【天皇賞・秋2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、天皇賞・秋に出走を予定しているアルアイン、ヴィブロス、キセキ、サングレーザー、ステファノス、スワーヴリチャード、ダンビュライト、マカヒキ、レイデオロの最終追い切りに関する記事を。

この後スワンステークス、アルテミスステークスの追い切りを追加します。

その他週末の重賞に関する記事はこちら

天皇賞・秋最終追い切り

アルアイン

靄で馬体などはしっかりと確認出来ないが、動きは手応え以上に大きく、強く追われていない割には最後までしっかりと伸びた。リズムも良く、自分のペースを崩さずしっかりと脚を使えている。不透明な部分こそあるも一週前にしっかりと動いていたので調子は良さそう。

ヴィブロス

フォームは美しく頭の位置などは安定しているが、負荷は全くかかっていない。それでも一週前とはくらべものにならない程楽に動いているので、前回のひと追いで馬は変わった。その前回でかなり負荷がかかっていたので今週は流す程度ではあったが、内面を含めてここまで変わる馬も珍しい。一週前と総合して考えると推せるような馬ではないが、今週の動きはまずまず。ただ、硬さはあるのでその点は割り引きたい。

キセキ

追われるとさすがに反応はするが、頭の位置は安定しない、リズムは悪い、脚も上がらないと動きとしてはいまいち。とにかく全体的にフォームがバラバラな点が気になるポイントで、可動域を含めてここは割り引きたい。ただ、前回よりもびしっと追われた事で馬に活気が出ており、負荷をかけられた点だけは評価したい。

サングレーザー

平凡な動きもかなり楽に駆けており、手応え以上にスピード感がある走り。可動域、リズム、そして馬体とどこを取っても減点はないが、前回の追い切りと同じく負荷をかけられていない点は気になる。脚裁きも相変わらずなので評価は難しいが、少なくとも大きく推せるポイントは見当たらない。可もなく不可もなく。

ステファノス

フォームは乱れないが追われた割には全く動かない。かなり負荷もかかっているので本来であれば弾けてもいいが、押しても押しても全く動かず。一週前よりは馬が良化しているが、反応の悪さがすべてをダメにした。

スワーヴリチャード

ゆったりとしたフォームで可動域が広く、自分のリズムを崩さず走れている。頭の高さと頸の硬さはアレだが、ゆっくりスイッチを入れるとすぐに反応し、乗った時のスピード感はそれなりのもの。一週間で馬は出来ているので今週はこれで十分。馬体の張りも相変わらずなので久々の影響は皆無。

ダンビュライト

靄でしっかりと確認出来ないが、頭の位置は安定せず、追われた割には全く反応しない。最後も強く追われているにもかかわらずパートナーを交わす事が出来ずという感じなので、これが今の出来を物語っていると思っていい。一週前と込みで考えると買えない。

マカヒキ

脚裁きが鈍く感じるが、手応えを考えると軽快な動き。フォームも安定していてぴりっとした内面が出てきた事はプラス。先週より動きも大きくなっており、脚が上がらない点だけを除くと減点材料はない。可動域や馬体の張りも水準以上。

レイデオロ

以前よりも反応が悪い感じもするが、エンジンがかかるとすっと加速し、後は伸びる一方。フォームも安定しており、脚もよく上がった。先週が先週なので総合するとどうかと思うも、今回の動きだけでみるとまず好調か。肩甲骨辺りの硬さも解消されており、脚の回転の速さをみても馬は出来ている。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

一週前から動きがガラッと変わったこの馬がイチ押し。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワグネリアン、ダノンプレミアムの回避は残念だが、それでもレイデオロ、マカヒキと2世代のダービー馬が参戦。その他にも、ヴィブロス、アルアイン、スワーヴリチャード、キセキ、ミッキーロケットとGI馬がズラリと名を連ね、今年の天皇賞(秋)も豪華な顔ぶれが揃い、目の離せない1戦となることは間違いない。

となれば“馬券”に関しては頭を悩ます人も多くなるのは言うまでもないだろう。競売新聞、スポーツ新聞など各メディアの取材は集中し、ネットや新聞上に流れる情報量は多くなるものの、そこに“核心”へと迫る情報が少ない。「デキが良くない」とバカ正直に話し、スポンサーである馬主の機嫌を損ねるよう必要もなく、誰の目にも触れるような場で“本音”を語ることはデメリット、リスクでしかないからだ。

また、権威と名誉を重んじる馬主の中には、何としても伝統ある『天皇盾』のタイトルが欲しいという人もいる。かつては、某馬主が軍団を集め、天皇賞を取るための決起集会と作戦会議を行ったという話もあったほど。しかし、こうした馬主絡みの勝負話が一般に出回ることはホボない。

近年は外厩制度が充実し、仕上げは厩舎ではなく外厩主導で行われることも多くなった。トレセン外での情報が非常に重要性を増している訳だが、新聞社の記者達はそこで取材に行っているわけではない。こういう部分にも情報の盲点はあるわけだ。

10月に創業24週年を迎えたシンクタンクは、古くから会員様に、ご支持とご愛顧を賜るとともに、多くの競馬関係者の賛同と協力を得ているからこそ、競馬関係者から内部情報を入手できる。厩舎関係者はもちろん、牧場関係者や馬主、ジョッキーサイドに親しい関係者など、様々な関係者から情報を入手することができ、核心に迫る本音の部分を聞き出している。10番人気◎ワーザーを本命に指名して【馬連9200円的中】を掴んだ宝塚記念、9番人気◎モズアスコットから【馬連7370円的中】となった安田記念など、今年の春も、シンクタンクの情報力を結果で証明してきた。

今年の天皇賞(秋)でも、既に当社情報ルートが“人気薄の激走穴馬”の存在をマーク済み。本来であれば無料公開は……という情報ではあるが、今回は特別も特別、初めて弊社の情報を入手する方に限り【天皇賞・◎-穴1点馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスを絶対に見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク