【高松宮記念2020予想考察】穴馬・追い切り評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、高松宮記念に出走を予定しているアウィルアウェイ、クリノガウディー、セイウンコウセイ、ダイメイプリンセス、タワーオブロンドン、ノームコア、モズアスコット、モズスーパーフレアの一週前追い切りに関する記事を。

ダノンスマッシュなど有力馬の追い切り評価や本日浦和で行われる桜花賞に関しては既に更新済みです。

【高松宮記念2020有力馬追い切り評価、桜花賞予想】

高松宮記念穴馬一週前追い切り

アウィルアウェイ

頸や身体の使い方に違和感は感じられないが、脚が大きく流れている事が影響してか全体的な走りのリズムが悪く見える。最後は当然のように伸び切れずにバテており、息遣いを見ても本調子には程遠い出来か。最終追い切りに向けては課題しかない。

クリノガウディー

ダート馬のように力強く豪快な動きが目に付くが、トモは明らかに緩いので、馬体をもう少し絞ってくる必要はありそう。ただ、それでも身体を大きく使ってノビノビと自分のリズムで走れているので、調子に関しては決して悪くはないのでは。

セイウンコウセイ

少し刺さりながら走っている点やフォームが乱れる点など走りは見栄えしないが、前半からしっかりと負荷をかけられて最後まで集中して走れていた点は評価しておく。時計もこの馬なりに出せているので、終わりそうで終わらないというパターンは十分考えられる。

ダイメイプリンセス

今回もいつもの調教パートナーといつも通りの併せ馬。動きに関しても相変わらずで、バタバタとした走りとフォームの乱れが目につく。追われても全く反応がなく、いつものように相手に遅れを取ってフィニッシュとある意味全てが予定通りの追い切りだった。

タワーオブロンドン

馬のリズムを重視した緩い追い切りではあるが、頸と身体をしっかりと使った安定した走りはさすがG1馬という感じ。一度使われた事で馬にも活気が戻っており、馬体の張りをみても前走からの上積みは相当大きそうなので、ここもまず力は出し切ってくるのではないだろうか。

ノームコア

フォームは安定しているが、脚もとや馬体の硬さが目立っており、内面にも全くスイッチが入っていないこの馬らしからぬ追い切り。追われてからの反応もイマイチで、最後に楽な手応えの調教パートナーに並ばれてしまった点が今の出来を示しているか。普通に休み明けという仕上がりとなりそう。

モズアスコット

前走時も追い切りでは抜群に動いていたが、今回も一週前からそれと同じぐらい迫力のある動きを披露してきた。追われてからの反応も良く、脚を大きく前へ出して駆け抜ける姿は圧巻で、今回の動きをみる感じでは前走を使ったダメージは皆無と思っていいのでは。よって引き継ぎ怖さがある一頭と言えるか。

モズスーパーフレア

抜け出した時のスピードや動きはなかなか見どころがあるも、折り合いを気にせずに完全に自分の気分だけで走っている点を考えると、競馬に行って直線に入った時のイメージは何となく想像出来てしまう。トモの厚みが増した事やこの馬本来の硬さを考えるとダート替わりでそれなりの印を打ちたくなるが

最後に高松宮記念の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第50回 高松宮記念(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年のスプリンターズSの覇者タワーオブロンドンを筆頭に、グランアレグリア、ノームコア、ステルヴィオなどGI馬が多数名を連ねるだけでなく、スプリント戦線の主役を張ってきたダノンスマッシュ、アイラブテーラーやダイアトニックなど新興勢力も参戦と、今年は豪華な顔ぶれが揃うことになった。間違いなく見どころ十分の面白いレースになるだろう。

そうなると、必然的に馬券は簡単ではなくなる。まして注目度の高いGIになると、世の中に流れ出る情報も普段より格段に多い。しかし、その中で役に立つ情報はほんのひと握り。一般レベルで入手できる情報は、騎手や厩舎などトレセンで得られるものに限られ、マスコミのフィルターがかかったものとなる。そこに“本音”はほぼ存在しない。これを鵜呑みにしていては、的中が遠のくと言っても過言ではない。

しかも、今年は藤沢和厩舎はタワーオブロンドンにグランアレグリア、安田隆厩舎はダノンスマッシュとダイアトニックと、有力馬を2頭出しする厩舎が2つも存在する。そして、ドバイワールドカップデーと日程が重なるため、ルメール、川田ら有力馬の主戦騎手が不在で乗替りが起こる。当然、オーナーサイドの意向が関わっており、水面下では様々な思惑が蠢いている。こうした裏事情も、当然ながら表に出ることはない。

去年は449万馬券が飛び出たように、毎年、波乱傾向が強い高松宮記念。現役関係者は全て後輩にあたる元調教師、元騎手に、馬主やエージェントなど大物を情報ルートとして在籍している弊社シンクタンクが掴んでいる情報からすると、今年も波乱の可能性は「十分にある」とのこと。

現在、無観客で競馬が行われるような状況となってしまっているだけに、弊社シンクタンクとしても「競馬を盛り上げたい」との強い気持ちを持っている。その一環として、今週行われる高松宮記念の関係者情報及び【5頭の馬券候補】を特別に無料公開する。ぜひとも有効活用していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第50回 高松宮記念(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク