【高松宮記念2022予想】本命ロータスランド

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、高松宮記念の予想を。レシステンシア、グレナディアガーズ、サリオス、ジャンダルム、ダイアトニック、メイケイエール、ロータスランドなどが出走する芝1200mのG1レース。

2022年3月27日(日曜) 2回中京6日
第52回高松宮記念GⅠ
4歳以上 オープン(国際)(指定)
コース:1,200メートル(芝・左)

なお、高松宮記念の勝負度、買い目付きフル予想を含め、日曜の勝負レース、海外で行われるドバイワールドカップデー(ワールドカップ、ターフ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーン)の予想はnoteで公開しています。

【高松宮記念2022予想他】3月27日勝負レース

先週からの連勝、連勝、また連勝を期待した土曜は中京メインの名鉄杯で馬連1,490円、馬単2,230円が4点で的中するも、めちゃくちゃ欲しかった3連系を後一歩で逃してしまい、連勝ならず。

日経賞は一番重要な馬が出遅れ、そしてクレッシェンドラヴが痛恨の4着と一言持っていない一日でした。

中山はやはり展開、馬場は完全に読めており、評価した馬が上位に入選している事を考えると少し勿体ない気もしますが、これを含めての競馬なので仕方なしでしょう。

予定では土曜でも大きくプラスを出して日曜に全力、という流れでしたが、傾向はしっかりと引き継がれていますので、明日は先週同様に勝負の一日となります。

なお、こちらも大きく勝負したいドバイですが、現時点では買いたい馬、上位評価している馬が想像以上の人気薄ですので、一つでもガツンとハマれば祭りのスタートとなりそうです。

では、今日も本題の予想の前に有力馬などのポジティブポイント、ネガティブポイントなどから触れていきます。

有力馬ポジティブポイント、ネガティブポイント

グレナディアガーズ

・前走の阪神Cを力の違いで勝利。
・過去に重賞で2着に入線した中京コース替わり。
・休み明けでの競馬。
・初の1200m戦。
・前走は鞍上の腕あっての好走?
・乗り替わり。
・ペースが流れた時に前半で極端に置かれてしまう可能性あり。

サリオス

・前走でハイレベルなレースを経験。
・皐月賞、ダービー2着という実績はここに入れば上位。
・休み明けでの競馬。
・初の1200m戦。
・ここまでのレース内容を見ると距離短縮には疑問が残る。
・初の中京コースでの競馬。
・完全人気先行タイプと馬券的な旨味もなし。

ジャンダルム

・前走で待望のスプリント重賞制覇と勢いあり。
・最も手の合う鞍上が引き続き手綱を取れる。
・前走はコースが合っていての好走。
・よって今回のコース替わりはプラスとは言えない。
・出遅れ癖あり。
・前走から大幅相手強化。
・年齢的に前走からの上積みには期待は持てない。

ダイアトニック

・前走は相手は緩かったが、内容的には完勝。
・今年に入って徐々に復調気配感じる。
・去年3着に入線した相性の良いコースでの競馬。
・負荷のかかる競馬を好む、混戦向きのタイプ。
・年齢的に前走からの上積みには期待は持てない。
・徐々に前半の行きっぷりが悪くなっている点からするとペース次第では前半で置かれてしまう可能性も。

メイケイエール

・強い勝ち方をした前走と同じコースでの競馬。
・重賞2勝を含め、3勝をあげている1200m戦での競馬。
・引き続き手の合う鞍上が手綱を取れる。
・常に内面に大きな爆弾を抱えての出走。

レシステンシア

・1.3.0.0と一度も崩れた事のない1200m戦での競馬。
・去年2着に入線している相性の良いコースでの競馬。
・常に上位には食い込んでくるも、G1では勝ち切れない事が多い。
・前走はある意味棚ぼたのような結果?
・休み明けでの競馬。
・同型との兼ね合い。

今の馬場、例年のレース傾向から浮上する馬は?

去年は差し、追い込み馬が上位を独占したが、どちらかといえば先行馬が有利なレース、そして今の中京の馬場を考えると今年も先行馬が有利なレースになりそう。

ただ、今年はメイケイエール、グレナディアガーズの位置取りが大きなカギを握っているレースっぽいので、メイケイエールが暴走、グレナディアガーズが先行するような展開になるならダノンスマッシュ、グランアレグリアのような決め手がある馬が直線だけの競馬で全頭まとめて面倒を見てきそうな気も。

どちらにしても今年はヤマを張って読みがバシッとハマれば、という買い方をしてみたい。

では、これらのポイントを参考に本題の予想へ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

レシステンシアに死角あり!

今年の高松宮記念はアノ人気薄が激走する!

【高松宮記念注目穴馬】

馬券候補が一気に絞れる!
これまでも数々の好走馬を抜擢!

弥生賞情報注目馬5選

③リューベック
⑥ボーンディスウェイ(9人気)→3着
⑦ドウデュース(1人気)→2着
⑨インダストリア
⑩アスクビクターモア(3人気)→1着

オーシャンS情報注目馬5選

①マリアズハート
②スマートクラージュ
⑦ジャンダルム(2人気)→1着
⑩ナランフレグ(4人気)→2着
⑭ビアンフェ(5人気)→3着

アナタの使い方次第で高配当も狙える!

【高松宮記念注目穴馬】

高松宮記念

◎穴ロータスランド

今回が初のスプリント、初の中京コースと不透明な部分は多いが、関屋記念や京都牝馬ステークスで見せたスピード、そしてここまでの左回りでの競馬を見ていると中京のスプリント戦は非常に合いそうな印象を受けるので、韋駄天不在の今年の高松宮記念であれば力は通用すると判断。

その前走の京都牝馬ステークスでは内と前が圧倒的に有利なレースだったとはいえ、ハンデ56キロを背負って2着以下を楽に千切った内容には見どころがあり、スピードが求められる展開でパフォーマンスを上げてきた点からすると更に距離が短くなる今回は当然不安よりも期待の方が大きいので、前走のようにすんなり先行する形に持ち込めば今の馬場であればバタッと止まるような事もないのでは。

ここまで相手強化のレースでは結果を残せていないものの、2走前のマイルチャンピオンシップでは鞍上の消極的な競馬に加え、勝負所で進路が狭くなる不利があっての結果、3走前の富士ステークスでは圧倒的に差し、追い込み馬が有利な展開とどちらのレースも言い訳の出来る敗戦となっており、実際に力を出し切った関屋記念でソングラインを下して勝利している事を考えると、今回の相手で力が足りないという事はあり得ないので、2戦2勝と手の合う鞍上が手綱を取れるここは人気的にも絶好の狙い目になりそう。

レシステンシア

前走の香港スプリントでは落馬があっての棚ぼたのような結果ではあったものの、それでもレベルの高い香港の1200m戦で好走に持ち込んだのは嫌でも評価せざるを得ないので、強力なスプリンターが不在となる今年のメンバーであればさすがに力は上位の存在と言える。

ただ、血統的に上積みに期待が持てそうにない点からすると去年よりもパフォーマンスを上げてくる可能性は低い気もするので、若さ、もしくは勢いがある馬に足もとをすくわれてしまうパターンは案外高い気もするが果たして…。

グレナディアガーズ

本馬も今回の1200m戦は初となるが、ここまでの1400m戦の競馬、レース内容を見ると距離が短くなるのはプラスに転ぶ可能性が高いので、展開、ペースが上手く噛み合えば直線で全頭まとめて面倒を見るシーンが見られても驚けない。

最強ブログランキングへ

もう一頭穴を挙げるとすれば前走で相手強化のレースを全く問題にしなかった本馬の激走が怖い。

シヴァージ、トゥラヴェスーラなど、例年この手のタイプが上位に食い込んでくるレースでもあり、今回は人気薄の割にはコース、距離、馬場と走る条件は揃っているので、後は更なる相手強化に対応出来れば今年は本馬の上位食い込みにも期待が持てるのでは。

◎ロータスランド
〇レシステンシア
▲グレナディアガーズ
最強ブログランキングへ

なお、こちらの高松宮記念の勝負度、買い目付きフル予想を含め、日曜の勝負レース、海外で行われるドバイワールドカップデー(ワールドカップ、ターフ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーン)の予想はnoteで公開しています。

【高松宮記念2022予想他】3月27日勝負レース

土曜に触れたように日曜は傾向が掴めている+買いたいレースが多い事もあり、いつも以上に数を打ちます。

なお、今日も一本先週と同じくいつも以上に自信ありのレースがありますので、週単位での3月無敗を達成出来る大チャンスとみる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第52回 高松宮記念(GI)>

レシステンシアを脅かす
隠れ穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の平均配当は馬連6470円・3連複 9万5100円・3連単50万0170円。馬連3桁配当は3度、馬連万馬券は2度。3連単10万馬券以上は2度、3連単最高配当は449万7470円。大波乱になるケースもある。

過去10年の上位人気別の成績は1人気【2.1.3.4】2人気【3.4.0.3】3人気【2.2.2.4】。1人気で優勝したのはビッグアーサー、ロードカナロアの2頭のみ。1人気が人気を裏切るケースが多く荒れるGIレースでもある。上位人気馬が揃って馬券圏を外したのは1度のみ。二桁人気の伏兵馬ではセイウンコウセイ(19年12人気2着)・ショウナンアンセム(19年17人気3着)、ナックビーナス(18年10人気3着)、ハクサンムーン(13年10人気3着)などの伏兵馬が馬券圏内に好走し波乱の立役者となっている。

ステップレース別の成績ではシルクロードS(4勝)・阪急杯(3勝)・海外(2勝)・オーシャンS(1勝)。前哨戦のシルクロードS・阪急杯が主力。年齢別の成績では4歳馬【3.2.4.30】5歳馬【5.2.3.36】6歳馬【1.6.3.34】7歳上【1.0.0.50】。5歳馬(5勝)の活躍が目立つ。6歳馬から勝ち馬は1頭のみも2着6回と連対率では5歳馬に続く。7歳上は1勝のみで苦戦。高齢馬は厳しい。枠別では内枠(1~3)が5勝(2着3回)、中枠(4~6)が3勝(2着4回)、外枠(7.8)が2勝(2着3回)。内枠がやや有利も1枠から馬券圏の好走馬が出ていない。

今年は昨年の2着馬レシステンシアが出走。昨年のスプリントGIは連続2着、3歳時も桜花賞・NHKマイルC2着などあと一歩と届かず涙を呑んでいるが、阪神JF以来となるGI制覇に挑む!今回のメンバーならGI・2勝目のチャンス到来!?その他では20年皐月賞・ダービー2着のサリオス、20年の朝日杯FSの覇者グレナディアガーズ、前哨戦、阪急杯の勝ち馬ダイアトニック、シルクロードSの勝ち馬メイケイエールなどがスタンバイ!

競馬セブンでは波乱の立役者となる人気薄の「隠れ穴馬」の激走情報を極秘入手済!「隠れ穴馬」が馬券に絡めば好配当必至!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『高松宮記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク