【スプリンターズステークス2020予想】本命ライトオンキュー

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、スプリンターズステークスの予想を。ダノンスマッシュ、グランアレグリア、ダイアトニック、モズスーパーフレア、ビアンフェ、レッドアンシェル、ミスターメロディなどが出走する芝1200mのG1レース。

なお、本日の夜に海外で行われる凱旋門賞の予想に関してはnote内で公開しております(日本のスプリンターズステークスの予想はブログでも更新していますが、note内では買い目付きで更新しております)。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

土曜は本命を迷った穴評価の相手に走られてしまい泣くに泣けない結果に。日曜は悔いの残らない印の打ち方で攻めます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

スプリンターズS(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
9/21 中京8R  5万2670円的中
9/20 中山8R  6万9540円的中
9/19 中京11R  17万8980円的中
9/12 中山10R  1万8400円的中
9/6  札幌11R  1万3890円的中
9/5  小倉11R  15万5240円的中
8/30 札幌6R  2万1860円的中
8/23 札幌7R  1万8620円的中
8/22 小倉11R  10万7700円的中

ココをクリック!

スプリンターズステークス

本命はライトオンキュー

直線で早めに抜け出してそのまま押し切るかと思った前走のキーンランドカップでは最後に大外から飛んできたエイティーンガールに差されてしまったものの、終始外、外を回されるロスの多い競馬になった事に加え、相手よりも3キロ重いハンデを背負っていた事を考えると悲観する必要はないだろう。

久々の競馬となった3走前の函館スプリントステークスこそ崩れてしまったが、使われて確実に馬が良化しており、2走前のUHB賞でもトップハンデを背負いながら直線楽々抜け出し、前走で先着を許してしまったエイティーンガールを全く寄せ付ける事なく完勝しているので、近走の内容を見る限り完全に馬が復調したと思っていいのでは。

とにかくこの馬が強いと感じたのは去年のキーンランドカップで、惜しくも馬券に絡む事は出来なかったが、ダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、リナーテといった実力馬を相手に大外から直線だけで勝ち馬から0.2秒差の4着まで詰め寄っており、1,2着馬のその後の活躍を考えるとなかなか中身の濃いレースだったと言える。

ただ、今回も相手がかなり強くなるのでこのメンバーを相手にどこまでといった感じも、適度に時計のかかる今の中山の芝、そして引き当てた枠を考えると案外やれてもよさそうで、更に背負い慣れたハンデでの競馬となるここは他馬との比較になると本馬が意外と有利と思えてしまうのは気のせいでも何でもないだろう。

大舞台でこの鞍上を本命にするのは少し気が引けるが、内枠を上手く活かす競馬が出来れば馬券圏内も見えてくる。

対抗はグランアレグリア

今更長々と語る必要はないが、現役馬でマイル路線トップクラスの能力の持ち主であるインディチャンプ、そして今のところ現役最強馬であるアーモンドアイの追撃を楽々凌いで勝利した前走の安田記念が圧巻の内容で、この2頭の能力の高さを考えると相手がかなり楽になる今回のメンバーで大崩れする姿は想像出来ないと言うのがまともな答えになるか。

正直東京中山コース替わりは歓迎とは言えないが、ある程度の位置で競馬が出来るタイプなので、高松宮記念のようにゲートで立ち遅れない限りはここも当然勝ち負け争いに加わってくるだろう。

そのゲートが決まらなかった高松宮記念でも厳しい位置取りから勝ち馬とはタイム差なしの2着まで追い上げているので、まともならスプリントでもG1のタイトルを取れるだけの器と言える。

モズスーパーフレア

ハイペースで行き切った前走が想像以上に強い競馬だったので、狙いすましたローテでの参戦となるここも人気通り走ってきそう。好枠を引き当てた今回もやることは一つなので、ガンガン行ってしまえば残り目は十分にあるか。ただ、極端に差しが決まるような展開になると大敗までありそうな気もするので、ここはピンパータイプとしての3番手評価で購入してみたい。

☆穴に人気ブログランキングへ

前走は見せ場なく大敗しているが、完全に馬場が影響しての着順なので参考外と言えるレース。条件を考えると2走前のレースが強烈に強かったが、もともと重賞を使う前から能力の高さを指摘していた一頭だったので、今考えると能力的には2走前ぐらい走れて当然の馬なのかもしれない。

過去には今回上位人気に支持されている馬と差のない競馬に持ち込んだ経験もあるので、このメンバーの中に入っても能力が劣っているという事もまず考えられないだろう。

◎ライトオンキュー
〇グランアレグリア
▲モズスーパーフレア
☆穴人気ブログランキングへ
△ダノンスマッシュ
△穴ダイメイプリンセス
△エイティーンガール
△ミスターメロディ
△レッドアンシェル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

凱旋門賞の予想、スプリンターズステークスの買い目付き予想はこちらから。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 スプリンターズS(G1)>

グランアレグリアを
脅かす穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の優勝馬ではロードカナロア、カレンチャン、サイレントフィットネス、ビリーヴ、タイキシャトル、フラワーパーク、サクラバクシンオー、ニシノフラワー、バンブーメモリーなどスプリント界で活躍した快速馬ばかり。過去10年で連覇したのはロードカナロとレッドファルクスの2頭。

過去10年の傾向、人気馬の成績は、1人気[4.1.1.4]、2人気[2.3.0.5]、3人気[2.2.0.6]と上位人気馬が総崩れすることはないが、18年ラブカンプー(11人気2着)・ラインスピリット(13人気3着)、15年サクラゴスペル(11人気2着)、14年スノードラゴン(13人気1着)、13年マヤノリュウジン(15人気3着)、10年ウルトラファンタジー(10人気1着)など伏兵の好走があり、ヒモ荒れの傾向。平均配当では馬連4840円、3連複2万5270円、3連単13万4020円と波乱になるケースが多い。

過去10年のステップレース別の成績ではセントウルS(5勝)、キーンランドC(2勝)、安田記念(1勝)、CBC賞(1勝)、海外(1勝)などから勝利馬が出ているが前哨戦のセントウルSが優勢か。さらに160頭中48頭が出走し[2.5.5.36]と成績を残している牝馬の活躍が目立つ。

今年は昨年の桜花賞馬で前走、安田記念の勝ち馬グランアレグリアが出走。高松宮記念では初のスプリント戦で2着。気性的にもスプリント戦は絶好の舞台となる。GI3勝目なるか注目。その他では昨年の2着馬で高松宮記念を勝ったモズスーパーフレア、マイルGI2勝のインディチャンプ、昨年の高松宮記念の覇者ミスターメロディなどGI馬4頭がスタンバイ!ヒモ荒れが多いスプリントGI、今年も隠れ穴馬の存在が!有力馬を纏めて負かす可能性ありの人気薄隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『スプリンターズS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 スプリンターズS(G1)>

グランアレグリアを
脅かす穴馬の正体?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク