【秋華賞2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、秋華賞に出走を予定しているウインマリリン、デアリングタクト、マルターズディオサ、リアアメリア、レイパパレの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

海外と地方ではすんなり結果が出ますが、中央は相変わらず波に乗り切れない週が続きます。

サウジアラビアRC予想結果

7着◎スペシャルトーク

京都大賞典予想結果

7着◎ダンビュライト

毎日王冠予想結果

6着◎トーラスジェミニ

地方と海外はある程度狙った馬でもしっかりと馬券に絡んできますが、中央はどこに印を打ってもダメ。不調期は年に1度は必ず訪れるので仕方ないといえば仕方がないかもしれませんが、G1が続く月に入ってしまったので、そろそろ何かきっかけを掴んで大波に乗りたいところ。

このままでは地方と海外の専業になってしまいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

秋華賞(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

秋華賞を無料で見る方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目
10/3 中京6R  1万5020円的中
9/26 中山11R  1万6480円的中
9/21 中京8R  5万2670円的中
9/20 中山8R  6万9540円的中
9/19 中京11R  17万8980円的中
9/12 中山10R  1万8400円的中
9/6  札幌11R  1万3890円的中
9/5  小倉11R  15万5240円的中

秋華賞を無料で見る方法

秋華賞一週前追い切り

ウインマリリン

一時は出走も危うかったが、何とか態勢を整えてここに駒を進めてきそう。よって現時点ではまだまだ走りは荒く、馬体もほぼ出来ていないというのが答えとなるが、しっかりと負荷をかけられている=体調面や脚もとに大きな問題はないと思いたい。

今回は外の馬の手応えが良すぎて軽く捻られてしまったが、息遣いが整いさえすればまた動きも変わってくるだろう。最終追い切りの内容に注目したい。

デアリングタクト

春は追い切りで特別動くようなタイプではなかったが、G1を2勝した事で馬に風格が出ており、休ませた事でひと回り馬体が成長した事で可動域の広さや脚捌きの力強さを感じるようになっている。

馬なりでまだまだ反応を確かめる程度だったので今回の動きだけでは何も判断は出来ないが、しっかりとスピードに乗れていた事や毛艶や馬体の張りが目立つ事など、どこを取っても悪い点は見当たらないので、久々でもしっかりと仕上がってくる事が予想される。

マルターズディオサ

動きはこれといって目立たないが、トモの張りだけはかなり目立っているので、少なくとも前走を勝ったダメージは皆無と思っていいか。ただ、馬なりだったとはいえ、調教パートナーにあっさりと前を譲ってしまった点は少し気になるので、もう少し前向きさが出て欲しいというのが本音ではある。

リアアメリア

この調教パターンは少し気になるが、今週は馬なりで折り合いを重視しての追い切りとなった。重くなった馬場に脚を取られる場面も見られるが、何とか気持ちをセーブして真っ直ぐ走れていたので、このまま上手く調整が進めば当日の距離も問題なく走ってくるだろう。

ただ、気になる点を挙げるなら少し線が細く見える点。おそらくこれは前走で走りすぎてしまった事が影響していると思うので、もしかすると当日はかなりギリギリの仕上がりになってしまうかもしれない。

レイパパレ

注目の無敗馬。単走追いではあるが、前に併せ馬を置く形だったので、実質3頭併せという形になるか。重い馬場に脚を取られるが、全体的な時計は非常に優秀で、馬体の張りや息遣いも良好。欲を言えば前の馬をもう少し積極的に追いかけるような追い切りが理想だったものの、終始馬なりでの内容なので、これはこれで決して悪い印象は受けない。

乗り役もかなり手応えを感じているようなので、出走出来れば馬券的にもレース的にも相当面白い事になるのではないだろうか。

予想オッズ

1 デアリングタクト 1.2
2 リアアメリア 4.9
3 レイパパレ 9.7
4 マルターズディオサ 15.7
5 ウインマリリン 15.8

ここは抽選組みが大きなカギを握っているレースなので、何とか抽選を突破してもらって出走にこぎつけてもらいたい。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 秋華賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の3歳牝馬路線を語る上で、絶対に外せない存在なのは、言うまでもなく無敗の2冠馬デアリングタクトだ。

桜花賞、オークスともに強烈な末脚を繰り出し、着差以上の強さを感じさせる内容。これまで牝馬3冠は史上5頭達成しているが、無敗でとなれば初めての快挙となる。

鞍上の松山のみならず、この馬で初めてGI制覇を成し遂げた38歳の若き杉山調教師、担当助手や厩務員など、あらゆる関係者にプレッシャーがかかる。

他陣営が『打倒デアリングタクト』で挑んでくるのは自明の理。春の2冠にも増して強まる包囲網を突破するのは、そう簡単な話ではない。

前哨戦の紫苑Sをマルターズディオサが、ローズSをリアアメリアが制したことで、春のクラシック組が優勢であることを証明。デアリングタクトの2冠の価値はさらに高まったとも言える。

だが、まだ未対戦の上がり馬もおり、そこから勢力図をひっくり返すような馬が出てくる可能性はゼロではない。今年は牡馬、牝馬クラシックともに無冠に終わったノーザンFの動向も不気味だ。

世間が“1強”と注目するレースでは、自ずとマスコミもそこへ集中し、他の取材がおろそかになる。

例えデアリングタクトのような圧倒的人気馬が勝利したとしても、2、3着に人気薄が食い込み、結果的に万馬券、馬券的には大波乱決着になったレースは、過去にいくらでもある。

何より、昨年の暮れの有馬記念では、単勝1倍台のアーモンドアイがコケたことは記憶い新しいはず。競馬に絶対はないのだ。

弊社シンクタンクはリスグラシューから3連単5万7860円、3連複1万0750円、馬連2990円の◎◯の大本線でズバリ的中させているが、業界最高峰の確固たる情報力を有しているから、世間の“1強”ムードに惑わされることなどない。

『ブッツケ本番でデアリングタクトは大丈夫なのか』『逆転を目論む陣営がいるのか』などなど、秋華賞を攻略する上で重要となるポイントは、本物の関係者情報を掴んでいる弊社であれば的確にジャッジが可能。

今週は特別に秋華賞の関係者情報と馬券候補が簡単に絞れる“情報馬注目5選”を無料公開する。秋のGI第1戦スプリターズSも無論的中、この情報も見逃す手はない!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 秋華賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク