【宝塚記念2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているラッキーライラック、ワグネリアン、ブラストワンピース、サートゥルナーリア、グローリーヴェイズ、クロノジェネシスの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着
コントレイル 1人気1着
ボスジラ 4人気9着
ラヴズオンリーユー 1人気2着
ダノンキングリー 5人気7着
センテリュオ 2人気2着
サトノアーサー 1人気6着
エイティーンガール 5人気7着
カフェファラオ 1人気1着

先週の追い切り注目馬はカフェファラオが人気に応えて勝利。これはかなり奥もありそうな感じがするので、古馬とぶつかるのが楽しみで仕方ありません。

ただ、馬券は勝負こそしていないとはいえ、かなりイマイチの週となってしまったので、今週は得意の宝塚記念でがっつりと勝負したいと思います。

宝塚記念の穴馬3頭

宝塚記念最終追い切り

ラッキーライラック

先週ビッシリとやっているので今週は終い重視の軽めの追い切り。一応単走だったが、前に他の厩舎の馬がいた事もあって、その馬を目標に追いかける方となったが、身体を大きく使って力強く伸びた姿は圧巻の一言。

少し発汗は気になるが、気合乗りも上々で、馬には完全にスイッチが入ってると思っていいのでは。これはまず好調とみる。

ブラストワンピース

こちらも先週である程度仕上がっていたので、今週は軽く流す程度の追い切り。それでも直線で楽な手応えのまま弾け、終始手綱を持ったまま調教パートナーに併入と動きはパワフルで力強い。

追われてからの反応も素晴らしく、適度に軽さが出た事は大きなプラスに転ぶのでは。こちらもまず好調とみた。

サートゥルナーリア

馬なりだったが、迫力のある力強い動きが目に付く。先週余裕が感じられた馬体もかなり引き締まっており、脚を付け根から出して大きく走る姿は本当に素晴らしくみえた。

乗ってからのスピード、無駄のないフォームからしても完全に馬は出来ているので、これは休み明けでもエンジン全開だろう。

クロノジェネシス

3頭併せで折り合い面を意識した追い切り。少し頭は高いが、可動域は決して狭い訳ではない。最後までほぼ持ったままで加速してリズム良く駆け抜けていく姿はなかなか見どころがあったが、それ以上に馬体以上に動きが大きく見える点には好感が持てた。

ただ、良くも悪くも以前から馬体や動きに大きな変化が見られないので、個人的にこの変化を感じない点はマイナスとみる。

ワグネリアン

可動域の広さは変わらずも、キビキビとした活気のある動きもそれなりといった感じで、脚の回転の速さやスピード感に大きな違いが出た事はプラスと言えるか。

走りに無駄がない割にはフォームが綺麗に見えない点がネックも、もともと追い切りで派手に動くタイプではないだけに、これはこれで良しとしておきたい。よってこの馬のなりに動けている部類に入るだろう。

グローリーヴェイズ

先週はそれなりに動けているように見えたが、今週は追われてからの反応がイマイチで、最後の伸びも一息。脚の回転が速い割にはスピードにも乗れていない印象で、何より動きに迫力を感じられない点が一番の減点ポイントと言えるか。

一週前追い切りと総合して考えるとまずまずという評価になるが、今週だけの追い切りを見るとピークには持って来れなかったという評価となる。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

明日後半を更新します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第61回 宝塚記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年もファン投票1位のアーモンドアイは不出走だが、GI馬8頭が顔を揃える豪華なメンバーとなった。

見どころ十分な一方で、馬券はひと筋縄ではいかないと言えよう。実際、宝塚記念は1番人気が5連敗中と、世間的には“難解”なレースとなっている。

◎○大本線的中となった去年は3番人気リスグラシューが勝利したが、10番人気の本命ワーザーから馬連9200円的中を仕留めた一昨年は7番人気ミッキーロケットが勝利し、2017年は3番人気サトノクラウン、2016年は8番人気マリアライト、2015年は6番人気ラブリーデイと、伏兵の一発がしばしば起こっているのだ。

実は、この伏兵5頭には共通点がある。いずれもノーザンファーム生産馬であると言うことだ。GIを席巻するノーザンファームだけに、近年の宝塚記念でも人気となる馬が多数出走している。去年はレイデオロが2番人気、一昨年ではサトノダイヤモンドが1番人気で、どちらも着外に終わっている。

GIともなれば、ライトな競馬ファンの買いが増えるが、ましてや宝塚記念はファン投票があるだけに、危険な人気馬を生みやすい状況が整っているのだ。

今年はコロナの影響で、海外遠征が叶わず、ノーザンファームも使い分けがしづらい状況もあってか、GI馬の大半がノーザンファーム関連馬。やはり、この思惑を把握せずして、馬券攻略をするのは困難と言えよう。

しかし、思惑を掴むには、あらゆる関係者と太いパイプを持ち、確かな情報を入手できる立場にいる者でなければならない。それこそ、創業25年以上を誇り、業界最高峰の情報ルートを構築してきた、弊社シンクタンク他ならない。

現在、グランプリレース(宝塚記念、有馬記念)は4戦連続的中、しかも3戦続けて◎○大本線決着で万馬券的中と、シンクタンクにとって大得意とするドル箱。宝塚記念も的中に向けて抜かりない準備を進めている。

今週は特別も特別、宝塚記念の弊社が独占的に掴んだ関係者情報を含め、馬券候補がカンタンに絞れる【情報注目馬5選】を無料公開する。その他にも、ホームページ内【GI特集】にて馬券的中に役立つ情報を多数公開する。今年の宝塚記念を的中させたければ、見逃す理由はないはずだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第61回 宝塚記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

 

スポンサーリンク