【スプリンターズステークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、スプリンターズステークスに出走を予定しているダノンスマッシュ、グランアレグリア、ダイアトニック、モズスーパーフレア、ビアンフェ、レッドアンシェル、ライトオンキューの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着

先週の追い切り注目馬はコントレイルがさすがの1着。これはもう揺るぎない評価、そして存在だったので当然の結果でしょう。ただ、オールカマーのクレッシェンドラヴがあと一歩の結果となってしまったので、今週のG1はビシッと馬券込みで的中出来るように頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

【第54回 スプリンターズS(G1)】

軸に相応しい馬は人気のグランアレグリアではない!

今年のスプリンターズステークスはアノ超人気薄馬が波乱の立役者となる!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スプリンターズステークス最終追い切り

ダノンスマッシュ

脚は気持ち外に流れるが、フォームは安定していて重心もほぼブレない。いつも追い切りでは動くタイプではあるが、今回は追い切りのパターンを変えてきた事もあっていつものように見栄えはしないので、この変化がプラスに転ぶか、それともマイナスに転ぶか…。個人的にはこのパターンは嫌な予感がするので、人気を考えると色々な意味で面白くなったとも言えるが。

グランアレグリア

先週はこの厩舎にしては珍しくある程度負荷をかけてきたが、さすがに今週は馬なりで軽く流す程度の追い切りとなっている。それでも馬体を併せてからの動きや追われてからの反応は素晴らしく、フォームにも一切無駄がない安定した走りだった。久々の競馬でも馬体の張りや毛艶は素晴らしく、先週の段階で内面にスイッチが入っている時点で走れる態勢は整っていると思っていいだろう。ここはいきなりからやれる。

ダイアトニック

先週は見た目はなかなか派手な追い切りとなったが、今週はやはり相手がしっかりと走った事もあって平凡な追い切りとなっている。ただ、今回は相手が走った事に加え、輸送を考えて余力残しでの調整で、更に体質面から間隔を詰めてビシッと追えるようなタイプではないだけに、遅れを取ってしまったのはある意味想定内と言えるのでは。先週の内容が内容なだけに評価が難しい追い切りとなってしまったが、内容は案外悪くは感じない。

ライトオンキュー

ジョッキーが乗っていた事を考えても軽快で素軽さのある動きだったが、G1の追い切りの割には少し内容が軽すぎる印象も。ただ、先週しっかりと追われていたので、今週はさらっと反応を確かめる程度だったのだろう。全体的な時計も決して悪くは感じないので、派手さはなくとも地味に怖さはある。

ビアンフェ

身体全体を使った豪快で迫力のある動きが目に付いているが、同時に重心のブレやフォームの乱れも目に付く動きとなっている。ただ、スピードに乗ってからは走りは安定しており、頸をしっかりと使ってグイグイと伸びる姿を見ると一応前走からの上積みはありそうな気もするので、この荒さがプラスに転べばまずまずやれそうな気も。

モズスーパーフレア

今週も先週に続いて調教お化けという名に恥じない動き、追い切りとなっている。先週よりも全体的な動きに迫力は感じられないが、広い可動域からくる悠々と走るダイナミックなフォームは相変わらずで、早い段階でエンジンがかかっている割にはスピードが最後まで落ちない点は素晴らしいの一言。

更に先週負荷をかけられた事で馬体に柔らかみも増しており、先週とは違って今週は頸をしっかりと使って走れていた。いつも追い切りでは動くタイプなので過度な期待は持たない方がいいかもしれないが、動き通りならここは恥ずかしい競馬にはならないだろう。

レッドアンシェル

脚が流れる点や地面を蹴る力が弱く感じるのはマイナスも、キビキビとした躍動感のある動きからすると前走を勝利したダメージは案外大きくはなさそう。ただ、2週続けてあまり負荷をかけられていない点や馬体が少しギリギリに見える点からすると少し仕上げるのに苦労している印象を受けるので、ダメージは大きくなくとも上積みにはあまり期待は持たない方がいいのかもしれない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは文句なし。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2018年に春秋スプリントGIを制したファインニードルが同年に引退し、再び絶対王者を失ったスプリント路線。

ミスターメロディ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレアと、その後のスプリントGIは勝ち馬が目まぐるしく変わり、今年の高松宮記念に至っては、1着入線のクリノガウディーが降着するなど、今のスプリント界を象徴するような結末となった。

スプリンターズSにも関わるサマースプリントシリーズは、レッドアンシェルが制することになったが、6頭が11~14ポイントという中での優勝で突出していたわけではない。

ここまでの流れからすれば、やはりと言うべきか、一般マスコミは“大混戦ムードの1戦”と報じるのも無理はなかろう。

このスプリント界の状況を見てか、いよいよ本腰を入れて動き出したのがノーザンFだ。

競馬界を席巻するノーザンFではあるが、最後に生産馬がスプリンターズSを制したのは2008年スリープレスナイトまで遡らねばならない。

高松宮記念も、吉田和美氏所有のキンシャサノキセキが2011、2012年と連覇しているが、この馬はオーストラリア生産馬、厳密に生産馬が制したのは2005年のアドマイヤマックスとなる。

この結果を見ても、ノーザンFの生産や育成のコンセプトとして短距離に力を入れていなかったことがハッキリとわかるだろう。

しかし、だ。

今年は高松宮記念にも参戦させたグランアレグリア、先に名前をあげたレッドアンシェル、態勢が整わず回避とはなったものの、インディチャンプまで参戦させる予定だったのだから、明らかにこれまでとは意欲が違う。

この事実は、今年のスプリンターズSを攻略する上で、重要なポイントとなると確信している。

無論、ノーザンFの思惑を掴むだけでは不十分。

モズスーパーフレア、ダノンスマッシュ、ミスターメロディなどなど、非ノーザンFの有力馬も多数参戦し、各陣営の思惑は多種多様、ましてGIともなれば、いつも以上に表向きに出すコメントは建前となる。

ライトな競馬ファンは、そうした建前コメントを見て馬券を買うのだから、なかなか的中しないのも自明の理なのだ。

一方、弊社シンクタンクには重賞の情報に特化した『重賞特捜部』が存在し、騎手、厩舎、馬主、牧場、エージェントなど、あらゆる関係者から話を聞き出せる態勢が整っており、本音や裏事情といった「本物の関係者情報」をいつでも入手することができる。

注目度の高いGIともなれば、当たり障りのない情報が世間に大量に流布されることになるから、その差はますます大きくなり、我々の情報の馬券妙味も増すこともしばしばだ。

今週のスプリンターズSは、本来であれば無料公開は難しいレースであったが、「本物の関係者情報」を知っていただきたいとの思いから、今回、初めてシンクタンクをご利用される方に限り、馬券候補が簡単に絞れる『情報注目馬5選』の特別無料公開が決定した。

この機会に、ぜひともお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 スプリンターズS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク