【天皇賞 春2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、天皇賞春に出走を予定しているエタリオウ、カフジプリンス、クリンチャー、グローリーヴェイズ、フィエールマン、メイショウテッコン、ユーキャンスマイルの最終追い切りに関する記事を。

なお、土曜の青葉賞、日曜香港で行われるクイーンエリザベス2世カップ、チェアマンズスプリントプライズの予想に加え、天皇賞春の予想に関してはnote内での公開となります。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着

フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着

先週はそれなりに人気馬となってしまいましたが3レース中2頭が馬券。今週は3レースとも最終追い切りの記事を更新出来るか怪しいですが、どちらにしても結果は出したいと思います。

3点勝負買い目を無料公開

天皇賞春最終追い切り

エタリオウ

真っ直ぐ美しいフォームで駆けており、適度に活気もあってキビキビとした動きが目に付く。多少行きたがる素振りは見せているが、鞍上の指示通りに動けており、内面に大きな乱れは感じられない。脚もよく上がっており、地面を捉える力も抜群。追われてからの伸びも上々で、長く脚を使っても最後まで脚色を保てた事は大きなプラスだろう。馬体の張りを見ても大きな隙は感じられなかった。まず好調。

カフジプリンス

頭が高く重心のブレが大きい。その影響で左右にヨレながら走っており、調教パートナーに馬体をぶつけて走る場面も。それ以上に脚が外へ流れており、頸を前へ出すリズムがイマイチ合わない。ただ、追われた時の反応はなかなか良く、エンジンがかかると強引に加速して一気に調教パートナーを飲み込む走りを見せる。スピードは少し物足りないが、パワーはそれなりに評価出来るもので、雑な走りをする割には悪い動きではなかった。

クリンチャー

胸が広く後脚が大きく外へ流れる。ただ、軸は安定しており、脚を出すリズムやフォームに大きな乱れはみられない。ラチを頼る事なく走れている点にも好感が持てるが、エンジンがかかってからの伸びは平凡で、スピードにも大きく欠けるような走りだった。可もなく不可もなくという評価で。

グローリーヴェイズ

3頭併せの真ん中。コーナーから負荷をかけてくる相手に早めに並びかけ、馬体をびっしり併せてこちらもしっかりと負荷をかけてきた。バランスが非常に良い走りで、フォームもよく沈んでいた。外の相手がかなりしぶとく最後まで抜き去るような場面はみられなかったが、脚色は断然こちらの方が良く見えた。線の細さは相変わらずも、久々を感じさせない動きと言える。

フィエールマン

全体的な動きやフォーム、バランスに隙は感じないが、最終追い切りでも去年の豪快な動きは戻ってこなかった。本来であれば調教パートナーに並んでからの伸びが抜群の馬なので、強く追われていないとは言っても最後まで相手にしぶとく食い下がられてしまった点はやはり気になってしまう。かなり高いレベルでの平凡という評価としておきたいが、去年との比較になると一枚落ちる。いつもより動きが硬い点も割引きとしておきたい。

メイショウテッコン

ゆったりとした大きなフォームが目に付いており、脚の回転が遅い割にはよくスピードにも乗れている。少し頭は高いが頸の可動域は狭い感じはなく、終始身体全体を使って動けており、自分のリズムを崩す事なく走り切れた点は高く評価しておく。フォームや脚捌き、そして薄い筋肉がいかにも長距離馬といった感じで、案外動きにも隙がない。

ユーキャンスマイル

少しラチ側に刺さっているが、致命的な動きではない。ただ、脚の回転が速い割にはあまり前へ進んでいない印象で、頸を出すリズムが悪く見える点は割り引いて考える必要があるだろう。ラストの伸びはなかなか良くみえるが、相手が情けない動きをしただけなので、着差だけでは判断しない方がいい。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

土曜の青葉賞、日曜香港で行われるクイーンエリザベス2世カップ、チェアマンズスプリントプライズの予想に加え、天皇賞春の予想に関してはnote内での公開となります。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第159回 天皇賞(春)>

主役不在で浮上する
激走穴馬の正体とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

「平成最後のGI」天皇賞(春)。淀の3200mで行われる当レースは古馬唯一の3000m級GIとあって、名うてのステイヤーが集結することで知られているが、16・17年と連覇を達成したキタサンブラック引退後、古馬長距離路線は確たる主役不在。今年も現役トップクラスの長距離馬が名を連ねているが、どの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成となっている。

人気になるのは昨年の菊花賞でワンツーだった2頭。菊花賞馬フィエールマンは必勝を期して出走したAJCCで休み明けのシャケトラに敗れ、本番に向けて黄色信号が灯った。菊2着のエタリオウも日経賞で4度目となる重賞での2着を記録。勝ち切れない面は未だ残っている雰囲気だ。その日経賞を逃げ切ったメイショウテッコンも脆さが同居するタイプであり、本番で平成の盾男・武豊騎手が騎乗出来ない点も割引。

このように今年の天皇賞(春)は戦前からかなりの混戦ムードが漂っている。配当妙味も同時に大きいであろう当レースを的中させるためには「各馬の力量・状態」を把握しておくことが近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界随一。昨年の天皇賞(春)も予告的中しているが、今年も確信の◎から好配当獲り宣言!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞(春)・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク