【天皇賞 秋2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、天皇賞秋に出走を予定しているアーモンドアイ、クロノジェネシス、ダノンキングリー、フィエールマンの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

アイビーステークス予想結果

8着◎コスモアシュラ

さすがに狙いすぎました。

富士ステークス予想結果

1着◎ヴァンドギャルド
2着…ラウダシオン
3着〇ケイアイノーテック

単勝 620円

ワイド 820円

先週の大失敗レースはまずここ。消す要素のなかった馬を点数の関係で消してしまったという失態が日曜に大きく響く事になるとは…。

それなりに自信があったレースだったので、馬連、馬単は勿論、3連単まで引っかけなければならないレースでした。ここは大反省。

菊花賞予想結果

8着◎ヴァルコス

こちらが想像していた展開にはならず、その時点で万事休すという結果に。

note予想の結果などはまた別記事で触れていきますが、大失敗したのはなでしこ賞の予想。3着だったプレジールミノルに対抗を打てるならさすがにしっかりと馬券は取らないと…という最悪のパターンだったので、この失敗はさすがに反省というかへこみました。

更に桂川ステークスとルミエールオータムDの公開(購入)を数を打ちすぎという理由と苦手意識で見送った事も大失敗で、この失敗はWIN5の結果にも表れてしまいました…。

桂川ステークスとルミエールオータムDを何故買わなかった、という結果に加え、実は東京メインはハヤヤッコを入れた2頭で勝負していたのですが、こちらはまさかまさかの買い忘れ(点数が少ないのに何故気付かない…)。

もう一つ付け加えて言えば、なでしこ賞は〇プレジールミノルから人気馬中心にワイドを流したつもりが、実際に購入したのは馬連だったという何とも流れの悪い結果に。

先々週と先週の土曜の好調は気のせいだったのか、と思うほど、ジェットコースターのような下り方、そして大きなミス、失態をおかしてしまった日曜だったので、今週はいつも以上に気合いを入れて予習、復習に時間をかけて予想をしたいと思います。

今年の最後の最後の個人的な目標はnote予想10万馬券を引っかけての帯、もしくはWIN5的中(そろそろこちらの予想も復活予定)なので、一撃が出そうなレースは大クレームを覚悟で攻める予想をしますのでどうか最後まで狂った予想にお付き合い下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大勝負レース天皇賞秋!

今年は波乱の天皇賞!

アーモンドアイの8冠はこの馬によって阻止される!

【天皇賞秋注目穴馬】

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

スプリンターズS情報注目馬5選

モズスーパーフレア
ダノンスマシュ3人気→2着
ライトオンキュー
ダイアトニック
グランアレグリア1人気→1着

オールカマー情報注目馬5選

クレッシェンドラヴ
ミッキースワロー
センテリュオ5人気→1着
ジェネラーレウーノ
ステイフーリッシュ3人気→3着

【天皇賞秋注目穴馬】

天皇賞秋一週前追い切り

アーモンドアイ

中の調教パートナーは菊花賞に出走したサトノフラッグ。いつも派手に動く馬ではあるが、今回は全体的に地味で最後まで全く派手さを感じられない追い切り。

ただ、馬なりでしっかりと突き抜けた事やかなり後ろから追いかけている事、そして最後も手応えを十分に残している事などを含めて考えると一週前としては十分動いた部類に入るのでは。馬体もまだまだ緩いので、このひと追いでまた動きも変わってくるだろう。

クロノジェネシス

頸差しを含めて脚もとに硬さが残っており、その影響もあって可動域もいつも以上に狭く感じてしまう追い切り。それでもしっかりと伸びて相手に先着した事は評価出来るが、並んでから突き放すような動きは見られなかったので、少なからず久々の影響はありそうな気もするが…。

一応一週前は反応を確かめる程度の追い切りなので、最終追いで負荷をかけられてどこまで動けるか。

ダノンキングリー

明らかに馬体を持て余しているような動きで、全体的にメリハリに欠けてしまうような追い切りとなっている。重心のブレや脚もとが流れる点、そしてトモを含めて馬体が緩く見える点など今回はいかにも休み明けという仕上がりとなっているので、これは相当絞れてこないと競馬に行ってもそれ相応の結果が待っているのではないだろうか。

ただ、直線で抜け出してからの動きや反応はそれなりに良かったので、最終追い切りで馬体がある程度引き締まっていれば、という感じになるか。

フィエールマン

相変わらずフォームの硬さは気になるが、馬なりでもしっかりと加速していて動きも素軽い。相手にしっかりと馬体を併せて負荷もかけられており、内面を見てもまずまずスイッチも入っているので、この馬に関しては最終的に出来というよりも脚もとなどに不安がないかが課題となってくるのでは。

今回の動きを見る限りでは頓挫の影響は皆無だと思うので、出走するからには力は出し切ってくるだろう。

予想オッズ

1 アーモンドアイ 1.8
2 クロノジェネシス 2.8
3 フィエールマン 9.9
4 ダノンキングリー 14.8
5 キセキ 15.9

最後に天皇賞秋の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今週も圧倒的人気馬が出走予定ですが、ここ2週のように頭鉄板という訳ではなさそう。現時点ではこの馬がある程度外枠を引けば穴狙いで攻めたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年はGI7勝・連覇を狙うアーモンドアイが出走。昨年も安田記念後は休養に入り秋緒戦を天皇賞秋から始動。今年も昨年と同じく安田記念から休養明け緒戦となる。勝てばJRA所属馬史上最多となる芝GI8勝目となる。アーモンドアイにとってはラストイヤーとなるだけに、何が何でも勲章を手にしたいところだ。

他にはクロノジェネシス、フィエールマン、キセキ、ブラストワンピース、ダノンプレミアム、ワグネリアンなどGI馬7頭がスタンバイ。好メンバーが揃うが、打倒アーモンドアイに燃える陣営の存在も。

過去10年の成績では1人気[5.2.1.2]、2人気[1.3.2.4]、3人気[0.1.1.8]。1人気で勝ち上がったのはアーモンドアイ、キタサンブラック、モーリス、ラブリーデイ、ブエナビスタの5頭。1人気は7連対と安定した成績を残している。上位人気馬は揃って馬券圏を外す事はなく大波乱になるケースは少ない。

平均配当では馬連2870円、3連複8990円、3連単5万2870円。二桁人気の伏兵馬の好走は17年レインボーライン(13人気3着)、15年ステファノス(10人気2着)の2頭のみ。馬連3桁配当は2度、馬連最高配当は7340円、3連単10万馬券以上が2度、3連単最高配当は21万4010円。

過去10年のステップレース別の成績では出走頭数が多い毎日王冠組が3勝(2着3回)・馬券圏内11頭と好走馬が目立つ。昨年は安田記念組アーモンドアイ、ダノンプレミアムが連対したが、GI戦からの直行組も3勝(2着5回)の成績で休み明け緒戦から実力を見せている。

昨年の天皇賞秋も◎アーモンドアイからパーフェクト的中。今年はアーモンドアイを脅かす隠れ穴馬の存在が…  配当を引き上げる隠れ穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第162回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイを脅かす
隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク