【七夕賞2018予想】本命マイネルサージュ

スポンサーリンク


おはようございます。

昨日は珍しく数を打ちましたが、残念ながらスマッシュヒットは出ず。メインの◎スティッフェリオ、◎エマノンは2着を確保したものの、単勝が一番の勝負馬券だったので地味なマイナス収支で終わってしまいました。今日はいつものように数は打ちませんが、1つでも当たればプラスで終える事が出来ると思うので、気楽に狙っていこうと思います。

では本日は日曜の福島メイン、七夕賞の予想を。プラチナムバレット、キンショーユキヒメ、マイネルフロスト、サーブルオール、ワンブレスアウェイ、バーディーイーグル、レイホーロマンス、マイネルミラノなどが出走する芝2000mのG3ハンデ戦。

プロキオンS、マリーンSの予想はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 七夕賞(G3)>

夏の福島の名物ハンデ重賞である七夕賞。ローカル開催場のハンデ戦で「荒れる重賞」と 言われている。過去10年の平均配当でも、馬連8380円、3連複5万0020円、3連単28万0180円。3連単では100万馬券を超える超特大馬券が1度、10万馬券以上も5度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。

昨年の七夕賞も馬連1420円、3連複6180円、3連単2万1540円のパーフェクト的中!競馬セブンでは今年も万券的中のキーホースとなる激走情報馬の存在を極秘入手!週末情報は必見です!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

七夕賞

本命はマイネルサージュ

ペースが流れたとはいえ、直線で外から一気に突き抜けた前走の福島民報杯は素直に強いと感じたレース。これまで重賞では少し足りない競馬が続いているが、3走前の白富士ステークスでは新潟大賞典の勝ち馬、スズカデヴィアスと0.2秒差の競馬に持ち込んでおり、更にこの日が骨折明けだったとはいえ今回人気に支持されているプラチナムバレットにはきっちりと先着。

去年の丹頂ステークスでも勝負所で外を回させる楽とは言えないレース展開の中で、直線では後方から脚を伸ばして勝ち馬から0.2秒差まで詰め寄っており、これらのレース内容を考えると今回のメンバーであれば能力は足りるのではという判断に至った。

後は重賞でハンデ55キロを背負ってどこまでやれるかといった感じではあるが、得意の福島コースであればこれまでの重賞とはまた違った結果になる可能性が高く、多少渋った馬場が残りそうな点もこの馬にとってはプラス。

先週のラジオNIKKEI賞とは違ってここは先行馬が少ないので、展開面も馬券的中へのポイントとなりそうではあるが、前が崩れそうと思った場合は前、前が残りそうと思った場合は後ろといった感じで、世間の考えをある意味上手く利用する事も馬券を当てる上で非常に重要。

その先週のラジオNIKKEI賞では条件揃ったロードアクシス、マイハートビートに本命を打つ事も考えたが、これまでの経験上、何故かベタな穴馬は想像以上に走ってるく事が少なく、逆に先週のようなレースはもっとベタな本命馬に◎を打つ方が当たるような気がする(いや、間違いない)

ちょっと話がそれてしまったが、当然自分は逆にいきたくなるタイプなので、ここは差しが決まる展開にヤマを張る。

対抗はサーブルオール

前走の内容が上々で、福島2000m戦も合いそうなここは無難に上位。差しにヤマを張るならこの馬は外せないだろう。ただ、追い切りの内容がもう一つだった事もあってこれ以上は印を上げきれなかった。

▲はレイホーロマンス

ここ2走は結果を出せていないが明らかに鞍上が荷物になっており、その影響でまともな競馬が出来ずと言い訳可能な敗戦であって決して力負けではない。実際に中山牝馬ステークスでは前と内で競馬をする馬が上位を占める中で、外から豪快に脚を伸ばして3着と、ハンデ差があった事を差し引いても内容的には評価出来るものだろう。

更に条件戦の尾張特別では後の日経賞で2着に入線したチェスナットコート相手に勝利しており、牝馬とはいえまともであればここも勝ち負けになるだけの能力はある。

今回の乗り替わりは間違いなく大幅なプラスになるので、テイエムジンソクのような現象が起きるとすればここだろう。

☆穴なら人気ブログランキングへ

着順こそ微妙ではあるが、前走も厳しい位置取りからそれなりに脚を使って追い込んでおり、2走前も強力なメンバー相手に善戦しているので、ここもこの2走ぐらい走れば足りてもいいのでは。福島コースは結果を出せていないが、過去のレースや血統をみると合わないという事はなさそうなので、人気薄であれば狙う価値は十分にあるだろう。

◎マイネルサージュ
〇サーブルオール
▲レイホーロマンス
☆穴人気ブログランキングへ
△キンショーユキヒメ
△ワンブレスアウェイ
△マイネルフロスト
△シルクドリーマー
△マイネルミラノ
△パワーポケット

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 七夕賞(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

夏の恒例イベントである『サマー2000シリーズ』の開幕を飾る七夕賞。シリーズチャンピオンに与えられる褒賞金(ボーナス)は馬主に3200万円、厩舎関係者に800万円となっており、関係者にとって魅力十分なものであることは間違いない。

チャンピオンになるためには対象レースに2度出走し、1つは勝利することが最低条件となる。七夕賞~新潟記念までは約2ヶ月間しかなく、全てのレースに出走することは難しい。ましてや、どのレースも最高の状態で送り出すことはホボ不可能と言える。だから、本気でチャンピオンを狙う陣営は”どこで勝負をかけるのか”に思惑を張り巡らすのだ。

しかし、公正競馬を謳う以上、表立って『ココが勝負』というコメントも『ココは叩き台』とハッキリ“ヤラず”を宣言するようなこともない。さらに、夏競馬期間中は記者が各地に分散し、いつも以上に人手不足が巻き起こっている。コメントや調教時計の使い回しなどは当たり前、どの紙面を見ても同じような内容が並ぶように、マスコミから得られる情報だけでは、各陣営の本音を入手出来ない状況にあるのだ。

七夕賞はハンデ戦という一般ファンにとっては輪をかけて難解なレースとなっており、万馬券決着、10万馬券以上も当たり前。しかし、こんな“難解”“混戦”と言われるレースほど、我々シンクタンクにとっては絶好のチャンスと言える。実際、混戦と言われていた安田記念では9番人気モズアスコットを、宝塚記念では10番人気ワーザーを本命視してズバリと的中をお伝えしている。人気の有無に関わらず“買える馬”を的確に狙えるのは、確かな情報力があるからこそなのだ。

多くの競馬ファンに『本物の関係者情報』の存在を知って頂き、競馬や馬券の楽しさを知ってもらうべく、今週は当社シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り【七夕賞・3連単勝負馬券】を無料公開する。もちろん、新聞には載らないような裏ネタも既に入手しているので、是非とも馬券検討の参考にしていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 七夕賞(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク