【天皇賞 秋2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、天皇賞秋に出走を予定しているアーモンドアイ、ウインブライト、キセキ、ダノンキングリー、ダノンプレミアム、ブラストワンピース、フィエールマンの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着
アナザートゥルース 5人気3着
ミヤジコクオウ 2人気2着
アストラエンブレム 7人気9着
ノーブルマーズ 5人気5着
ブライティアレディ 16人気11着
ノームコア 2人気1着
フィアーノロマーノ 3人気10着
ブルーバード 5人気10着
モントライゼ 1人気2着
ジナンボー 3人気2着
ウインマイティー 2人気6着
スマイルカナ 3人気2着
クラヴァシュドール 2人気5着
サトノフラッグ 1人気2着
クレッシェンドラヴ 4人気4着
コントレイル 1人気1着
グレートタイム 4人気9着
ダイアトニック 5人気13着
グローリーヴェイズ 3人気1着
サリオス 1人気1着
デアリングタクト 1人気1着
ヴァンドギャルド 5人気1着
コントレイル 1人気1着

先週の追い切り注目馬は2戦2勝とこちらもそれなりに波に乗ってきました。ただ、馬券は土曜は良かったものの、日曜に失速する形となってしまったので、今週は追い切り注目馬だけではなく、馬券も土日共に爆発出来るように頑張りますのでご期待下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース天皇賞秋!

今年は波乱の天皇賞!

アーモンドアイの8冠はこの馬によって阻止される!

【天皇賞秋注目穴馬】

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

スプリンターズS情報注目馬5選

モズスーパーフレア
ダノンスマシュ3人気→2着
ライトオンキュー
ダイアトニック
グランアレグリア1人気→1着

オールカマー情報注目馬5選

クレッシェンドラヴ
ミッキースワロー
センテリュオ5人気→1着
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ3人気→3着

【天皇賞秋注目穴馬】

天皇賞秋最終追い切り

アーモンドアイ

3頭併せの内からルメールを背に追い切られた。気持ち胸は広い気もするが、フォームは安定していて動きにも素軽さが戻った。加速してからの伸びは素晴らしく、先週よりも反応が良くなっている点からしても馬がレースが近いとわかっているのだろう。

毛艶、馬体の張りも良好で、久々とは思えない程息遣いも整っていた。さすがにピーク時の動きとは比べ物にならないが、年齢の割には良く動いている部類に入ると思うので、この動きで勝てないようならもういい訳は出来ないだろう。

ウインブライト

頭が高く重心のブレも見られるが、フォームが大きく乱れる事はなく、気持ちも適度に入っている。ただ、休み明けという事もあって追われてからの反応がイマイチで、まだ気持ち馬体も太く見えてしまう辺りからするとここを使って次が勝負というパターンになるか。どちらにしても絶好調時の動き、馬体には程遠いという仕上がりなので、良くても7割の出来での出走となるだろう。

キセキ

先週に続いて今週もそれなりに軽い内容となっているが、頭の高さと頸差しの硬さは相変わらず。ただ、フォームがここまで硬い事は珍しく、その影響もあって前脚が全く出ない点は割り引きが必要となるが、それ以上に可動域が狭く、動きもこじんまりとして見える点が気になってしまった。

強く負荷をかけてこなかった点からすると前走を使ったダメージが少なからず残っている可能性が高いので、上積みという点に関してはあまり期待は持てないのでは。更にいつもの調教パターンではない点も微妙に引っかかってしまう。

ダノンキングリー

良い頃の動きと比較すると少し荒さが足りない気もするが、古馬になってからはかなり大人しさが出てきた印象を受けるので、これはこれでいつものダノンキングリーの動きと思いたい。

ただ、肩とトモの緩さが残っており、追われると重心がブレてしまう点はさすがに割り引く必要があるので、間隔があいた影響は少なからずあるだろう。それでも力強い走りと軽快な脚捌きは目に付いているので、それなりの出来での出走と思いたい。

ダノンプレミアム

少し馬体がだらしなくも思えるが、前半から気合い乗り十分で、手綱を緩めるとぶっ飛んでいきそうな程勢いもあった。ほぼ馬なりでの調整でも後半しっかりと加速出来ており、ゴール前の手応えを見てもかなり余裕を感じられたので、久々にこの馬らしい追い切りを消化出来たのではないだろうか。

さすがに絶好調時の動きと比較するのは可哀そうではあるが、現状やれるだけのことはやったという動きではあった。

ブラストワンピース

頭の高さはいつもの事なので割り引く必要はないが、良い意味で重機のようなゴトゴトとした威圧感のある走りは戻ってこない。いつもなら併せ馬でも早い段階で突き抜けて、最後は単走のような追い切りになるのだが、今回はそれほどの手応えはなく、全体的な動きとしては平凡。

普通の馬なら内面がセーブ出来ているという点は評価出来るが、この馬に関しては気持ちが入りすぎている時の方が走る傾向があるので、今回はちょっと物足りなさが残るというのが答えとなる。

フィエールマン

前半の動きは調教パートナーが邪魔で確認出来ないが、動きは先週と大きく変わらずキビキビとしている印象を受けた。ただ、珍しく肝心な勝負所で相手2頭に置かれてしまうような形となり、結果追っても相手を捉える事が出来ず大きく遅れを取ってしまった。

それでも動きが大きく力強さを感じた点など、遅れを取った事以外は普通に悪くない内容だったので、今回は相手が走りすぎただけと思っておきたい。よって相手につけられた着差などは気にする必要はないだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はGI7勝・連覇を狙うアーモンドアイが出走。昨年も安田記念後は休養に入り秋緒戦を天皇賞秋から始動。今年も昨年と同じく安田記念から休養明け緒戦となる。勝てばJRA所属馬史上最多となる芝GI8勝目となる。アーモンドアイにとってはラストイヤーとなるだけに、何が何でも勲章を手にしたいところだ。

他にはクロノジェネシス、フィエールマン、キセキ、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、ワグネリアンなどGI馬7頭がスタンバイ。好メンバーが揃うが、打倒アーモンドアイに燃える陣営の存在も。

過去10年の成績では1人気[5.2.1.2]、2人気[1.3.2.4]、3人気[0.1.1.8]。1人気で勝ち上がったのはアーモンドアイ、キタサンブラック、モーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残している。上位人気馬は揃って馬券圏を外す事はなく大波乱になるケースは少ない。

平均配当では馬連2870円、3連複8990円、3連単5万2870円。二桁人気の伏兵馬の好走は17年レインボーライン(13人気3着)、15年ステファノス(10人気2着)の2頭のみ。馬連3桁配当は2度、馬連最高配当は7340円、3連単10万馬券以上が2度、3連単最高配当は21万4010円。

過去10年のステップレース別の成績では出走頭数が多い毎日王冠組が3勝(2着3回)・馬券圏内11頭と好走馬が目立つ。昨年は安田記念組アーモンドアイ、ダノンプレミアムが連対したが、GI戦からの直行組も3勝(2着5回)の成績で休み明け緒戦から実力を見せている。

昨年の天皇賞秋も◎アーモンドアイからパーフェクト的中。今年はアーモンドアイを脅かす隠れ穴馬の存在が…  配当を引き上げる隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク