【東京大賞典2019予想】本命オメガパフューム

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は29日の大井メイン、東京大賞典の予想を。オメガパフューム、ケイティブレイブ、ゴールドドリーム、ノンコノユメ、モジアナフレイバーなどが出走するダート2000mJPN1レース。

先日の兵庫ゴールドトロフィーは本命馬が4着止まりで連勝はストップ。まだ地方の重賞は後2戦残されていますが、一応ここが大一番という形にはなるので、良い結果を残して年末を迎えたいと思います。

東京大賞典

本命はオメガパフューム

前走のチャンピオンズカップは6着に敗れてしまったが、実績のない中央の左回りでの競馬だったのである意味参考外と言えるレースで、実際に去年のチャンピオンズカップでも5着に敗れた後、東京大賞典であっさりと巻き返して勝利しているように、その去年と全く同じローテで臨む今年ももう一度があるのではないだろうか。

これまで大井2000mでは3221回とほぼパーフェクトな成績を残しており、去年の東京大賞典と今年の帝王賞が共に強烈な内容で勝利しているので、非常に相性の良いコースでの競馬となる今回は当然勝ち負けに期待が持てる馬と言えるだろう。

後は好調とは言えない鞍上がどこまでこの馬の力を引き出す事が出来るか。ここはその一点に尽きる。

対抗はゴールドドリーム

ここ2走は案外な結果に終わっているが、前走は勝ち馬との若さと勢いの差が着順に反映された感じだったので、今回の相手であれば久々にらしさがみられてもよさそう。

今のこの馬のクセを考えると距離延長もプラスになりそうなので、極端な位置取りでレース運びをしないかぎはこちらも無難に勝ち負け争いに加わってくるか。

にノンコノユメ

現状ほぼベストの条件となる今回の舞台設定なら強豪馬が相手でも非常に怖さがある一頭で、勝ち切るイメージはあまり沸いて来なくとも最後はしっかりと脚を伸ばしてしれっと2,3着を確保してくるのでは。完全に勢いが戻っている今なら馬券圏内は十分狙える馬だろう。

ケイティブレイブ

久々の競馬となった前走は圧巻の内容だったが、相手に恵まれていた事は事実なので、今回は一気の相手強化でどこまでやれるか。半信半疑ではあるが、一応最低でもこのぐらいの評価は必要か。

◎オメガパフューム
〇ゴールドドリーム
▲ノンコノユメ
☆ケイティブレイブ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<東西金杯(G3)>

毎年恒例★金杯でお年玉馬券★が無料

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

2020年度、中央競馬は1月5日(日)に開幕。開幕週初日の重賞は中山・京都で行われる金杯。正月開催の目玉重賞として毎年注目されているハンデ重賞である。

中山金杯、伏兵馬では18年ストレンジクォーク(10人気3着)、11年キョウエイストーム(11人気2着)、10年トウショウヴェイヴ(15人気3着)、09年ミヤビランベリ(11人気3着)などが馬券圏内に好走している。また2015年の勝ち馬ラブリーデイは中山金杯で初重賞制覇を挙げ、その年の鳴尾記念・宝塚記念・京都大賞典・天皇賞秋を4連勝しており、金杯から本格化した1頭だ。

過去10年、中山金杯・上位人気の成績は、1人気[4.1.3.2]、2人気[2.1.0.7]、3人気[2.0.0.8]。平均配当では、馬連2780円、3連複1万4250円、3連単6万8860円。年齢別では4~7歳馬の活躍が目立ち、ハンデ別では意外と軽ハンデ馬が馬券に絡んでいない。

京都金杯・上位人気の成績は、1人気[3.2.1.4]、2人気[0.1.1.8]、3人気[2.2.0.6]。平均配当は馬連3470円、3連複1万8860円、3連単9万6890円。年齢別の成績では、4~6歳馬の活躍が目立つ。ハンデ別では57・55キロが4勝。京都も軽ハンデ馬が馬券に絡んでいない。

毎年恒例のお年玉開催がいよいよ開幕!正月お年玉開催では数多くの万馬券をお届けしておりますが、今年も2020年1月5日中央競馬開幕初日からお年玉馬券となる激穴情報を独占入手済!年初めの重賞・東西金杯もお年玉馬券をお届けできる強力情報を入手済!お見逃しの無い様ご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ホープフルS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク