【天皇賞 春2020予想】本命モズベッロ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、天皇賞春の予想を。フィエールマン、キセキ、エタリオウ、ユーキャンスマイル、メイショウテンゲンなどが芝3200mのG1レース。

その他の天皇賞春などの追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【天皇賞春追い切り、週末の競馬予想】

土曜は追加で更新(追記)した天王山ステークスの◎ヴァニラアイスが3着。ど本線でハマらなかった事は残念ですが(2着なら3連単が…)、3連複とワイドがそこそこだったので今週は何とかプラス収支でスタート。

ただ、こちらもついでに追記する予定だった京都最終の◎スズカフロンティアがまさかの3着。どうせ来ないだろうと見送った事で万馬券を逃すハメになりました、というオチでスタートというのが本当の今週のスタートということになります。

一応馬場が何となく読めているのが京都という事になりますので、東京は全て見送った方が安定した回収率を出せそうな気もしますが、予想してしまった以上は購入しなければ、という馬鹿な考えを持つのが自分でもありますので、とりあえず東京で一本を出すか、それとも京都でカバーするか、の二択に賭けたいと思います。

まずは東京で1400m戦が組まれていますので、こちらの予想から。

なお、今日も時間がたっぷりありますので、土曜の天王山ステークスのようにその他の京都の予想、もしくはWIN5の予想などをこちらに追記するかもしれません。

晩春ステークス

◎レッドイグニス
〇スイープセレリタス
▲ダノンジャスティス

今の馬場がガッチリハマるという訳ではないが、流れ込んで着を拾うというこのコース定番のパターンで言えば本馬が人気的にも狙い目と言えるのでは。

以前よりもテンのスピードが落ちている点は気になるが、前走を使われた事で今回は多少行きっぷりも違ってくると思うので、ここは当初の予定通り印を打つ事にした。

相手は今の馬場は間違いなく合うスイープセレリタスとある程度出せそうな枠を引き当てる事が出来たダノンジャスティスの2頭が本線。ダノンジャスティスに関しては初の東京や1400mへの距離短縮など他にも買い材料が揃っている割には人気がなさすぎる印象を受けるので、この馬が頭を取った時の事故馬券は普通に買っておきたい。

買い目

3連複 ◎~〇▲~印、 3連単 〇▲→印→◎ (ワイド 〇▲)

先週書いたようにこのコースでは基本的に大事故を狙うので相手は絞らない。今回は能力が拮抗している事と頭数が少ない事もあって相手は総流ししてみる。

先週の東京1400m戦が〇▲決着になってしまったので、一応今週もこの縦目の組み合わせの馬券は保険で買っておきたいが、このワイドに関してはオッズ次第という事になる。

※11:57追記

京都6R

サウンドテーブル

直近で良い感じの人気で買えそうな馬がいるレースを選択。前走は芝なので度外視出来るレースで、ダートの2走前も着順程大きくは負けていない。

今回の楽に先手を奪えそうなメンバー構成なら巻き返しに期待が持てると思うので、ここまで人気が落ちるなら買いでいいのでは。相手に8枠の2頭を絡めて小波乱狙いで。

※13:33追記

端午ステークス

メイショウテンスイ

6Rが案外跳ねたので今週はこのまま逃げ切れそうですが、余裕がある時にもう一本出しておきたいという事で再びの追記です。

1400m向きの気性の持ち主、イモータルスモークも人気的には捨てがたいが、内で競馬をした馬が上位を占めた昇竜ステークスで真逆の競馬で勝ち馬と0.3秒差の競馬まで持ち込んだメイショウテンスイもこの人気なら十分狙える。

ヒヤシンスステークスは距離と展開が向かずの結果とこちらも敗因ははっきりとしているので、今の京都の馬場を考えると力を出し切れば今回は巻き返しがあるのでは。実績上位馬がハンデを背負いながら内枠を引き当てた点もかなり面白い。

天皇賞・春穴馬3頭

天皇賞・春(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

天皇賞・春(G1)を無料で見る

天皇賞春

本命はモズベッロ

これで日経新春杯、日経賞に続いて3走連続の本命。前走時にも書いたようにサクラアンプルールやナックビーナスのように目を付けたお気に入り馬は行ける所までとことん追いかけるというのが自分のマイルールでもあるので、やっとのG1までこぎ着けた今回も当然のようにここから馬券を組み立てる。

前走の日経賞ではコーナーで大外から豪快に捲ってきた時は直線で突き抜けるかと思ったが、横にいたミッキースワローが勝負所で外にヨレてきて2度も不利を受けてしまっての結果。最後は勝ち馬には突き放されてしまったものの、大きく怯む事なくしっかりと連を確保した辺りがこの馬の能力の高さで、仮にあの不利がなければもう少し際どい勝負に持ち込めた、もしくは違った結果になった可能性が高かったレースと言える。

メンバー的にレベルが微妙だったとはいえ、直線外から楽々突き抜けた日経新春杯の内容を見ても長距離路線であればある程度相手が強くなっても互角以上に戦える力はある馬。更にディープブリランテ産駒らしく決して器用なタイプではないので、癖のある中山から3.1.0.1と最も得意としている京都コースへ替わるのも大幅なプラス材料と言える今回は、待望のG1のタイトルに手が届く数少ないチャンスなのかもしれない。

上位人気勢に危なそうな馬が数頭いる事もこの馬にとっては追い風となるので、ここは事故、あわよくば大事故を期待しつつの本命としてみた。

対抗はミッキースワロー

こちらは本命馬とは違ってひと癖あるコースで狙いたい馬ではあるが、前走もやらかしたとはいってもそれなりに強い競馬で勝利しているので、今年のメンバーであれば十分勝ち負けになる一頭と言えるか。極悪馬場で行われた菊花賞でもそれなりの着順を拾っているので、長距離適性に関しては決して低い馬ではないだろう。本命馬同様に今回はG1を勝てる数少ないチャンスとみる。

▲にフィエールマン

普通に考えればこの馬が最も勝利に近い存在なのかもしれないが、期待した有馬記念が案外な結果に終わっているので、海外を使った影響が少なからずあるとみて今回は少し評価を落としてみた。おそらく今年は去年のようなペースにはならないと思うので、そうなるとこの馬の持ち味が削がれる事になる可能性も十分考えられる。

ただ、土曜の馬場や傾向を見る限りだと普通に大外枠でも勝つ可能性はそれなりに高そうなので、人気的には嫌いたくてもこれ以上印を落とす事は出来なかった。

☆穴に人気ブログランキングへ

逆にゴリゴリのスタミナ勝負になった時にはこの馬の台頭がありそう。母方の血統を考えてもおそらく京都はツボの可能性が高く、今回は距離延長を含めてどこも嫌う材料が見当たらないので、極端な位置取りにならない限りは上位に食い込んでくる可能性はそれなりに高そうな気もするが。

◎モズベッロ
〇ミッキースワロー
▲フィエールマン
☆穴人気ブログランキングへ
△ミライヘノツバサ
△キセキ
△エタリオウ
△スティッフェリオ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては春の古馬最強馬決定戦だった春の盾だが、長距離レースの価値が落ちたことに加え、ドバイや香港、オーストラリアといった海外遠征や、極めつけは大阪杯のGI昇格により、より長距離色の濃いメンバーが揃うようになった。

ただ、長距離適性以外の理由でココに駒を進める馬も少なからず存在する。それは、大手生産牧場による“使い分け”だ。

今年も、大手生産牧場の代表となるノーザンファームから、去年の覇者フェエールマンを筆頭に、多数の有力馬が出走を予定している。その思惑が馬券攻略のポイントの1つなるだろう。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、今やそれすら満足にできていない現状。外厩施設にも取材が及ぶことはなく、馬券攻略のポイントを把握することは極めて難しい。マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様で、世間的に春の天皇賞が難解と言われるのも当然の話なのだ。

さらに言えば、年間唯一の芝3200mで行われるため、データの数が少なく、過去の戦績などもアテにすることができず、一般ファンが入手できる情報では攻略の糸口を見つけることすら困難。

事実、過去10年の春の天皇賞では1番人気が2勝2着1回と、連対率は全GIの中でワースト、10万馬券決着以上が7回はGIの中でも突出した数字となっている。

つまり、大多数の人間が的中馬券を掴めていない、一般ファン泣かせの難解なレースなのだ。

弊社シンクタンクには、電話、メール、LINEなどで個別に連絡を取れるほど、各界の関係者と親密な関係を築いている情報ルートが多数在籍。どんな状況、どんなレースでもしっかりとジャッジできる情報網を構築している。

天皇賞の重要なポイントとなる情報も既に入手しているが、レース直前まで鮮度の高い情報がシンクタンクには入ってくる。そこで、今回は、天皇賞の関係者情報に加えて、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】も特別無料公開。この機会をお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク