【天皇賞・秋2018予想考察】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、天皇賞・秋に出走を予定しているアルアイン、ヴィブロス、スワーヴリチャード、マカヒキ、レイデオロの一週前追い切りに関する記事と、先週の予想結果を軽く。

今週も全馬の追い切り記事を更新する予定ですが、まずは有力馬であるアルアイン、ヴィブロス、スワーヴリチャード、マカヒキ、レイデオロの5頭からあげておきます。

メイクデビュー京都予想結果

3着◎エスコビージャ

コーフィールドカップ予想結果

1着△ベストソリューション
2着☆ホームズマン
3着△ザクリフスオブモハー

6着◎キングズウィルドリーム

朝早くに本命、対抗を変更してしまい悶絶。さすがにここは悔しいというよりも反省しかない結果となりました。

前夜まで本命として考えていたベストソリューションは結局△に印を変更。以下ベストソリューションの予想文。

当初は中距離実績豊富で今回のメンバーの中で最も勢いのあるこの馬を本命にする事も考えたが、波乱の多いレースでのトップハンデ、更に外よりの枠を引き当てた事で今回は評価を落として考える。ただ、馬は非常に充実しており、去年まではぱっとしない成績が続いていたが、今年に入ってから馬が一変。近走のレース内容をみても完全に一皮むけた印象を受ける。

プリンセスオブウェールズステークス、ベルリン大賞、そしてバーデン大賞と3連勝でここに駒を進めてきたが、この馬の本格化を予感させたのはやはり4走前のドバイシーマクラシック。

前哨戦として臨んだドバイシティーオブゴールドではホークビルに千切られてしまうも、続くドバイシーマクラシックでは人気薄での出走ながら、レイデオロとは短アタマ差の5着。この日のドバイの芝は圧倒的に前が有利だった事もあり、最後は前との差を詰める事が出来なかったが、一旦はレイデオロに交わされながらもう一度盛り返す強い競馬で掲示板を確保した。

この時の2着馬ポエッツワードはプリンスオブウェールズSとキングジョーを連勝しており、3着馬クロスオブスターズも先日行われた凱旋門賞で3着に入線。勝ち馬のホークビルはその後のレースで勝つ事は出来ていないが、クラックスマン相手に大きく崩れる事なく走っており、その相手のレベルを考えるとこの馬の能力もそれなりに高いと言え、これだけ強力な馬たちと接戦を演じた本馬が能力だけで言えば今回のメンバーの中では頭一つリードしているという印象。

更にベルリン大賞、バーデン大賞ともに2着との着差は僅かではあるが、ベルリン大賞は中段から差す競馬、バーデン大賞は直線早め先頭に立つ競馬で押し切るという異なる内容で結果を残しており、混戦になればなるほどこの自在性や経験値が活きる可能性が高くなるだろう。

ただ、最初に触れたようにハンデと枠順がどうしても引っかかってしまうので、今回は能力は認めつつもこれ以上印を上げる事は出来なかった。仮に馬券になるなら突き抜けてきそうなタイプで、頭あって紐なしというイメージではある。

という感じでハンデ戦は意外と能力だけで購入する方が上手くいく事が多いので、シンプルな考えて馬券を組み立てる予定でしたが…。ブックメーカーのオッズと日本のオッズのとギャップなどを考えてしまい、結局その無駄な考えが大きな落とし穴というパターン。

8万馬券を取り逃してしまったというよりも、この組み合わせで馬券を取れなかった事が一番の失態です。下手くそでした、すみません。

トルマリンステークス予想結果

1着〇ディメンシオン
2着☆ブラックスビーチ
3着…アッフィラート

5着◎クリノラホール

秋嶺ステークス予想結果

1着☆ダンツゴウユウ
2着…クレマンダルザス
3着…ホウシュウナウ

13着◎ルッジェーロ

室町ステークス予想結果

1着…オールドベイリー
2着…ヴェンジェンス
3着◎スマートアヴァロン

富士ステークス予想結果

1着◎ロジクライ
2着△ワントゥワン
3着△レッドアヴァンセ

対抗のエアスピネルが3着なら3連複の重ね買いと3連単がありましたが、残念ながら4着。

ブラジルカップ予想結果

4着◎コスモカナディアン

今週予想したレースの中ではかなり自信があるレースでしたが、痛恨の4着。

菊花賞予想結果

1着△フィエールマン
2着☆エタリオウ
3着△ユーキャンスマイル

10着◎グレイル

ペースなど色々と読み間違えた事もありますが、非常に反省の多い、そして失敗した印となりました。あまり長く書いてもアレですが、本命候補だったフィエールマン、エタリオウの印のつけ方が大きな間違いでした。

3点勝負買い目を無料公開

天皇賞・秋一週前追い切り

アルアイン

非常にリラックスした自分のリズムを守った走りではあるが、脚の回転は速く、乗った時のスピードも上々。軽く仕掛けられただけですぐにスイッチが入る反応の良さもみせており、内面が良い意味でぴりっとしている点には好感が持てる。頭の高さ、頸と脚のリズムも安定しており、追われた時のフォームも美しかった。

トモの筋肉のラインもくっきりと浮いており、地面を蹴る力もなかなか強かったので、ここに来て調子は上向いているのは間違いないだろう。適度に負荷がかかっているので最終追い切りでは軽く追われる程度でほぼ仕上がるとみる。

ヴィブロス

こちらは悪い意味で気性面が表に出すぎており、強く追われている割には全く馬が動かない。頭の位置、脚と頸のリズムも全く合っておらず、最後は強く追われた影響もあって脚があがりそうになっていた。馬体全体に張りが足らず、頸は勿論ではあるが少し硬さも見られるので、一週前追い切りとはいえ、怪しさが先行する形となった。馬体、内面ともに余裕が感じられない点は大きく割り引いて考えたい。

スワーヴリチャード

硬さがあるのは相変わらずではあるが、この馬はこれでも走るので全く問題ない。追われただけしっかりと反応し、身体を大きく使って豪快に脚を伸ばした。地面を蹴った時の力は相当強く、脚裁きが鈍く感じるのはその影響もあるだろう。当然ここは割り引いて考える必要はない。

追われてエンジンがかかると一瞬にして調教パートナーを置き去りにしたが、それでも手応えには余裕があり、強く追えば更に伸びただろう。トモはパンパンに張っているが、馬体全体には少し緩さがあるので、このひと追いである程度絞れれば万全か。可動域も広いので久々の影響は全くないと思っていい。

マカヒキ

終始手応えは楽ではあったが、すっと加速すると一瞬で相手を抜き去ってその後は止まらず。この反応の良さが戻った事は大きなプラスといえるだろう。フォームも安定しており、リズムも非常に良い。ただ、少しこじんまりとした動きが目につくのは気になるポイントで、馬体にももう少し張りが欲しいというのが正直なところ。それでも動きに関しては目立っており、少しギリギリではあるが仕上がりに関しては悪い印象は受けない。

レイデオロ

馬は非常にダイナミックなフォームではあるが、鞍上が手綱を引いて抑えてしまった事で全く良さが活かせず。歩様やフォームに問題があるようにも思えないので、ちょっと勿体ない追い切りとなってしまった。当然ではあるが今回の動きでは評価する事は出来ない。

最後に天皇賞・秋の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

菊花賞はフィエールマンをあげておきながらも枠で本命には出来ず。今週こそはの気持ちです。好メンバーと言えば好メンバーかもしれませんが、回避馬が出た事は非常に残念。それでも面白いメンバーが揃ったので馬券抜きにしても楽しみな一戦です。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ワグネリアン、ダノンプレミアムの回避は残念だが、それでもレイデオロ、マカヒキと2世代のダービー馬が参戦。その他にも、ヴィブロス、アルアイン、スワーヴリチャード、キセキ、ミッキーロケットとGI馬がズラリと名を連ね、今年の天皇賞(秋)も豪華な顔ぶれが揃い、目の離せない1戦となることは間違いない。

となれば“馬券”に関しては頭を悩ます人も多くなるのは言うまでもないだろう。競売新聞、スポーツ新聞など各メディアの取材は集中し、ネットや新聞上に流れる情報量は多くなるものの、そこに“核心”へと迫る情報が少ない。「デキが良くない」とバカ正直に話し、スポンサーである馬主の機嫌を損ねるよう必要もなく、誰の目にも触れるような場で“本音”を語ることはデメリット、リスクでしかないからだ。

また、権威と名誉を重んじる馬主の中には、何としても伝統ある『天皇盾』のタイトルが欲しいという人もいる。かつては、某馬主が軍団を集め、天皇賞を取るための決起集会と作戦会議を行ったという話もあったほど。しかし、こうした馬主絡みの勝負話が一般に出回ることはホボない。

近年は外厩制度が充実し、仕上げは厩舎ではなく外厩主導で行われることも多くなった。トレセン外での情報が非常に重要性を増している訳だが、新聞社の記者達はそこで取材に行っているわけではない。こういう部分にも情報の盲点はあるわけだ。

10月に創業24週年を迎えたシンクタンクは、古くから会員様に、ご支持とご愛顧を賜るとともに、多くの競馬関係者の賛同と協力を得ているからこそ、競馬関係者から内部情報を入手できる。厩舎関係者はもちろん、牧場関係者や馬主、ジョッキーサイドに親しい関係者など、様々な関係者から情報を入手することができ、核心に迫る本音の部分を聞き出している。10番人気◎ワーザーを本命に指名して【馬連9200円的中】を掴んだ宝塚記念、9番人気◎モズアスコットから【馬連7370円的中】となった安田記念など、今年の春も、シンクタンクの情報力を結果で証明してきた。

今年の天皇賞(秋)でも、既に当社情報ルートが“人気薄の激走穴馬”の存在をマーク済み。本来であれば無料公開は……という情報ではあるが、今回は特別も特別、初めて弊社の情報を入手する方に限り【天皇賞・◎-穴1点馬券】の情報を無料公開させて頂く。このチャンスを絶対に見逃さないで頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第158回 天皇賞秋(G1)

好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク


2 件のコメント

    • コメントありがとうございます。
      本当におっしゃる通りで、流石に今週はないだろう、流石に土日連続はないだろう、と思うも結局は外国人ジョッキーばかりですね。

      今週も有力馬は外国人ジョッキーですし、またかよ!というパターンかもしれません(^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です