【宝塚記念2021予想考察】穴馬・最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、宝塚記念に出走を予定しているアドマイヤアルバ、カデナ、ミスマンマミーア、ユニコーンライオンの最終追い切りに関する記事を。

宝塚記念の買い目、勝負度付きフル予想や、TV土曜、日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【宝塚記念,TVh賞2021予想他】6月26,27日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース宝塚記念!

1人気が6連敗中…今年はアノ穴馬が激走する!

【宝塚記念注目穴馬】

宝塚記念最終追い切りその2

アドマイヤアルバ

胸が狭く脚は流れるが、キビキビとした躍動感のある動きはそれなりに目に付いている。ただ、頸差しのラインが前走以上に硬くなっており、最後の手応えを見ても動きに余裕を感じられない点はそれ相応の割り引きが必要になってくると思うので、出来だけを見てもG1でどうこうというレベルではない気もするが…。

カデナ

レース間隔は詰まっているが、長めからしっかりと追われて負荷をかけてきたので、追い切りの内容的に前走から出来が落ちたという事は考えられず、むしろ反応の良さや終いの伸びを見るとここにきてグングンと調子を上げてきている印象すら受けるので、ここをしっかりとピークに持ってこれたと思っていいのでは。

とにかく使っても馬体が全く枯れていない点が素晴らしく、トモの張りや毛艶の良さ、そして脚捌きの軽さとどこを取っても前走以上なので、この出来なら普通に大物食いに期待するのも悪くはないだろう。

ミスマンマミーア

今週も決して目立つ内容、追い切りではなかったが、癖を出す事なくきっちりと最低限の追い切りを消化出来ている点からすると一応走れる態勢は整えてこれたと思っていいか。

ただ、数週間の追い切りを見ても全く変化が感じられないので、それだけ負荷をかけられていないという事は出来も馬体もそれだけギリギリなのだろう。

ユニコーンライオン

最終追い切りは坂井騎手を背に坂路で併せ馬という内容。中2週が続いている割にはしっかりと負荷をかけてきている印象で、これだけ続いて追えるという事はそれだけ高いレベルで出来が安定しているという事になるので、前走を勝った勢いそのままに今回も、というパターンもなくはなさそう。

終いの動き、脚捌き、そして馬体とどこを取っても良い意味で前走から変わった様子は感じられないので、後は距離さえ持てば案外やれてもいい気もするが。

最後に追い切り注目穴をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

天候に左右されそうな点は気になるが、この出来であれば一撃に期待が持てそうな一頭。

なお、宝塚記念の買い目、勝負度付きフル予想や、TV土曜、日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【宝塚記念,TVh賞2021予想他】6月26,27日勝負レース

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第62回 宝塚記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年の競馬は世界的に牝馬の活躍が目立つが、日本ではその傾向が顕著になっている。

去年から芝の古馬GIはアーモンドアイ、グランアレグリア、クロノジェネシスらといった面々が牡馬を撃破し、ほとんどのタイトルを持っていくことになった。

アーモンドアイがターフを去った今年も、レイパパレが大阪杯を制し新たなスターホースが誕生。牝馬の勢いは留まることを知らないと言っても過言ではない。

今年の宝塚記念でも昨年の覇者クロノジェネシス、無敗の新星レイパパレ、無冠の女傑カレンブーケドールと、有力馬として牝馬の名が並ぶ。2年連続で牝馬が優勝しているレースの潮流も無視することはできない。

しかし、競馬に絶対がない。

連覇を狙うクロノジェネシスは去年と違って海外帰り、しかも主戦の北村友騎手が乗れずという状況。さらに宝塚記念連覇は過去にゴールドシップしか達成していない。同様に連覇が難しい安田記念でグランアレグリアが敗れている。

レイパパレは6戦無敗、しかし2200mは未経験であり、速い時計決着になった場合の裏付けはない。未知の魅力は十分だが、不確定要素も少なくないのだ。

カレンブーケドールも安定感はあるが、ワンパンチ不足は否めず、ここに来てもうひと押しを利かすことができるのかはわからない。

宝塚記念は1番人気が6連敗中、3頭とも死角はある以上、他馬の一角崩し、一発の可能性もゼロではない。

2018年の宝塚記念では10番人気ワーザーを本命視し的中を掴みとったこともある弊社シンクタンクだが、今年も惑星となり得る存在をマーク済みで、情報通り好走すれば高配当決着も十分にあるだろう。

春のGIを締め括る宝塚記念、ぜひとも多くの競馬ファンの方に喜んでいただくために、今週は弊社が独占的に入手した宝塚記念の関係者情報と、馬券が簡単に絞れる【馬券候補5頭】を特別に無料公開することになった。

「グランプリはシンクタンク」とも言われる由縁を、ぜひ体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第62回 宝塚記念(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク