【天皇賞 秋2019予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、天皇賞 秋に出走を予定しているサートゥルナーリア、スワーヴリチャードの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

富士ステークス予想結果

1着△ノームコア
2着△レイエンダ
3着◎レッドオルガ

ワイド 1,520

掲示板に乗った馬を相手として評価していたので1着馬がかなり邪魔でした。ただ、レイエンダを最後の最後まで☆評価にするか迷ったので、ワイド4点の中の1頭として購入していた事で何とか最低限の最低限の的中。

コーフィールドカップで余計な馬券を購入した事もあって土曜は悲しいぐらいの微プラに終わりましたが、この噛み合いそうで噛み合わない時期を耐える事が出来れば…と思っているので、相手抜けしそうなレースはこのセコイ馬券で何とか切り抜けていくつもりです。

コーフィールドカップ予想結果

1着△メールドグラース
2着☆ヴァウアンドディクレア
3着〇ミラージュダンサー

7着◎ハートネル

こちらも1着馬が非常に邪魔でした。この馬がいなければド縦目の3連複が当たっていたのですが、勝ち馬を評価出来ない時点で読みがハズレていますので惜しくもない縦目でした。

菊花賞予想結果

1着◎ワールドプレミア
2着▲サトノルークス
3着△ヴェロックス

単勝 650

馬連 4,680円 ワイド 1,460円

3連複 3,070

3連単 23,510

印や配当はアレですがここは買い方がドハマりして大爆発。単勝1点、馬連、3連複2点、ワイド3点、3連単4点買いという極限まで点数を絞った買い方で攻めた結果、その全ての馬券、買い方がハマる事に。

馬体をみても明らかにいらない人気馬がゴロゴロいたレースだったので、今回ばかりはそちら派の人間の勝利でしょうか。

富士ステークスの買い目で書いた本命(◎ワールドプレミア)と2列目の〇▲☆(〇レッドジェニアル▲サトノルークス☆カリボール)の相手には人気馬(△ヴェロックス)を連れてくるという買い方がここで上手く噛み合う事になった訳ですが、☆カリボールや△ヒシゲッコウに関してはほぼ抑えという評価で、相手には〇レッドジェニアル▲サトノルークスの2頭の馬券をメインに購入していたレースだったので、ここは3連単以上に馬連とワイドが仕事をしたレースでした。

仮にここで相手抜けしたり3連系で〇レッドジェニアル▲サトノルークスが馬券になっても△ヴェロックスが馬券に絡まなかった場合などは、当然富士ステークスのような最低限のワイドのみの的中になっていた可能性もあったレースですが、ワイドでしっかりと払い戻しを得る事が出来れば案外印を絞って攻めても怖くはない事に気付いたので、大きな事故がなさそうなレースに関しては当分この買い方で攻めていく事にします。

オクトーバーステークス予想結果

1着△ダイワキャグニー
2着☆トリコロールブルー
3着△サラキア

6着◎ショウナンバッハ

まぁこの馬のよく見る負け方だったので特に言う事はありませんが、何回もこの馬に乗っている騎乗とは思えない騎乗でした。

ラストは脚を使っているので力負けではなく完全に直線での馬群の捌き方の問題。最初から大外を選択していれば、という結果だったので、この馬にはまだまだお世話になるタイミングがありそうです。メイステークスのような爆発をもう一度。

今年は大きな不調期がなかったこともあってか、秋に入ってからしょっぱい結果を繰り返していましたが、先週の的中で一気に捲り切った事でやっと歯車が噛み合った感じもするので、今週末もこの調子で大爆発を重ねたいと思います。

天皇賞秋一週前追い切り

サートゥルナーリア

ひと息入れたなりの緩さがあるという事で西村淳騎手を背に追われる。単走、馬なりの楽な調教だったが、楽々高時計をマーク。全体的な動きに柔らかみがあり、騎手が乗った事でしっかりと内面にもスイッチが入った印象を受ける。

ただ乗り役がまだちょっと緩さは感じたというコメントを出しているように、肩からひばらにかけて大きく緩さが残っているので、本番までにここがしっかりと改善されれば、という感じになるか。

可動域は広いが、前走よりも伸び切れていない辺りがいかにも完成途上という感じなので、最終追い切りでもある程度負荷をかけてくるのでは。単純な動きだけなら前走の方がよく見えた。

スワーヴリチャード

頭の高さと頸差しの硬さは相変わらずもフォームは安定していて走りのリズムも悪くは感じない。まだまだセーブされた楽な追い切りではあるが、それでも身体を大きく使ってノビノビと走れており、ここに本来の力強さと豪快な脚捌きが戻れば完璧だろう。

ただ、本当に良い時は一週前から豪快な迫力のある動きを披露していた馬なので、去年の今頃の動きと比較するとかなりこじんまりとした動きにはなっている。後はこれを内面の成長と取るか、衰えと取るか。

予想オッズ

1 アーモンドアイ 1.8
2 サートゥルナーリア 3.0
3 ダノンプレミアム 8.0
4 ワグネリアン 9.4
5 アエロリット 17.6

最後に天皇賞秋の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第160回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイ・サートゥルナーリア
を脅かす穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年の天皇賞(秋)は史上最高のメンバーが揃ったと言っても過言ではないほどのタレント揃い。まずは五冠牝馬のアーモンドアイ。昨年は牝馬三冠を達成した勢いそのままに、ジャパンCも世界レコードで圧勝。今春のドバイシーマクラシックでは世界の頂にも立ち、名実共に日本最強馬の座に立った。前走の安田記念は大きな不利があり3着に敗れたが、負けて強しの内容。ノーザンF天栄仕上げで休み明けも問題なく、ココは復権を懸けて負けられないところ。

「アーモンドアイを負かすなら」と期待を懸けられているのが、今年の皐月賞馬サートゥルナーリア。ダービーは出遅れが響き4着に敗れたものの、秋初戦の神戸新聞杯を上がり32秒3という究極の瞬発力で大楽勝。秘めたポテンシャルは間違いなく国内トップクラスであるだけに、古馬との初対戦も問題にはならないだろう。

その他、4歳世代の筆頭格で巻き返しを図るダノンプレミアムや、同世代のダービー馬ワグネリアン、更には宝塚記念3着からの参戦となる大阪杯勝ち馬のスワーヴリチャード、毎日王冠2着で左回りの安定感が光るアエロリットなど、現役トップクラスのメンバーが一堂に会する、超ハイレベルな一戦になることが予想されている。そんな混戦模様のレースでこそ輝くのが競馬情報サイト「競馬セブン」だ。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク