【天皇賞 春2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、天皇賞春に出走を予定しているキセキ、シルヴァンシャー、ダンビュライト、フィエールマン、ミッキースワロー、ユーキャンスマイルの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

府中特別予想結果

5着◎ルイジアナママ

相手本線が予想通りの着順を拾っていたのでこの5着は痛恨。対抗、3番手が好走して本命馬が善戦止まりというのは一番やってはいけないパターン。

オアシスステークス予想結果

2着◎バレッティ

頭なら単勝、馬単があってそれなりにプラスに持っていくことが出来ましたが、ここは最低限の馬連のみ。3連系まで届かなかった事でしょっぱい結果に。

彦根ステークス予想結果

17着◎ミッキーブリランテ

全く見せ場無し。出直します。

福島牝馬ステークス予想結果

5着◎サラキア

また5着か…という感じでしたが、そもそも相手が相手。

マイラーズカップ予想結果

3着◎ヴァンドギャルド

最後の最後の人気を見て消したベステンダンクに走られてしまい終了。本来であれば☆穴評価の予定でしたが、案外売れていた事もあって嫌いましたが、それが大きな裏目に…。

フローラステークス予想結果

10着◎ヴォリアーモ

☆穴ショウナンハレルヤが3着なら最低限の馬券がありましたが、あの着差なら仕方なし。

週中の地方をド本線で当てた事もあって不調期に入る事はないと思っていましたが、やはりこの成績を見る限り完全に不調期ですね。

エアジョーダン×5(去年はかすりもしなかったジョーダンばかり当たる)やフィアオブゴッドなど今年は欲しい靴が何故か当たりまくるのに馬券は当たらない…。なのでお金がなくなる一方。

何とか立て直したいところですが、ここで焦っても仕方ないので、今週から当てれるレースをしっかりと当てていく作業に切り替えたいと思います。

天皇賞春一週前追い切り

キセキ

いつも通り頭が高く頸の可動域は狭いが、リズムよく脚を前へ出して走れており、活気のあるキビキビとした動きが目に付いた。走りに力強さもあり、馬なりでもしっかりと加速して楽にタイムを出せた点は評価しておきたい。

シルヴァンシャー

間隔があいた事もあってさすがに身体は緩く、胸やトモの張りもイマイチのように感じる。途中まで調教パートナーに食らい付いたが、追ってからの反応は悪く、その後は一気に脚があがってしまい大きく失速してしまった。さすがに馬体、動き共に評価は出来ない。

ダンビュライト

入りから気合い乗りが良く馬体はさすがに素晴らしいが、追ってからの反応はイマイチで、伸びそうで伸びない案外な追い切り。一応調教パートナーには先着したものの、先日書いたようにこの相手の動きもイマイチで、この時は相手が動かなかった事が全てと言える。

全体的に力強さにも大きく欠けるような走りだったので、このひと追いでどこまで変わるか。

フィエールマン

頸を低く保った沈むようなフォームと身体全体を使ったダイナミックな動きは素晴らしいの一言。馬なりで調教パートナーを置き去りにし、その後はグイグイと力強く伸びて着差を大きく広げた。

久々でも馬体はきっちりと出来ているので、後はトモや肩に張りが出れば完璧だろう。一週前としては文句なしの追い切り。

ミッキースワロー

頸と脚の出し方はぎこちなさが残っているが、力強くパワフルな動きと身体を大きく使った走りは素晴らしい。気の強さは気になるが、一応今回の追い切りでは内面はセーブ出来ていたので、当週これ以上スイッチが入らなければ、という感じになるか。

ユーキャンスマイル

いつも追い切りで派手に動く馬ではないが、それを差し引いても今回はかなり地味な追い切り。太さが残っている事もあってビッシリと追ってきた点は評価したいが、それでも馬なりの相手に遅れを取った点は大きく割り引く必要があるか。

今週の変わり身に期待したいが、この動きを見る限りだと今回は不安が大きい一頭と言える。

予想オッズ

1 フィエールマン 2.2
2 ユーキャンスマイル 3.2
3 キセキ 5.5
4 ミッキースワロー 11.8
5 メイショウテンゲン 13.8

オッズを見るとなかなかヤバそうな天皇賞春。去年は印の付け方や買い方などを変更して悶絶したレースなので、今年はブレずに貫きます。

最後に天皇賞春の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ヤバすぎるメンバーなので普通に勝つ確率が最も高いのはこの馬になるでしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては春の古馬最強馬決定戦だった春の盾だが、長距離レースの価値が落ちたことに加え、ドバイや香港、オーストラリアといった海外遠征や、極めつけは大阪杯のGI昇格により、より長距離色の濃いメンバーが揃うようになった。

ただ、長距離適性以外の理由でココに駒を進める馬も少なからず存在する。それは、大手生産牧場による“使い分け”だ。

今年も、大手生産牧場の代表となるノーザンファームから、去年の覇者フェエールマンを筆頭に、多数の有力馬が出走を予定している。その思惑が馬券攻略のポイントの1つなるだろう。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、今やそれすら満足にできていない現状。外厩施設にも取材が及ぶことはなく、馬券攻略のポイントを把握することは極めて難しい。マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様で、世間的に春の天皇賞が難解と言われるのも当然の話なのだ。

さらに言えば、年間唯一の芝3200mで行われるため、データの数が少なく、過去の戦績などもアテにすることができず、一般ファンが入手できる情報では攻略の糸口を見つけることすら困難。

事実、過去10年の春の天皇賞では1番人気が2勝2着1回と、連対率は全GIの中でワースト、10万馬券決着以上が7回はGIの中でも突出した数字となっている。

つまり、大多数の人間が的中馬券を掴めていない、一般ファン泣かせの難解なレースなのだ。

弊社シンクタンクには、電話、メール、LINEなどで個別に連絡を取れるほど、各界の関係者と親密な関係を築いている情報ルートが多数在籍。どんな状況、どんなレースでもしっかりとジャッジできる情報網を構築している。

天皇賞の重要なポイントとなる情報も既に入手しているが、レース直前まで鮮度の高い情報がシンクタンクには入ってくる。そこで、今回は、天皇賞の関係者情報に加えて、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】も特別無料公開。この機会をお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク