【高松宮記念2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、高松宮記念に出走を予定しているグランアレグリア、ステルヴィオ、ダイアトニック、ダノンスマッシュ、タワーオブロンドン、モズスーパーフレアの最終追い切りに関する記事を。

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着

先週の追い切り注目馬は1頭のみの公開となりましたが、ムイトオブリガードが惜しくも4着。今週はドバイが中止になっても重賞が大量なので、高松宮記念以外の記事も更新する予定です。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第50回 高松宮記念(GI)

有力ジョッキー不在で今年も大波乱!?

今年も自信の◎宣言!

仮に高松宮記念が的中しなければ1日1鞍渾身の予想を4/26まで完全無料配信!

高松宮記念注目すべき穴馬を無料で教えます!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

高松宮記念最終追い切り

モズスーパーフレア

先週同様に前半からスピード任せにガンガンと追われたが、長く追われても最後まで脚色は衰える事なく走り切ってしまった点には驚いた。もともと追い切りでは動くタイプではあるが、それでも時計は相当速かったので、小細工無しに自分の形で競馬が出来れば案外なくはないかもしれない。

ステルヴィオ

前に馬を置いて折り合いと実践を重視しての追い切り。相変わらず頭の高さと頸の可動域の狭さだけは気になるが、追い出しをギリギリまで我慢し、残り100m付近から追われるとそこから鋭い動きを見せて半馬身程先着。

久々を使われた事で明らかに中身も身体も別馬のようになっており、ラストの反応や伸びをみると全盛期の動きが戻ってきている印象を受けたので、この動き通りであればかなり怖さがある馬と言えるか。

ダノンスマッシュ

間隔を考慮されてか普段とは違った追い切りメニューを組んできた点は気になるが、動きに関しては相変わらず素軽く軽快だった。こちらが想像した以上に負荷はかけてこなかったが、身体を大きく使ってノビノビと走れているので、一応しっかりと仕上がったと思っていいのでは。

ただ、良くも悪くも前走から動きに大きな変化は感じられないので、上積みだけはあまり期待しない方がいいか。

グランアレグリア

先週に比べてある程度身体全体が詰まった点はプラスで、胸周りもふっくらとしていて線の細さも感じられない。馬なりだった事もあるが、手応えにもまだまだ余裕があったので、追えばもう少し弾けるような動きになった可能性は高かったのではないだろうか。

ただ、先週の追い切りと総合すると少し馬体の維持を意識された感じもするので、今回の追い切りは個人的に見ると半信半疑という評価としたいが果たして。

タワーオブロンドン

この馬にしては珍しく道中は力んで走っていた点は非常に気になるが、一応先週同様に馬なりでリズムを刻みながら自分のペースで走れてはいるので、先週追われた事で馬にスイッチが入ったと解釈すればそこまで悪くは思わない。

最後まで我慢を利かせて走れており、馬体の引き締まり具合をみても前走を使われた上積みはそれなりに大きいと思うので、ここは本来のこの馬の走りがみられる可能性は高そう。

ダイアトニック

先週の内容が内容だったので気持ちの面での不安はあったが、道中はしっかりと折り合って最後まで脚を溜める事が出来ているので、こちらが考えている以上に賢い馬なのかもしれない。ただ、今回の追い切りにはこれといって中身はないので、先週の一週前が本番だったのだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

評価が難しいが、一週前と総合して考えれば動きではこの馬が一歩リードといった感じか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第50回 高松宮記念(G1)>

春のスプリント王決定戦に
激走穴馬出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で優勝したのはビックアーサー、ロードカナロア、キンシャサノキセキの3頭のみ。短距離界の王者が人気に応えているが1人気が人気を裏切るケースも多く、荒れるGIレースでもある。上位人気馬が総崩れする事はないが過去10年でも、セイウンコウセイ(19年12人気2着)・ショウナンアンセム(19年17人気3着)、ナックビーナス(18年10人気3着)、ハクサンムーン(13年10人気3着)、アーバニティ(11年11人気3着)などの二桁人気馬の伏兵が馬券圏内に好走し波乱の立役者となっている。

前哨戦、オーシャンS上位組からはダノンシュマッシュ、タワーオブロンドン、ナックビーナス、シルクロードS組ではアウィルアウェイ、モズスーパーフレア、ナランフレグ、セイウンコウセイ、阪急杯組ではダイアトニック、ステルヴィオ。阪神Cで他馬をぶっち切ったグランアレグリア、昨年のヴィクトリアマイルの覇者ノームコアやデビューから7戦連対率100%のアイラブテーラーなどが参戦。昨年のスプリンターズSを制したタワーオブロンドなど今年はGI馬5頭がスタンバイ。

直近5年で3度的中の高松宮記念だが競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!昨年も馬連だけで375万3000円を獲得したGI勝負だが、競馬セブンがGI勝負に強い理由は各専門分野「騎手情報」「馬主情報」「馬産地情報」「栗東情報」「美浦情報」など専門分野に特化した馬券情報・関係者情報を入手しています。こういった競馬セブンだからこそ入手可能な馬券情報が、GI勝負においても決め手となるのです。春競馬GIシリーズ第一弾となる高松宮記念も、競馬セブンの関係者情報に大きくご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク