【スワンステークス2020予想】本命シヴァージ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、スワンステークスの予想を。アドマイヤマーズ、サウンドキアラ、ステルヴィオ、カテドラル、アルーシャなどが出走する芝1400mのG2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

今週もとりあえず土曜から結果を出していきたいので、2重賞のどちらからは当てておきたいところ。

アルテミスステークス

人気ブログランキングへ

どこまで票を集めるかわからないが、ここは捻らず印を打ってみたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース天皇賞秋!

今年は波乱の天皇賞!

アーモンドアイの8冠はこの馬によって阻止される!

【天皇賞秋注目穴馬】

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

スプリンターズS情報注目馬5選

モズスーパーフレア
ダノンスマシュ3人気→2着
ライトオンキュー
ダイアトニック
グランアレグリア1人気→1着

オールカマー情報注目馬5選

クレッシェンドラヴ
ミッキースワロー
センテリュオ5人気→1着
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ3人気→3着

【天皇賞秋注目穴馬】

スワンステークス

本命はシヴァージ

芝で走るようになって以降、なかなか歯痒い競馬が続いているが、どのレースも見せ場たっぷりの強い競馬をしているので、噛み合えばいつでも重賞のタイトルに手が届くだけの能力はある馬。前走のセントウルステークスは着順こそ10着と微妙ではあるが、直線狭いところを割って上がり33.2の脚を使い追い上げてくる非常に見どころのある競馬。

2走前の函館スプリントステークスでも先行馬が上位を占める中で後方、直線外から脚を使って5着まで追い上げており、2着馬であるダイメイフジとは0.1秒差の競馬に持ち込んでいるので、この日もコースや展開を考えるとかなり強い競馬だったと言える。

そもそもG1でグランアレグリア相手に0.3秒差の5着に入線出来る力があるなら今回はかなり相手が楽な印象すら受けるので、ここは相手関係というよりも1400mへの距離延長が課題となるのでは。

初めて芝を使ったレースが1400m戦で、その時は勝ち馬から大きく差を付けられてしまい7着に敗れているが、変にゲートを決めてしまった事でいつものように脚を溜める競馬に持ち込む事が出来なかった事が最後の伸びに繋がっているような結果だったので、この一戦だけで1400mへの適性がないと決めつけてしまうのは危険だろう。

実際にダート1400m戦では2.5.1.0とパーフェクトな成績を残している馬で、過去には1600m戦でも勝った経験があるだけに、芝でもこの距離が長いという事はまず考えられないのでは。

相手を考えるともう少し人気を集める事になると思ったが、距離が嫌われてなのか当初想像した以上に人気になっていない感じがするので、それならここから馬券を組んで一撃を狙うのも悪くはないだろう。

対抗はサウンドキアラ

以前は京都専門の馬という感じがしたが、阪神牝馬ステークス、そして前走のヴィクトリアマイルでも結果を残してきた辺りからすると完全に馬が化けたと思ってよさそう。

特に前走は決して有利とは言えない大外枠を引き、更にアーモンドアイを相手にしながら2着に入線しているので、当時の条件や相手関係を考えれば今回の条件、相手関係であれば負けられないぐらいの存在と言えるか。ここの結果次第では本番も怖さがある一頭と言える(京都ではない点は非常に残念ですが…)。

▲に人気ブログランキングへ

気がつけばもうそれなりの歳になってしまったが、立ち回りの上手さと並ばれてからのしぶとさは相変わらずなので、ここもすんなり先行する形に持ち込めば粘り込みがありそう。

マイルよりも1400m向きの馬なのは間違いないので、適性が未知のアドマイヤマーズが人気を集めるようなら確実に条件が合うこちらを狙うのが競馬のセオリーと言えるだろう。

☆にステルヴィオ

まだ完全に復調した感じはしないが、前走の京王杯スプリングカップの内容を見ると徐々に復調気配は感じられるので、極端な馬体重の増減がなければ今回の相手なら好勝負に持ち込んでくるか。

大外枠は痛いが、それなりに自在性のあるタイプなので、枠なりの競馬をすれば結果はついてくるとみる。

◎シヴァージ
〇サウンドキアラ
人気ブログランキングへ
☆ステルヴィオ
△メイショウオーパス
△アドマイヤマーズ
△アルーシャ
△カテドラル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

あまり人気もないので一応◎▲~〇☆~などの縦目も買っておく。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はGI7勝・連覇を狙うアーモンドアイが出走。昨年も安田記念後は休養に入り秋緒戦を天皇賞秋から始動。今年も昨年と同じく安田記念から休養明け緒戦となる。勝てばJRA所属馬史上最多となる芝GI8勝目となる。アーモンドアイにとってはラストイヤーとなるだけに、何が何でも勲章を手にしたいところだ。

他にはクロノジェネシス、フィエールマン、キセキ、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、ワグネリアンなどGI馬7頭がスタンバイ。好メンバーが揃うが、打倒アーモンドアイに燃える陣営の存在も。

過去10年の成績では1人気[5.2.1.2]、2人気[1.3.2.4]、3人気[0.1.1.8]。1人気で勝ち上がったのはアーモンドアイ、キタサンブラック、モーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残している。上位人気馬は揃って馬券圏を外す事はなく大波乱になるケースは少ない。

平均配当では馬連2870円、3連複8990円、3連単5万2870円。二桁人気の伏兵馬の好走は17年レインボーライン(13人気3着)、15年ステファノス(10人気2着)の2頭のみ。馬連3桁配当は2度、馬連最高配当は7340円、3連単10万馬券以上が2度、3連単最高配当は21万4010円。

過去10年のステップレース別の成績では出走頭数が多い毎日王冠組が3勝(2着3回)・馬券圏内11頭と好走馬が目立つ。昨年は安田記念組アーモンドアイ、ダノンプレミアムが連対したが、GI戦からの直行組も3勝(2着5回)の成績で休み明け緒戦から実力を見せている。

昨年の天皇賞秋も◎アーモンドアイからパーフェクト的中。今年はアーモンドアイを脅かす隠れ穴馬の存在が…  配当を引き上げる隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク