【天皇賞春2018予想考察】有力馬ガンコ馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は少し早いですが29日の京都メイン、天皇賞春に出走を予定している有力馬の1頭、ガンコの馬体診断の記事を。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 フローラ(G2)

【3連単勝負馬券】と【GI5鞍】
の関係者情報を特別に無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

天皇賞春馬体診断

ガンコ

日経新春杯のパドック

496キロ、前走からプラス2キロ。この日初めてじっくりとパドックで馬を確認したが、まず第一印象はよくこれでダートを走っていたな、という身体。

トモや脚捌きは完全に芝を走っている馬で、少し全体に硬さは感じるが、これは父父の影響が出ている為であって、決してダート馬としての硬さではない。

正直ナカヤマフェスタ産駒はエクセレントミスズやヴォージュぐらいしか馬を確認した事がないので比較になると難しいが、ガンコはこの2頭よりも明らかに内面が安定していて、どちらかといえばステイゴールドっぽさを出してくるようなタイプかな?という印象があったが、この馬に関しては全くの別物と思った方がいい。

当日はもう少し前向きさが必要と感じ、気配は平凡という事にして片付けた記憶があるが、後で過去のパドックと比較するとこれがいつものガンコだった。ただ、馬体が目立つ事もなく、出来も抜けて良くはみえないのでパドックで馬を拾うのは難しかった。

日経賞のパドック

502キロ、前走からマイナス2キロ。日経新春杯の時と比べて馬体の張りも毛艶もまるで違う。トモの筋肉も綺麗に浮き出ており、程よく前向きさもあり仕上がりの良さを感じる。

ただ、パドック入りした時の気配や頭の高さなどをみると少しうるさく感じたので、輸送がある時などはイレ込みに注意しておきたい。この気配はやはりというかさすがにこの血統だけあってある程度想像していただけに、今回は相手関係の前に距離が課題になるだろう。

小さい馬でもなく、ダートを使っていたのでがっちりした体型と思われがちではあるが、意外とパーツはすっきりしたタイプで、脚も長くひばらもぐっと上がっている。

ここまでは長距離でもと思わせる体型ではあるが、胴長とまでは言わないが、ぎゅっと詰まっているタイプでもない中途半端な胴、そして頸の長さや太さを考えると3000m以上の距離はどうか。

更にお世辞にも柔らかい、よく伸びるとは言えない後脚と内に秘めた気性面が適性距離を縮めている印象を受ける。馬体からはここで強めの印を打つ事は難しいので、何としても内枠を引きたい。

前走時の最終追い切り

真っ直ぐ走れている点やほぼブレがなく走れている点は非常に好感が持てる。当日の馬体にも出来が反映されていたように、体調、仕上がりに関しては前哨戦としてはほぼ文句なしか。脚捌きは軽いというよりも力強いといった感じで、首の使い方も上手く、調教では全く気の悪さをみせない。

日経新春杯の時は横で走る馬が気になったのか、少し走りにブレがみられたので、今回もまずはその辺りを意識しながら動きを確認していきたい。

後は軽い走りをする馬ではないので、今の京都の馬場がどう出るか。例年の傾向を考えるとプラスになる事はなさそうではあるが‥。宝塚記念向きかなぁという感じも。

最後に今週の重賞で一番面白そうなマイラーズCの注目をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

相手は揃いましたが人気的にもここが狙い目でしょう。格負けするような事はないはず。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、ステップレース別の成績では500万条件(1着4回・2着6回・3着5回)、フラワーC(1着3回・2着3回・3着1回)、未勝利(1着2回・3着2回)と500万条件組が4勝を挙げ、連対率も高い。注目は重賞挑戦で馬券圏に好走した未勝利勝ち組が4頭。

今年は本命馬不在で大混戦模様。クイーンCで0.4秒差4着のオハナ、フラワーCで0.3秒差ノームコア、チューリップ賞4着のサラキアなど重賞で差のない競馬をしている素質馬や2連勝中のレーツェルなどが参戦するが、主軸になる本命馬不在で、どの馬にもチャンスがあるだろう。

競馬セブンはフラワーC◎フィニフティ(5人気)から7万1150円的中、フィリーズR◎リバティハイツ(8人気)から5万6610円的中、中山牝馬S◎フロンテアクイーンから5万0360円的中など、牝馬重賞はドル箱重賞!

実は、フローラSにも競馬セブンが極秘入手した激走穴馬が出走!「オークスに出ても勝ち負けになる」と豪語する陣営の勝負馬とは!?週末の情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フローラS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第53回 フローラS(G2)■

自信のペナルティ付き!もし、この
フローラSを3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク