【秋華賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、秋華賞に出走を予定しているカレンブーケドール、コントラチェック、シェーングランツ、シャドウディーヴァ、ダノンファンタジー、パッシングスルーの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着

先週は重賞が3つありましたが記事を更新したのはグローリーヴェイズが出走したレースの1つのみなのでこれはダメ。今週末は台風の影響をモロに受けそうな感じもしますが、馬券共々追い切りの方も何とか結果を出せるように頑張ります。

3点勝負買い目を無料公開

秋華賞最終追い切り

カレンブーケドール

先週よりもしっかりとした脚取りで軽快に走れているが、線の細さは相変わらず。こちらも馬なり、相手も馬なりの併せ馬なので着差などはあまり参考にならないが、最後まで相手に食らいついて着差を保つ事が出来たのはプラスか。派手さは全くないが、一応最低限の出来には持ってこれたか。

コントラチェック

前半からふわっとした甘さのある追い切りで、まだ内面がピリッとしていない点はマイナスとなる。久々なので馬なりで負荷をかけられていない点も気になるが、前脚の捌きに硬さがあって脚が上がらない点がいかにもという感じなので、今回の追い切りからはあまり強気な事は言えない。

シェーングランツ

外の調教パートナーはコントラチェック。やや脚が外へ流れており、追われるとフラつく場面も見られるが、一応最低限のスピードには乗れている。ただ、こちらも久々の実戦ということもあって内面はまだまだおっとりとしているので、この辺りが競馬に行ってどう出るか。

シャドウディーヴァ

前半は少し頭が高く見えたが、直線に入って追われるとフォームが一変。姿勢を低く保って前へグイグイと頸を使って伸びていき、身体の使い方や可動域の広さを見るといよいよ遅咲きの血統が本格化した印象を受ける。

ラスト見せたパワフルさ、スピード感は勿論だが、美しいフォームで楽々ブチ抜いた圧巻の動きが目立っていた追い切りだった。トモや馬体の張りを見ても前走からの上積みは大きいのではないだろうか。

ダノンファンタジー

先週の動きと比較すると前脚が硬く動きは少しこじんまりとして見えるが、スピード感と広い可動域が生み出している力強い動きは相変わらず。フォームは沈まないが、一応これでも頸は使えているので、先週の動きと総合して考えればまずしっかりと馬はつくられたと思ってよさそう。

パッシングスルー

脚が大きく外へ流れており、頸を出すリズムも全く合わず。胸も広く最後までスピードに乗れていないので、前走である程度出し切ってしまった可能性も。最後も追うが相手を交わす事は出来ず、バラバラのフォームのままゴールしてしまった。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回の動きならこの馬の激走があっても。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第24回 秋華賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年は春の2冠を制したアーモンドアイという不動の主役がおり、結果として見事に3冠を達成することとなったが、夏の上がり馬で5番人気のミッキーチャームが見せ場タップリの2着と好走。3着には前哨戦のローズSを制していたとは言え、オークスでは13着と敗れていたカンタービレが入り、春の力関係通りの決着とはならなかった。ひと夏を越して著しく成長する馬の存在が、秋に勢力図をガラリと変えてしまうことも頭に入れておかねばならない。

今年は桜花賞馬グランアレグリア、オークス馬ラヴズオンリーユーが不在と、去年のアーモンドアイのような主役がいない。GI馬は2歳女王ダノンファンタジーのみ、前哨戦のローズSを制したとは言え、圧倒的な強さを見せたとまでは言えぬ内容だっただけに、まだこの馬で決まりとは言えぬ状況。世間的には“混戦”と見る向きが強くなるだろう。そうなると、スポーツ紙やネット上に流布する情報は錯綜、それを元に馬券を買っていては、ますます難解で結論が遠ざかっていく。

重賞・メイン特捜部を擁し、確かな情報を掴むことができるシンクタンクにとって、そうした世間が“混戦”と見るレースこそが絶好の儲けどころになる。今年のGIのポイントとなっているのが“ノーザンファーム”と“外厩”だが、秋華賞はメンバーの半数以上がノーザンファーム生産馬という状況。クロノジェネシス、コントラチェックなどはブッツケでの参戦となり、つまりはマスコミの取材外である“外厩”情報がカギを握る。

そして、もう1つ注目しているのが、同じグループではあるが、ライバルである社台ファームの存在だ。オークス2着馬のカレンブーケドールやシェーングランツなどを送り込む予定で、ここ数年、ノーザンファームに押されっぱなしの状況に一矢報いることができるのかは注目となる。

無論、ここで取り上げた情報は我々が掴んでいるほんの一握りにしか過ぎない。去年も◎○でズバリと3馬券種完全的中をお伝えしたが、今年も高配当決着の使者となり得る馬も既にマークしている。

そこで、今週は秋華賞で当社が掴んでいる関係者情報を【情報注目馬5選】とともに特別無料公開する。“混戦”ムードに惑わされず、ぜひとも本物の馬券に役立つ情報を知ってから馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第24回 秋華賞(GI)

情報的に注目すべき馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク