【天皇賞 春2021予想】本命オセアグレイト

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、天皇賞の予想を。アリストテレス、ディープボンド、ユーキャンスマイル、カレンブーケドール、オーソリティなどが出走する芝3200mのG1レース。

なお、こちらの天皇賞春の買い目付きフル予想や日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【スイートピーステークス2021予想他】5月2日勝負レース

週中の羽田盃で大回収した勢いそのままに攻めた土曜はスカ。先週に続いてまたまた地方のプラスをいくから溶かしてのスタートとなってしまいました。

ただ、このまま当てにいく予想をしても仕方がありませんので、日曜もハマった時の破壊力を期待してめげずに攻めます。

GWの3,4,5日に地方で重賞が組まれていますので、この後地方の予想も終わり次第順次追加で更新していく予定ですが、船橋の予想は時間の関係もあってこちらでは更新出来ない可能性もあります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯モズベッロに桜花賞ファインルージュと穴馬好走ラッシュ!

主役不在、混戦模様の天皇賞春もお任せください!

【天皇賞春注目穴馬】

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

中山牝馬S注目馬5選

リアアメリア
ドナアトラエンテ
ロザムール(5人気)→2着
ランブリングアレー(7人気)→1着
サトノダムゼル

【天皇賞春注目穴馬】

天皇賞春

オセアグレイト

前走の日経賞では直線良い手応えで伸びてきたが、最後は思った程弾ける事が出来ず6着止まりの競馬。

最終的には上位3頭には差を付けられてしまったが、4,5着馬とはタイム差なしの競馬に持ち込んでおり、更に休み明け、そして他馬よりも重いハンデ57キロを背負いながらの結果だったという事を考えると、本番に向けての叩き台としてはまずまずの競馬は出来ていたので、前走の着順や相手につけられた着差はあまり気にする必要はないだろう。

2走前の有馬記念ではさすがに相手が強く歯が立たなかったが、それでも直線で一瞬見せ場をつくった辺りからすると仮にもう少し内寄りの枠を引いていれば、という結果でもあったので、その時から一気に相手が楽になる今回はG1でも案外バカに出来ない存在と言えるか。

何より本馬が最も得意とする長距離での競馬という点が魅力で、ダイヤモンドステークス、ステイヤーズステークスとマラソンレースではどちらも崩れる事なく走っているだけに、単純な長距離適性だけの比較になってもここでは他馬を上回っているというのは疑いようがない事実では。

初の関西圏での競馬は気にならない事はないが、叩き2走目、距離適性、そして相手関係と人気が地味な割には買える材料はほぼ揃っている馬なので、この人気で買えるなら大外れ覚悟で狙うのがギャンブルの鉄則か。

人気ブログランキングへ

渾身の◎を打った過去のレースでひと昔前に見られたスタミナを求められるような競馬というよりも、近年よく見られる上がり勝負になる可能性が非常に高いと書いたように、もともと本馬はスタミナタイプの馬という扱いはしていないので、今回の舞台設定に関しては少し適性がズレる気もするが、ここまで相手が弱ければ能力だけである程度の着順は拾ってきそう。

前走も道中の位置取りを考えるとそれなりに強い競馬が出来ているので、後はゴリゴリのスタミナ勝負ではなく、少しでもこの馬が得意とする展開になれば、という感じになる。

オーソリティ

去年のアルゼンチン共和国杯の内容からすると今年は噛み合えばG1でも出番がありそうな気もするので、得意の長距離レースなら休み明けでもいきなりがあっても驚けない。

重賞を2勝している割には派手さを感じない点がいかにもという感じなので、化けるなら特殊な距離での競馬となる今回か。

ディープボンド

前哨戦が派手すぎた点がどうかも、地味に菊花賞でも強い競馬で掲示板を確保している馬なので、今年のメンバーであれば前走に続いてもう一度があってもいい。

◎オセアグレイト
人気ブログランキングへ
▲オーソリティ
☆ディープボンド

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、こちらの天皇賞春の買い目付きフル予想や日曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【スイートピーステークス2021予想他】5月2日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第163回 天皇賞春(GI)>

アリストテレス・ワールドプレミアを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ここ2年はフィエールマンが連覇しているがリピーターの好走が目立つレースでもある。過去10年でもフィエールマンを筆頭にシュヴァルグラン(18年2着・17年2着・16年3着)、キタサンブラック(17年1着・16年1着)、カレンミロティック(16年2着・15年3着)、フェノーメノ(14年1着・13年1着)、ウインバリアシオン(14年2着・12年3着)など馬券圏に入り3頭が連覇している。

過去10年の上位人気馬の成績は1人気【3.1.0.6】・2人気【4.0.2.4】・3人気【0.4.1.5】。上位人気馬で7勝しているが1人気で勝ったのは20年19年を連覇したフィエールマン、17年キタサンブラック3頭のみ。単勝1.3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップなども馬群に沈んでいるように波乱が多い長距離GIである。

また、20年スティッフェリオ(11人気2着)、16年カレンミロティック(13人気2着)、15年カレンミロティック(10人気3着)、14年ホッコーブレーヴ(12人気3着)、12年ビートブラック(14人気1着)などの伏兵馬が好走し波乱を演出している。

平均配当でも馬連1万0940円、3連複3万0540円、3連単25万6410円。馬連3桁配当はなし、馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が6度、3連単最高配当は145万2520円の特大馬券が出ており波乱が多いGIレースである。

過去10年のステップレース別の成績(3着以内)では日経賞【2.3.3】、大阪杯【3.3.0】、阪神大賞典【3.3.5】、京都記念【0.1.1】、AJCC【1.0.0】、ダイヤモンドS【0.1.0】、有馬記念【1.0.0.0】。日経賞・大阪杯・阪神大賞典の3レースから好走馬が多い。

今年はGI馬の出走がワールドプレミア、マカヒキ2頭のみと小粒なメンバー構成。人気になるのは昨年の菊花賞でコントレイルの2着したアリストテレス、阪神大賞典で5馬身差の圧勝劇を演じたディープボンド、一昨年の菊花賞馬ワールドプレミアだが、波乱要素が多い長距離GIでもあり今年も大波乱になる可能性は高い。

実は競馬セブンでは有力馬を脅かす隠れ穴馬の激走情報を極秘入手済!人気薄確実な隠れ穴馬を馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞春・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第163回 天皇賞春(GI)>

アリストテレス・ワールドプレミアを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク