【スプリンターズステークス2019予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、スプリンターズステークスの予想を。ダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレア、ディアンドル、ファンタジスト、ミスターメロディなどが出走する芝1200mのG1レース。

土曜は秋風ステークスがモアナルガールカルム◎エクレアスパークのど本線で三連単を的中。

まではよかったですが、4着の10人気単勝121倍の☆穴チャンピオンルパンが馬券なら半帯だったので、さすがに奴が来た時には内枠で揉まれておけよこの野郎と心の底から思ってしまいました。ただ、2秒後にはいつもの清い心に戻ったので日曜も冷静に狙っていきます。

いよいよというか早くも秋のG1が始まりました。

個人的には毎年調子の良い夏競馬をもっと長くやりたい気持ちが強いですが、夏の成功と失敗を秋に活かしてどこかでドデカい一撃を狙っていくつもりなので、G1もボチボチ頑張りたいと思います。

スプリンターズステークス

本命は人気ブログランキングへ

今年に入ってから馬が完全に化けており、近走のレース内容や充実度をみても遅咲きの血統が本格化したと思っていいだろう。

前走も最後の直線の脚色は際立っており、上位に入線した馬のレベルは勿論、これらの馬との着差や通ったコースを考えると非常に強い競馬をしているので、G1のここでも同じ脚を使う事が出来れば力は十分足りるのでは。

2走前も最後は流す程の余裕があり、他馬とのハンデ差や道中の位置取りを含めると見た目以上に内容のある競馬をしているので、今回は人気を考えると非常に面白い存在と言える。

人気が人気なので本命を2択で迷いはしたが、土曜のレース傾向と当日の馬場を考えて最終的にはこちらに落ち着いた。

対抗はダノンスマッシュ

外差しが決まる展開になったとはいえ、あの位置から逃げ馬をあっさりと捕まえて差し切った前走の内容が非常に強く、2着のタワーオブロンドンがセントウルステークスを圧勝した事からしてもここでは本馬の能力が一枚上のような気がする。

3月の高松宮記念は案外な結果に終わったが、G1実績豊富な鞍上への乗り替わりは想像以上に大きいと思うので、今回の鞍上であればさすがにあの時のような結果にはならないのでは。

もともとマイルを使われていた頃から1200mなら相当やれる馬と思っていたので、こちらが考えている通りの能力の持ち主であればG1のタイトルにも手が届くだけの存在と言える。

▲にミスターメロディ

セントウルステークスは人気を大きく裏切る形となったが、枠順に加えてハンデ58キロが響いての着順なので、あれが本来のこの馬の姿ではない事は確か。高松宮記念でダノンスマッシュに先着した事は疑いようのない事実なので、あらゆる条件が好転する叩き2走目となる今回は巻き返しに期待が持てるだろう。

☆にタワーオブロンドン

ローテは非常に気になるが、前走のセントウルステークスが文句なしの内容で、追い切りの動きを見る限り走れる態勢は整っている今回も力通りであれば上位争いに食い込んでくるか。グランアレグリアの回避で引き続き乗り馴れた鞍上が手綱を取れる点もプラスになる。

人気ブログランキングへ
〇ダノンスマッシュ
▲ミスターメロディ
☆タワーオブロンドン
△イベリス
△モズスーパーフレア
△ディアンドル
△セイウンコウセイ
△ダイメイプリンセス
△ファンタジスト

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年のスプリント王ファインニードルが引退、春の高松宮記念ではミスターメロディが新たなスプリント王に名乗りを上げる結果となったが、前哨戦とは言えセントウルSで8着と不安を残すスタートを切り、再びスプリント路線は混沌の色を増してきた。

そもそも、高松宮記念は内々を上手く通ってきた馬たちによる決着であったため、「あれが実力通りではない」と見る関係者は多かった。人気を背負っていたダノンスマッシュは、薬物騒動で色々ありながらもキーンランドCを快勝してリスタートを決め、スプリント路線に矛先を替えたタワーオブロンドンがサマースプリントのチャンピオンに輝くなど、この路線は夏場にも動きがあり、この1戦は見応え十分、馬券的にもかなり面白くなるだろう。

注目の1つだった桜花賞馬グランアレグリアの参戦だが、1週前の追い切り左前脚の歩様が悪くなり追い切りができず回避が決定。それ以前に参戦予定だったステルヴィオも回避となり、ノーザンファーム関連のGI馬が一挙に不在となってしまった。鞍上もルメールはタワーオブロンドンに騎乗することとなり、当初乗る予定だった浜中はイベリス騎乗へとスライドになるなど、直前で目まぐるしく状況が変化する事態になっている。この状況に対応するのには、確かな情報力がますます必要となってくる。

弊社シンクタンクには、重賞の情報に特化した『重賞特捜部』が存在し、直前まで本物の関係者情報を入手し、様々なデータ分析を行っているから、枠順確定前に予想印が打たれるような新聞紙とは圧倒的に精度の違う情報をお伝えすることができる。そして、今回のスプリンターズSに関しては、早い段階で馬券のカギとなる重要な情報も入手済みだ。

そこで、今週はシンクタンクの情報を体感されたことがない方に限り、スプリンターズSの関係者情報と【情報注目馬5選】を特別に無料公開。ぜひとも、確かな情報を知ってから馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第53回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク