【秋華賞2019予想】本命フェアリーポルカ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、秋華賞の予想を。ダノンファンタジー、クロノジェネシス、コントラチェック、パッシングスルー、カレンブーケドール、ビーチサンバなどが出走する芝2000mのG1レース。

気がつけばもう秋華賞。

◎ディアドラで強烈な重ね買いを的中させたのがもう2年前ですか。

馬券の相性はそこそこのレースですが、何故かこの日はWIN5が当たる事が多いので、今年も少し買ってみようかなと思っていましたが、まさかの東京開催延期。今日は黙ってG1のみ買っておきます。

3点勝負買い目を無料公開

秋華賞

本命はフェアリーポルカ

ディアドラやノームコアのように毎年秋以降に追いかけていきたいという馬(あえていうならこの馬になる)が必ずいるが、残念ながら今年は不在。スプリンターズステークスのようにベタに当てに行くようなレースかもしれないが、迷いに迷って最終的な印はここに落ち着いた。

前走の紫苑ステークスに続いての本命となるが、その前走は内を上手く捌けたとはいえ、オークスで好走したカレンブーケドールに先着して2着を確保。最後はパッシングスルーに交わされてしまったが、追い出すタイミングが一瞬遅れていた事を考えれば着差通りほぼ勝ちに等しい内容だったので、あの着順は展開ひとつで簡単にひっくり返るだろう。

オークスでは距離などが影響して大敗してしまったが、3走前のフローラステークスでは厳しい大外枠を引き当てながらも直線では見せ場たっぷりの競馬をしており、仮にもう少し内枠を引いていればまた違った結果になっていたのでは。

立ち回りの上手さや直線早めに抜け出して粘り込めるスタイルが正に秋華賞向きの脚質という感じで、君子蘭賞や若駒ステークスを含めて右回りで同じような展開に持ち込めば確実に上位に食い込んでくる良くも悪くも安定感のある相手なりのタイプ。

トゥザヴィクトリーやデニムアンドルビーなど数多くの活躍馬を輩出しているフェアリードールの血を持つ馬なので、G1で格負けするという事も考えられない。よって今回は人気以上の着順を拾ってくる可能性は高いとみてこの馬を本命とする。

対抗はダノンファンタジー

今回の距離延長は微妙ではあるが、通ったコースや当日の馬場を考えると前走のローズステークスが着差以上に強かったので、能力通りであればここも恥ずかしい競馬にはならないだろう。枠も良いところを引き当てたので、上手く立ち回ればある程度距離の誤魔化しも利くのでは。

クロノジェネシス

春から馬体が大きく成長した感じがしないので当初はもう少し評価を落とす事も考えたが、桜花賞とオークス馬が不在となる今年のメンバーなら、まだギリギリ能力だけで上位に食い込んでくるか。

穴に人気ブログランキングへ

明らかに今回の距離は長く感じるが、ちぐはぐな競馬となった前走で見せ場をつくった本馬がスムーズなレース運びで穴をあける。これまで敗れたレースでも敗因はハッキリとしている事が多いので、100%の力を出せる展開に持ち込む事が出来れば案外ありそうな馬と言えるのでは。

ぱっと見では経験値不足の馬に思えるのでG1の今回は荷が重いという見方も出来なくもないが、ここまで異なるコースや展開、馬場を経験しながらしっかりと結果を残しているので、秘める能力は既に重賞級と思ってもいいのではないだろうか。今の京都の馬場を考えると非常に怖さがある一頭なので、当初予定していた印よりも評価を上げて馬券を組み立てる事にした。

◎フェアリーポルカ
〇ダノンファンタジー
▲クロノジェネシス
☆穴人気ブログランキングへ
△ビーチサンバ
△ブランノワール
△カレンブーケドール
△シャドウディーヴァ
△パッシングスルー
△エスポワール

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回 秋華賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年は春の2冠を制したアーモンドアイという不動の主役がおり、結果として見事に3冠を達成することとなったが、夏の上がり馬で5番人気のミッキーチャームが見せ場タップリの2着と好走。3着には前哨戦のローズSを制していたとは言え、オークスでは13着と敗れていたカンタービレが入り、春の力関係通りの決着とはならなかった。ひと夏を越して著しく成長する馬の存在が、秋に勢力図をガラリと変えてしまうことも頭に入れておかねばならない。

今年は桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在と、去年のアーモンドアイのような主役がいない。GI馬は2歳女王ダノンファンタジーのみ、前哨戦のローズSを制したとは言え、圧倒的な強さを見せたとまでは言えぬ内容だっただけに、まだこの馬で決まりとは言えぬ状況。世間的には“混戦”と見る向きが強くなるだろう。そうなると、スポーツ紙やネット上に流布する情報は錯綜、それを元に馬券を買っていては、ますます難解で結論が遠ざかっていく。

重賞・メイン特捜部を擁し、確かな情報を掴むことができるシンクタンクにとって、そうした世間が“混戦”と見るレースこそが絶好の儲けどころになる。今年のGIのポイントとなっているのが“ノーザンファーム”と“外厩”だが、秋華賞はメンバーの半数以上がノーザンファーム生産馬という状況。クロノジェネシス、コントラチェックなどはブッツケでの参戦となり、つまりはマスコミの取材外である“外厩”情報がカギを握る。

そして、もう1つ注目しているのが、同じグループではあるが、ライバルである社台ファームの存在だ。オークス2着馬のカレンブーケドールやシェーングランツなどを送り込む予定で、ここ数年、ノーザンファームに押されっぱなしの状況に一矢報いることができるのかは注目となる。

無論、ここで取り上げた情報は我々が掴んでいるほんの一握りにしか過ぎない。去年も◎○でズバリと3馬券種完全的中をお伝えしたが、今年も高配当決着の使者となり得る馬も既にマークしている。

そこで、今週は秋華賞で当社が掴んでいる関係者情報を【情報注目馬5選】とともに特別無料公開する。“混戦”ムードに惑わされず、ぜひとも本物の馬券に役立つ情報を知ってから馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第24回 秋華賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク