【ステイヤーズステークス2018予想】本命アルバート

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ステイヤーズステークスの予想を。アルバート、モンドインテロ、ヴォージュ、コウキチョウサン、リッジマン、アドマイヤエイカンなどが出走する芝3600mのG2レース。

ローテを考えると厳しくなりそうですが、個人的にはオジュウチョウサンはこちらを使って欲しかった。

オジュウチョウサンといえば有馬記念の鞍上は武豊で正式に決定したとの事。もう現時点で買いたい馬はほぼ決まっていますが、これは無駄に買ってしまいそうです。

追い切りやその他競馬予想記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

ステイヤーズステークス

本命はアルバート

去年のレースと今年のレースを比較すると少し能力が衰えた感はあるものの、過去にも衰えてさすがに無理だろうと思われたトウカイトリックが何度も好走したリピーターが強いレース。中山3600mという超特殊コースなだけに、今年もコース実績を重視して印を打つのが正解とみてこの馬を本命に。

アルゼンチン共和国杯を負けてのローテも去年と同じで、今年は去年より大きく着順を落としての出走となるが、極端なペースが合わず参考外と言える結果なだけに敗因がはっきりしている分、巻き返してくる可能性も高いのでは。

ただ、最終追い切りの動きがかなり物足りない内容だったので、この動き通りであれば取りこぼしてしまう可能性も十分考えられるが、それでも今回は相手が相手なだけに、出来を差し引いて考えたとしても評価せざるを得ない存在。あまり難しい事は考えず素直に印を打つ事にした。

対抗はアドマイヤエイカン

もともと条件戦を走っている頃から重賞級と思っていた馬で、スタミナが非常に豊富なタイプだけに距離延長で一気にステイヤーとしての能力が開花する可能性も十分考えられる今回は、対アルバートとしてまず買っておきたい1頭。

近走で敗れたレースは少なからず距離が影響しており、実際にある程度距離があるレースでは崩れ知らずとなればここで買わない手はないだろう。

▲にヴォージュ

この馬も距離が延びてこそのタイプで、ここ2走は結果を出せていないが、展開などが合わずと力を出し切っての着順ではない事は確か。3走前ぐらい走ればアルバート以外には十分太刀打ち出来るメンバー構成なだけに、今回は上位争いに加ってくるのでは。枠もいいところを引けた。

☆にリッジマン

もう少し内枠が欲しかったが、長距離適性ならこの馬も上位と言える存在。あまり突き抜けるイメージは沸かないが、ダイヤモンドステークスでフェイムゲーム相手の2着なら能力、適性共に十分だろう。

※アルバートが取り消しという事で印を大幅に変更します。アルバートは追い切りの記事でも書いたように何となく4連覇に怪しさがあった馬なので、馬券は取りこぼしを狙っていましたが…。まさかこのような形で4連覇の夢が砕かれるとは。

◎ヴォージュ
〇アドマイヤエイカン
▲モンドインテロ
☆リッジマン
△メドウラーク
△ララエクラテール
△カレンラストショー
△コウキチョウサン

アルバートが取り消した事で一気にレベルが下がりG2というよりもオープン特別という感じのレースになってしまったので、ここは少し波乱に期待して相手も少し増やしました。対抗馬は本命というよりも安定の対抗という印がしっくりくるのでここの印は変更しません。

記事を修正したついでにせっかくなので中京メインの本命馬も公開しておきます。

浜松ステークス

メイショウカリン

かなり混戦ですが、ここ4,5走の全ての内容が悪くないこの馬を本命に。今の中京の馬場が現時点ではわからないので何とも言えませんが、良い意味で中途半端な馬なので前が残る馬場、差しが決まる馬場どちらになっても対応出来ると思います。馬券はいつものようにシンプルに単複で。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第19回 チャンピオンズC(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のチャンピオンズカップは、去年のJRA最終ダートホースに輝いたディフェンディングチャンピオンのゴールドドリームと、南部杯でその現王者を負かした3歳世代トップのルヴァンスレーヴが再び激突。そこに、京都開催のJBCクラシックを制したケイティブレイブ、フェブラリーSの勝ち馬ノンコノユメ、3連勝で勢いに乗るサンライズノヴァ、そしてダートの本場アメリカからはパヴェルも参戦予定と、まさに“頂上決戦”にふさわしいメンバーが揃いそうだ。

中京ダート1800mは基本的には『逃げ・先行』が有利なコースとして知られるが、GI競走のこのレースに関しては激流になることも多く、差し・追い込みが決まるシーンもしばしば見られる。そのため、脚質的に嫌われて人気を落とし、高配当を演出するシーンも珍しくない。事実、去年勝ったゴールドドリームは8番人気で、一昨年の勝ち馬・サウンドトゥルーは6番人気、3年前には12番人気サンビスタがレースを制しており、伏兵が差し・追い込みの競馬で馬券に絡んでいることは頭に入れておかねばならない。

当社シンクタンクは騎手、厩舎、馬主、生産者、外厩、エージェントなど、あらゆる関係者から情報を入手しており、今年も好配当を演出する“激走穴馬”の存在をシッカリとマークしている。世間が順当と思うレースでも、波乱の可能性はいくらでも存在し、波乱になれば大万馬券決着にもなり得る。馬券を買うのであれば、確かな筋からの情報を掴んでおいた方が良いのは間違いないだろう。

そこで、今回は当社シンクタンクの情報力を知ってもらうべく、万馬券を狙い撃つチャンピオンズカップの【3連単勝負馬券】の情報を特別に無料公開する。このチャンスに是非ともシンクタンクの情報を馬券検討に活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第19回 チャンピオンズC(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク