のリズムで楽に走れており、追われた時の反応もまずまず。ただ、脚が思った程上がらず、最後も少しいっぱいいっぱいになってしまった点は割り引きたい。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

一週前追い切りはイマイチだったが、最終追い切りでしっかりと馬をつくってきた。ここは勝機到来とみる。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第52回 スプリンターズS(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

前哨戦のセントウルSを快勝した春のスプリント王・ファインニードルに、前人未到のスプリンターズS・3連覇を狙うレッドファルクス、前走で復活を果たしたセイウンコウセイなどのGI馬を筆頭に、今年のサマースプリントシリーズで活躍した面々が参戦。香港からはGI馬・ラッキーバブルズが来日し、今年も札幌で勝ち星を量産したJ.モレイラ騎手も再び短期免許を取得しナックビーナスに騎乗と、多士済々なメンバーが顔を揃え、秋のGIシリーズ開幕戦は、一層注目が集まる楽しみな1戦となった。

『春の実績馬VS夏の上がり馬』の構図に加えて、香港馬が参戦と、一介の競馬記者や一般ファンにとっては、メンバー間の能力比較に悩まされることになることも事実。特に香港馬・ラッキーバブルズは、世間的には”得体が知れない存在”という扱いを受けるだろうが、当社シンクタンクは春のGI・宝塚記念で、10番人気だった香港馬ワーザーから【馬連9200円的中】をお伝えしているように、海外競馬事情にも通じる情報ルートが在籍しており、外国馬であっても的確な評価を下すことができる。世間が“難解”や“混戦”と思うレースほど、我々の情報力が存分に生きることになり、高配当的中も狙いやすくなるのだ。

そして、中山芝1200mは、コース形態や、当日の馬場状態、レース展開、枠の内外の有利不利が、着順に大きく影響する条件でもある。現在9年連続万馬券決着となっているのは、過去に内枠を引いて何もできずに終わってしまった人気馬がいることも一因。『GIしか買わない』というライトな競馬ファンが、枠順や当日の馬場状態を考えずに打たれた新聞の予想印を頼りに”危険な馬券”を買ってくれることも、高配当を演出する大きな材料となっている。

無論、当社シンクタンクは、直前まで関係者から生の情報を入手した上で、多角的にレースを分析。それらが融合されて最終結論を導き出しているからこそ、マスコミとは“精度”の違う情報をお届けすることが出来ている。そこで、今週は万馬券を狙えるスプリンターズSの【3連単馬券】の情報を、シンクタンクの情報力を体感されたことがない方だけに特別無料公開させて頂く。この絶好機を是非とも見逃さないで欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第52回 スプリンターズS(G1)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク