【宝塚記念2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているマカヒキ、キセキ、スワーヴリチャード、レイデオロ、リスグラシューの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

なかなかヤバいメンバー構成となりましたが、一応下半期最後のG1となりました。

HTB賞予想結果

3着◎オーパキャマラード

馬連しか持っていなかったのでハズレ。

水無月ステークス予想結果

※本命馬取り消し

米子ステークス予想結果

4着◎コスモイグナーツ

函館SS予想結果

7着◎サフランハート

急遽の本命変更も全くダメ。

ユニコーンS予想結果

10着◎ニューモニュメント

割と自信があったレースですが真逆の展開になってしまい万事休す。

先週は想定外の取り消しラッシュがあり印をかなり変更したレースもありましたが、それにしてもいいところがありませんでした。今週は海外とG1もありますので、特別レースと障害レースはとりあえず保留にしてこの2つのレースを全力でとりにきます。

流れが向いてきたと思ったところでまたまた流れが悪くなりそうですが、今週、来週とがっつりと買いたい馬がいるので、何とかここで立て直して好調の状態で夏競馬に入りたいと思っています。

宝塚記念一週前追い切り

マカヒキ

先週とは違って坂路で負荷をかける追い切り。一応自分のリズムで走らせているが、自然と馬が反応して徐々に加速する。フォームやリズムは抜群で、ここに可動域の広さが戻れば態勢は整うだろう。ただ、良い頃と比べるといくらか硬さがあり、脚の回転も多少鈍く感じるので、ここが年齢的な衰えと考えるか、それとも単純な変化と考えるか。どちらにしても以前のような素軽さが目に付くようなタイプではない。

キセキ

相変わらず頸の可動域が狭く頭の高さが気になってしまうも、これはいつもの事なので大きく割り引くような事はしない。全体的な動きとしては悪くは感じないが、明らかに馬体に余裕があり、その影響で脚捌きが鈍く感じてしまう。スピードに乗れていない訳ではないが、いつも以上にパワー寄りに出過ぎている印象を受けるので、この辺りはもう少し改善が必要となるだろう。一応身体は使えてはいるが、可動域ももう少し広くなるタイプなので、最終追い切りの変わり身に期待したい。

スワーヴリチャード

ドバイ以来の実戦となるので仕上がりが最も気になる一頭。今回は一週前からデムーロを乗せての追い切りとなった。いつものように頭が高く、非常に癖の強い走りではあるが、身体に余計な力は入っておらず、これでもかなりリラックスして走れている部類に入るだろう。

折り合いもしっかりとついていて、馬なりで調教パートナーに並びかけるとあっという間に抜き去って余裕の手応えで突き抜けた辺りが調子の良さを感じさせるが、いつものダイナミックで荒々しい動きではなかった点がレースにいってどう影響するか。ここ2.3走の追い切りをみる感じでは悪い意味で馬が大人しくなってしまった印象を受けるので、最終追い切りでは以前のように身体を大きく使った豪快な動きをみたいというのが個人的な感想。

ただ、馬体の張りなどからすると海外遠征の疲労はそこまで感じられないので、後は内面にスイッチが入れば面白いのでは。

レイデオロ

前走の反省を活かして折り合いを重視した追い切り。前に馬を置いて追いかける形になったが、今週はしっかりと我慢が利いていた。終始自分のリズムでリラックスして走れており、身体全体に無駄な力も入っていない。コメントからするとおそらく今週も同じようなメニューを組まれると思うが、一応調教パートナーに馬体を併せて最低限の負荷はかけられているので、同じくサラッと追われるだけで仕上がりはするだろう。

気になるのはドバイのダメージになるが、馬体の張りを見る限り全く枯れた様子は感じられないので、普通の休み明けとしての扱いでよさそう。

リスグラシュー

坂路での併せ馬となったが、道中は気持ちが入りすぎていて行きっぷりが半端ない。一応引っ掛かるようなことはなく抑えは利いていたと言っているが、正直内面はギリギリ。それ以上に気になるのは身体の線の細さで、胸やトモがかなり寂しく感じる点は減点せざるを得ないだろう。

おそらく馬体を気にして今週は強くは追ってこないと思うが、動き以上に馬体を戻す事が先決なだけに最終追い切りではまずこの辺りに注目したい。

予想オッズ

1 キセキ 3.1
2 レイデオロ 3.4
3 リスグラシュー 5.1
4 エタリオウ 6.5
5 アルアイン 6.7

1人気は少し難しいがG1で安定した成績を残しているキセキ。前走からの上積みも期待されてこの馬が1人気になると思うが、おそらくレイデオロもそう大きな差はない人気に支持される事になるのでは。前走のドバイは見せ場なく敗れているが、日本では全く崩れない馬なので今回のメンバーであればさすがに極端に人気が落ちる事はないとみる。

リスグラシュー、エタリオウも連ベースではかなり売れると思うが、勝ち切れないタイプなので単勝は3,4番人気程度に収まるのでは?と予想する。

最後に宝塚記念の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

明らかに今回の舞台設定はこの馬に合っているので、現時点では最も勝利に近い存在だと思っています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第60回 宝塚記念(G1)

毎回高確率で馬券になる
「宝塚記念はこの5頭!」
元調教師が無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外という選択肢が増え、ノーザンファームを筆頭に大手生産者グループの使い分けなどの事情により、GIにしてはメンバーが寂しくなるレースもしばしばある。しかし、今年の宝塚記念は、ファン投票1位のアーモンドアイの出走こそないものの、レイデオロ、キセキ、アルアインと言った投票順位上位の馬達も参戦を予定し、メンバーの半数近くがGI馬と中々のメンバーが顔を揃えることになった。その分、馬券的な面白さは増大、ひと筋縄ではいかないレースとなった言えるだろう。

そもそも、近年の宝塚記念は1番人気が4連敗中であり、去年のサトノダイヤモンドは6着、一昨年はキタサンブラックまで9着に敗れており、世間では軽視されがちな“伏兵”の一発がよく見られる。去年は10番人気の本命ワーザーから馬連9200円的中を仕留めているが、勝ったのも7番人気ミッキーロケットと人気薄同士での決着。香港馬の確かな情報は世間一般の人間が入手することはまず不可能であり、シンクタンクの情報力が大きく発揮されたレースと言えよう。

実は、伏兵が台頭し続ける近年でも、勝ち馬を見るとある共通点が浮かび上がる。それは、勝ち馬が全てノーザンファーム生産馬ということ。今年もレイデオロ、アルアインといった有力馬を送り込むだけに、その思惑が重要なポイントの1つとなることは間違いない。

しかし、その思惑を知ることは、トレセン内の取材だけでは困難。リーディングの常連、池江泰寿調教師が今の競馬を「良いセンタリングを上げるのが牧場、シュートを決めるのが厩舎」と例えていたとの話があるが、“外厩仕上げ”が当たり前となっているにも関わらず、外厩は一般マスコミにとって取材外の範囲なのだ。一方、早くから外厩の重要性に注目していたシンクタンクは、外厩情報ルートを強化し続けており、その筋からの情報もしっかりと入ってきている。

無論、競馬は『外厩情報を知っていれば的中する』という短絡的なものではないから、これまで通り騎手、厩舎からもしっかりと話は聞き出し、馬主情報の入手にも余念はない。北海道シリーズが始まり、そちらに人員が割かれて人手不足にあえぐ一般マスコミとの差はますます大きくなっている。だからこそ、去年も馬連9200円の高配当的中をお届けすることができたのだ。

実は、今年も“人気の盲点”となるであろう馬を既にマーク済み。この馬が高配当の肝となることだろう。そこで、今週の宝塚記念では、この馬を含めた【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。その他にも、ホームページ内【GI特集】にて馬券的中に役立つ情報を多数公開する。馬券を買うなら必見の情報ばかり、コレはお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第60回 宝塚記念(G1)

毎回高確率で馬券になる
「宝塚記念はこの5頭!」
元調教師が無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク