【スワンステークス2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、スワンステークスに出走を予定しているスマートオーディン、マイスタイルの一週前追い切りに関する記事を。

当初は天皇賞秋の追い切りの続きを更新する予定でしたが、3日開催後に加えて週末は海外を含めて4重賞ありますので、今週は少し長めに予想に時間をかけていこうと思います。よってその他の天皇賞秋の追い切りは最終追い切りで触れていくことにします。

予想オッズ

1 モズアスコット 3.6
2 グァンチャーレ 5.1
3 スマートオーディン 5.6
4 トゥザクラウン 8.0
5 ダイアトニック 11.0

ここは予想オッズを見ただけでも興奮する程の大混戦レース。今のところここは狙っていこうと思います。

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【天皇賞秋2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

スワンステークス

スマートオーディン

もともと追い切りでは癖のある走りをする馬ではあるが、今回は頭が高く前半からリズムがとにかく悪くみえる。早い段階で強めに負荷をかけられているが、すぐに脚がバラバラになって追っても追っても全く伸びないどうしようもない追い切り。

途中調教パートナーであるアルアインに一気に突き放されてしまい、そこからは相手が前へ出ても全く追いかけようとしなかった。

脚捌きの鈍さと胸の広さ、可動域の狭さを見るととても買えたものではないだろう。最終追い切りで少しでも軽さが出ない事には何とも。

マイスタイル

前半やラスト加速した時に少し内に刺さるが、それ以外は大きな癖はみられない安定した走り。線が細い割には動きに力強さを感じ、以前の動きと比較すると身体の使い方も随分と上手くなった印象を受ける。

スイッチが入ってからのスピードは抜群で、ゴール板を過ぎても脚色が全く衰えなかった点は高く評価しなければならないが、一点気になる点を挙げるとすればエンジンのかかりがかなり遅くなっている点になるか。

馬体からすると初となる1400m戦への適性は全く問題ないと思うが、年齢的なものなのかこのズブさがちょっと足を引っ張ってしまう可能性も十分考えられるので、最終追い切りでどこまで本来の前向きさが戻るかがカギとなりそう。

最後にスワンステークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第160回 天皇賞秋(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

令和に元号が変わっても、伝統ある天皇賞は、名誉においてはGIの中でも別格の存在。今の競馬界は社台グループを中心とするクラブ馬主に席巻されつつあり、生産馬の“使い分け”が当たり前となり、今年はフルゲートにならなかったものの、GI馬がずらりと名を連ね豪華なメンバーが揃った。

中でも世間の注目を浴びるのは、現役最強の呼び声高いアーモンドアイと、3歳世代トップと言えるサートゥルナーリアの対決だろう。春のGIも席巻したノーザンファームは、日本国内だけでは有力馬の“使い分け”が難しくなっているという裏事情もあり、この秋も凱旋門賞やオーストラリアなど海外遠征を積極的に行っているが、敢えて対決させる意図はどこにあるのかは、馬券攻略においても重要なポイントとなる。

ひと言にノーザンファームと括っても、サンデーレーシングにキャロットファーム、シルクレーシングなど、関連するクラブ馬主が多数あるだけでなく、近年主流となっている外厩も、関東馬は天栄、関西馬はしがらきと仕上げは異なる。つまりは、それぞれの思惑を持っているわけで、アーモンドアイとサートゥルナーリアが激突することになったのも、無関係ではないのだ。

しかし、外厩はトレセンとは違いマスコミが取材できる施設ではなく、情報を入手することが困難。もちろん、外厩のみならず、様々な関係者の思惑を把握する必要はあるし、そもそも、マスコミの如く“2強対決”と断じてしまうのも早計だ。

先述したようにGI馬が大半の豪華メンバー、マスコミの注目を浴びぬところで、一角崩しのみならず、「まとめて負かす!」と、機をうかがう陣営は存在する。ややトリッキーな東京2000mが舞台、過去にもちょっとしたことで着順が入れ替わることも少なくない上に、敗因がハッキリしているとは言え、アーモンドアイが敗れた安田記念、サートゥルナーリアが敗れた日本ダービーが、ともに東京であった事実を忘れてはいけない。

10月で創業25周年を迎えたシンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二師といった競馬界の大物OBが数多く在籍し、騎手、厩舎、馬主、もちろん外厩に至るまで、確かな情報を入手できる態勢が整っている。だから、世間には公表されないような裏情報を入手することもできる。

そこで、今週はシンクタンクの情報を体感されたことがない方に限り、天皇賞の各陣営の本音、裏事情などの【関係者情報】と厳選された【馬券候補5頭】を特別に無料公開する。大盛り上がりを見せる伝統の1戦をより楽しむ、馬券で勝つために、このチャンスを活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第160回 天皇賞秋(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク