【秋華賞2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、秋華賞に出走を予定しているウインマイティー、ウインマリリン、デアリングタクト、マルターズディオサ、リアアメリア、レイパパレの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着
グレートタイム 4人気9着
ダイアトニック 5人気13着
グローリーヴェイズ 3人気1着
サリオス 1人気1着

先週の追い切り注目馬は2戦2勝とどちらのレースも上手くいきました。ただ、馬券は相変わらず中央だけ波に乗れていないので、今週こそ重賞で何としても結果を残したい…。

ちなみに昨日のエーデルワイス賞も〇ソロユニット☆ミコブラック◎マーサマイディアで本線的中。配当もなかなか跳ねてくれたので、ここは大回収となりましたが、これを中央でもやりたい。

今週は牝馬三冠・最終戦!

第25回 秋華賞 (G1)

【過去10年で10戦8勝】

昨年も10人気関西馬シゲルピンクダイヤの

勝負情報を入手して

3連複【1万5170円】的中!

今年も勝負の関西馬と

人気薄関西馬で万券決着もある!?

最強の関西情報社チェックメイトが導き出した

秋華賞の勝負買い目情報

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【無料入手方法はコチラ!!】

秋華賞最終追い切り

ウインマイティー

フォームに無駄がない走りではあるが、それ以外は特に目立たない平凡な追い切り。前走である程度仕上げてしまったので、その影響もあって今回は強く追うことが出来なかったのでは。癖がない点はコースを考えると大きな武器となりそうだが、前走からの上積みはあまり期待は持てないか。

ウインマリリン

中間の状況や先週の追い切りの内容から色々な意味で今週の追い切りの内容には注目していたが、しっかりと負荷をかけてきて不安を払拭してきた。

調教パートナーと通ったコースは違えど、内からスッと加速して相手を突き放す圧巻の動きを披露。手応えは少しギリギリのように見えるが、それでも全体的な時計や動きを考えると高く評価出来るので、この出来なら久々でもやれるのでは。

デアリングタクト

割とソフトな仕上げとなったが、馬なりで全体をまとめた隙のない追い切り。少し線は細いが、肩やトモのボリュームは十分で、馬体全体に柔らかみを感じられる牝馬らしさも見せてきた。

お釣りなしでの仕上がりでくるかと思ったが、案外余裕を持たせた仕上がりとなっているので、この余裕が余計に怖さを感じさせる。当然好調。

マルターズディオサ

頭が高く頸を使えていない点はマイナスも、身体は上手く使えていて走りに一切無駄もない。前走から大きく変わった様子は感じられないが、終始自分のリズムを崩さず走れていたので、出来に関しては良い意味で平凡という評価になるのでは。

リアアメリア

先週は追い切りの内容に不満が残ったが、今週はいつもの内容でしっかりと追ってきた。トモや肩の張り、毛艶は申し分なく、広い可動域と力強い脚捌きが目に付いている。

内面もしっかりとセーブ出来ており、最後も十分に手応えを残したまま突き抜けたので、今回は前走以上の出来に持って来れたと思っていいか。

レイパパレ

脚の回転は速いが、その速さには比例しない伸びとリズムの悪さはマイナス。ただ、脚もとを考えると先週の段階でかなり仕上げていたので、今週はこの程度の内容で十分なのかもしれないが、秋華賞の追い切りとして考えるとやはり物足りなさの残る追い切りとなってしまった。

※抽選漏れ

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 秋華賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の3歳牝馬路線を語る上で、絶対に外せない存在なのは、言うまでもなく無敗の2冠馬デアリングタクトだ。

桜花賞、オークスともに強烈な末脚を繰り出し、着差以上の強さを感じさせる内容。これまで牝馬3冠は史上5頭達成しているが、無敗でとなれば初めての快挙となる。

鞍上の松山のみならず、この馬で初めてGI制覇を成し遂げた38歳の若き杉山調教師、担当助手や厩務員など、あらゆる関係者にプレッシャーがかかる。

他陣営が『打倒デアリングタクト』で挑んでくるのは自明の理。春の2冠にも増して強まる包囲網を突破するのは、そう簡単な話ではない。

前哨戦の紫苑Sをマルターズディオサが、ローズSをリアアメリアが制したことで、春のクラシック組が優勢であることを証明。デアリングタクトの2冠の価値はさらに高まったとも言える。

だが、まだ未対戦の上がり馬もおり、そこから勢力図をひっくり返すような馬が出てくる可能性はゼロではない。今年は牡馬、牝馬クラシックともに無冠に終わったノーザンFの動向も不気味だ。

世間が“1強”と注目するレースでは、自ずとマスコミもそこへ集中し、他の取材がおろそかになる。

例えデアリングタクトのような圧倒的人気馬が勝利したとしても、2、3着に人気薄が食い込み、結果的に万馬券、馬券的には大波乱決着になったレースは、過去にいくらでもある。

何より、昨年の暮れの有馬記念では、単勝1倍台のアーモンドアイがコケたことは記憶い新しいはず。競馬に絶対はないのだ。

弊社シンクタンクはリスグラシューから3連単5万7860円、3連複1万0750円、馬連2990円の◎◯の大本線でズバリ的中させているが、業界最高峰の確固たる情報力を有しているから、世間の“1強”ムードに惑わされることなどない。

『ブッツケ本番でデアリングタクトは大丈夫なのか』『逆転を目論む陣営がいるのか』などなど、秋華賞を攻略する上で重要となるポイントは、本物の関係者情報を掴んでいる弊社であれば的確にジャッジが可能。

今週は特別に秋華賞の関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる“情報馬注目5選”を無料公開する。秋のGI第1戦スプリターズSも無論的中、この情報も見逃す手はない!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 秋華賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク