【宝塚記念2020予想考察】穴馬 最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているトーセンスーリヤ、ダンビュライト、スティッフェリオ、モズベッロ、キセキ、アフリカンゴールドの最終追い切りに関する記事を。

その他の有力馬の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着
コントレイル 1人気1着
ボスジラ 4人気9着
ラヴズオンリーユー 1人気2着
ダノンキングリー 5人気7着
センテリュオ 2人気2着
サトノアーサー 1人気6着
エイティーンガール 5人気7着
カフェファラオ 1人気1着

宝塚記念の穴馬3頭

宝塚記念(G1)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

宝塚記念の予想を無料で見る

宝塚記念最終追い切り

アフリカンゴールド

相変わらず頭が高く、頸の可動域の狭さが目に付く。脚もとの硬さに関してはいくらか改善されているものの、脚を出すタイミングがバラバラで、身体の使い方もあまり上手いとは言えない。全体的に線も細く見えるので、G1でこの出来なら積極的に手を出したいとは思わない。

キセキ

動きに柔らかさがあるのでフォームも適度に沈んでいる。頸の可動域は先週の方が広く見えたが、それでも脚を出すタイミングはかなり良く見えた。

やはり過去のこの馬の動きとの比較になると全くの別馬に見えてしまうので、この点がプラスに転べばいいが、個人的には怪しさが上回るというのが最終的な答えとなる。いつも以上に身体の使い方も小さく見えるだけに、やはり多少の衰えはあるとみるが。

トーセンスーリヤ

馬場の真ん中を力強いフットワークで駆け抜け、最後まで集中してしっかりと走り切る。頸の使い方が荒い感じもするが、逆にその動きが影響して全体的に迫力が増しているだけに、これはこれでプラスと捉えたい。

モズベッロ

フォームが崩れて見える点はいつもの事だが、飛説をぐーんと伸ばして力強く走る姿はなかなか見栄えする。トモや肩もパンパンに張っており、頸と脚を出すタイミングが合わない割には動きに迫力を感じられるので、この動きなら天皇賞と同じぐらいの出来での出走になるのでは。

さすがにこの中に入れば地味な動きに見えるが、それを差し引いて考えても怖さはあるだろう。

スティッフェリオ

もう少し動きが変わってくると思ったが、先週から大きく動きや馬体は変わらずといった感じなので、全体的に地味な追い切りとなっている。追われた後の反応の悪さ、馬体の緩さからすると少なからず天皇賞を激走したダメージはありそうなので、前走からの上積みには期待は持てないのでは。

ダンビュライト

活気があって気分良く走れてはいるが、全体的に力強さやスピード感には欠けている。脚が流れる事で最後までフォームがバラバラになっており、追われた後の反応が悪く感じたのもフォームの乱れが原因と言えるか。

最後に追い切り注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第61回 宝塚記念(G1)>

GI馬8頭出走のグランプリに
隠れ穴馬出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はファン投票1位のアーモンドアイが不在だが天皇賞春を連覇したフィエールマン、昨年の皐月賞馬サートゥルナーリア、大阪杯を制しGI3勝目を挙げたラッキーライラック、香港ヴァーズで初GI制覇を果たしたグローリーヴェイズ、昨年の秋華賞馬クロノジェネシス、18年ダービー馬ワグネリアン、18年有馬記念の覇者ブラストワンピース、17年菊花賞馬キセキなどのGI馬8頭がスタンバイ!豪華メンバーが揃う春のグランプリ!

過去10年、単勝1倍台の圧倒的人気だった3頭、17年キタサンブラック(単1.4[9]着)、16年ドゥラメンテ(単1.9[2]着)、15年ゴールドシップ(単1.9[15]着)も敗戦。1人気で優勝したのは12年オルフェーブル(1人気[1]着)、14年ゴールドシップ(1人気[1]着)6冠馬の2頭のみ。また、15年には1着ラブリーデイ(6人気)、2着デニムアンドルビー(10人気)、3着ショウナンパンンドラ(11人気)での決着となり3連単では52万8510円の大波乱となっている。

過去10年の世代別の成績では4~6歳馬から優勝馬が出ている。中でも6勝2着5回と11頭の連対馬が出ている5歳馬の活躍が目立つ。昨年のリスグラシュー(牝5)、一昨年ミッキーロケット(牡5)、17年サトノクラウン(牡5)、16年マリアライト(牝5)、15年ラブリーデイ(牡5)、14年ゴールドシップ(牡5)と6年連続で5歳馬が優勝している。7歳以上の高齢馬は馬券圏の好走は1頭のみと苦戦。

“夏は牝馬”の格言どおり牝馬の活躍が目立つ。優勝したのは昨年リスグラシュー、2016年のマリアライトの2頭のみだが、馬券圏の好走は過去10年で7頭が好走している。今年はラッキーライラック、クロノジェネシスのGI馬が出走するが馬券圏に好走することは出来るのか!?

18年は◎ワーザー(10番人気)から馬連9200円ズバリ的中!一撃で92万円獲得した春のグランプリレース!

今年はGI馬8頭が出走する豪華メンバーが揃うが、競馬セブンが極秘入手して関係者情報では「有力馬に不安情報」「人気の盲点となる人気薄確実な穴馬の激走情報」を独占入手済!波乱が多いグランプリレースだが、今年も波乱の立役者となる隠れ穴馬の存在が!週末情報は必見です!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『宝塚記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク