【帝王賞2019予想】本命オメガパフューム

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は26日の大井メイン、帝王賞の予想を。アポロケンタッキー、インティ、オメガパフューム、チュウワウィザード、ミツバなどが出走するダート2000mJpn1レース。

ゴールドドリーム、ルヴァンスレーヴの回避は非常に残念。この2頭が出ていれば間違いなくダービー、宝塚記念以上の好カードだっただけにかなりテンションが下がりました。特に大好きなルヴァンスレーヴの回避はメイクアップの件に続いての大ダメージです。

なお、先週行われた京成盃グランドマイラーズは〇ベンテンコゾウ▲リコーワルサー△ミッシングリンクの縦目決着でハズレ。連敗は避けたいので今週しっかりと立て直します。

【CBC賞はこの穴馬が激走する】

帝王賞

本命はオメガパフューム

大好きなルヴァンスレーヴが出ていれば不動の本命でよかったが、残念ながら痛恨の回避。対抗予定だったゴールドドリームも回避してしまうなどとにかくトーンダウンが半端ないですが、ここで人気的にも面白そうと思っていたこの馬を本命に出来るならそれはそれでいいのかも、と思う事にしました。

前走の平安ステークスは3着に敗れているが、ハンデ59キロを背負いながらの結果とだけあってあそこまで追い上げてきた事を褒めるレース。過去にゴールドドリームを下した事がある相性の良いコースでの競馬なら今回はまず勝ち負けになるだろう。

当初は良い感じの人気で購入出来そうだったので頭で入れば美味しい馬券にありつけると思っていたが、ルヴァンスレーヴとゴールドドリームが回避した事でその馬券も夢と消えてしまった。ただ、その分点数は絞りやすくなったので、本線の馬券をがっつり重ねて当たった時にしっかりと回収出来るような買い方をしたい。

対抗はチュウワウィザード

前走の内容からもここに入れば能力は劣っている印象を受けるが、レースセンスの高さと相手なりに走れる強みを活かせば上位に食い込んできても驚けない。距離やコース適性にも全く不安がない点も心強く、有力馬が次々に回避した今回は大レースを勝ち切るチャンスだろう。

インティ

今回の距離がどうかも東海ステークス、フェブラリーステークスの2戦が圧巻の内容で、前走も敗れはしたが勝ち馬に目標にされながらも2着を確保した事は評価出来るだろう。オールブラッシュが繰り上がりで出てきた事でここも相手の出方次第という感じになってしまったが、逃げなくても競馬が出来る馬なので、番手から早めに前を捕まえる形ならバタッと止まる事はないとみる。

☆にミツバ

当初の出走予定馬がそのまま出ていれば軽視する予定だったが、これだけ回避馬が出れば自然と繰り上がりでこのぐらいの評価は必要となる。鞍上とも手が合っているので、上位人気馬が1頭でも崩れる展開になれば2,3着ぐらいに流れ込んできそう。

◎オメガパフューム
〇チュウワウィザード
▲インティ
☆ミツバ
△アポロケンタッキー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 CBC賞(G3)

今年も密かに一発を狙う
『伏兵の存在』を既にキャッチ
「CBC賞はこの5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマーシリーズの第2戦となるCBC賞は去年が16万馬券、一昨年が41万馬券、その前年が13万馬券決着で、過去10年で10万馬券以上になったのが6回と波乱が前提となっているレース。開幕週のハンデ重賞という条件に加えて、サマーシリーズや秋のスプリンターズSなどを見据えて使う陣営の思惑が複雑に絡むゆえ、世間一般レベルの情報力では“難解”となってしまうのだ。

しかも、北海道シリーズが開幕したことで、新聞各紙の記者が地方へと分散する。通常から人手が足りていない現状で、そのまま人が分散するのだから、全ての場所で取材不足が加速するのは言うまでもない。まして、今の競馬界はマスコミの取材が及ばない“外厩仕上げ”も日常的で、その情報をアテにする一般ファンが、陣営の“本当の思惑”を知ることなど、ホボ不可能といっていい。だから、印はスッコ抜けだが、実は「ココが勝負」の人気薄が台頭することが毎年のように起こるわけなのだ。

こういった世間が“難解”と捉えるレースこそ、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍し、“本物の関係者情報”を入手することができるシンクタンクの情報力がより生きることになる。

実は、今年も密かに一発を狙う『伏兵の存在』を既にキャッチしている。この馬が馬券に絡めば、例年の如く一般ファンでは掴むことができない大波乱決着もあり得るとの話だ。今週は『伏兵の存在』を含めたCBC賞の情報注目馬5選を特別無料公開する。その他にも、ココだけの話が見られる戦略会議もあわせて公開するので、あなたの馬券にぜひともお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 CBC賞(G3)

今年も密かに一発を狙う
『伏兵の存在』を既にキャッチ
「CBC賞はこの5頭!」
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク