【ステイヤーズステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ステイヤーズステークスに出走を予定しているアルバート、オジュウチョウサン、チェスナットコート、メイショウテンゲン、リッジマンの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 アルバート 2.7
2 リッジマン 4.0
3 チェスナットコート 5.2
4 メイショウテンゲン 7.1
5 オジュウチョウサン 8.3

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着
ミヤマザクラ 2人気2着
ムイトオブリガード 7人気8着

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第20回 チャンピオンズC(G1)>

大混戦模様のダート王決定戦だが、実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!「過去最高の仕上げ」で送り出される人気薄激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

ステイヤーズステークス最終追い切り

アルバート

相変わらず線の細さだけは気になるが、胸の筋肉量やトモの張りは上々で、馬体以上に身体を大きく見せて走れている点はプラス。

年齢的にも前走からの上積みなどには期待は持てないが、それでも高いレベルで動きは安定しており、馬なりで加速して走り切れた点も評価しなければならないポイントと言える。

オジュウチョウサン

以前衰えを指摘した馬ではあるが、今回の動きをみてもやはりという感じで、これまで感じられた素軽さやスムーズに滑るような脚捌きは戻ってこない。

馬体がすっきりとしている割には動きに重さがあり、手応えがある割には案外伸びない点などは衰えが大きく影響しているのだろう。楽な手応えだった相手を交わせなかった点もマイナスで、これは動きを見た通りの評価をするのが正解かもしれない。

出来に関しては悪くはないが、多くを求めるのは酷ではないだろうか。後はこの条件での変わり身に期待するしかない。

チェスナットコート

脚捌きが鈍く、胸の広さも気になるポイント。まだ馬体がいくらか緩く、その影響なのか追われた後の反応もイマイチで、最後は調教パートナーにあっという間に差をつけられてしまった。出来が戻るのはもう少し先になりそうな一頭か。

メイショウテンゲン

毛色の関係もあって馬体は目立たないが、この父らしくキレのある動きとバネの利いた柔軟な馬体は素晴らしく見える。

負荷をかけられている事もあって最後はさすがの伸びを見せるが、相手が迫ってきても抜かせない勝負根性の高さは評価しておきたいポイントで、身体がひと回り大きくなっている点からしても案外楽しみがある一頭と言えるのでは。

リッジマン

線は細いが身体を大きく使った動きは非常に目立っており、可動域の広さと筋肉のつき方をみるといかにもマラソンタイプの馬と言える。ラストの伸びも素晴らしく、フォーム、脚捌き、スピード感とどこも悪い点が見当たらない。まず好調。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 チャンピオンズC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年、3歳馬ルヴァンスレーヴが勝利したことで、完全に世代交代が行われ、今後は同馬を中心にダート界は巡っていくかに思われた。しかし、脚元の不安で結局は1年丸々と棒に振ることになったことで、その様相は一変した。

その後、フェブラリーSを新星インティが制したものの、その後は未勝利でみやこSは15着と惨敗。一昨年の覇者ゴールドドリームは安定した成績を残しているものの、今年の勝利はかしわ記念のみと一時期ほどの勢いは見られない。そこにオメガパフューム、チュウワウィザードなどの4歳勢の台頭、5戦5勝の3歳馬クリソリベルが出現。まさにダート界は戦国時代、『チャンピオンズカップ』はその名にふさわしい雌雄を決する場となった。

しかし、実力通り、実績通りに決まらないのがこのレース。中京のダート1800mは基本的に逃げ、先行馬有利なコースではあるが、それを意識してか前掛かりのレースになることが多く、終い勝負に賭ける伏兵の一発もしばしば起こっている。事実、1番人気は現在7連敗中であり、的中をお伝えしている昨年も最高に上手く立ち回った8番人気ウェスタールンドが2着に食い込み波乱決着にひと役買った。今年のメンバーを見ても一筋縄では行かず、穴気配を十分に感じている。

もちろん、穴気配を感じているのには確かな根拠を持ってこそ。既に情報ルートから、波乱を呼ぶカギとなる『ダークホースの存在』の報告を受けている。この情報は、まず表に出てくることはないだろう。

馬券で勝つために必要なのは確かな情報、しかも、多くの人が知らない情報にこそ価値がある。競馬界の大物OBや現役関係者が在籍し、騎手、厩舎、馬主、外厩、牧場など、あらゆるところに情報の網を張っているシンクタンクが入手する情報は、まさにそういった情報だ。今回は特別にチャンピオンズカップの【馬券候補5頭】を情報と合わせて無料公開する。もし、馬券を買うつもりであるならば、見逃す手はないだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第20回 チャンピオンズC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク