【東京プリンセス賞2021予想】本命ケラススヴィア

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は28日の大井メイン、東京プリンセス賞の予想を。レディブラウン、サブルドール、アイカプチーノ、グロリオーソ、ウワサノシブコ、ディアリッキーなどが出走するダート1800mのS1レース。

なお、29日に大井で行われる羽田盃の予想はnote内にて更新済みです。

【羽田盃2021予想】

先週のクラウンカップはド本線的中の大回収したブリリアントカップ、東京スプリントには遠く及ばすの結果でしたが、しっかりと的中、回収する事に成功。

クラウンカップ予想結果

1着〇ジョエル
2着△ギガキング
3着◎ジョーロノ

3連複 1,200円

3連単 5,400円

本命が2着ならボーナス感覚で購入していた馬連1点馬券がありましたが、こちらはハナで逃してしまいました。

ブリリアントカップの強烈な回収で地方は年間プラスがほぼ確定していますが、このまま貯金が増える分には何も問題はありませんので、後はもう一度このまま連勝を重ねて無双態勢に入りたいところ。

地方競馬2021年予想結果

報知オールスターカップ ◎タービランス△マンガン▲サウンドトゥルー
ニューイヤーカップ 〇トランセンデンス◎ジョーロノ▲サヨノグローリー
船橋記念 競争中止
TCK女王盃 ◎マルシュロレーヌ▲レーヌブランシュ☆プリンシアコメータ
川崎記念 ハズレ
シンデレラオープン トリガミ
佐賀記念 ハズレ
報知グランプリカップ ハズレ
金盃 ☆マンガン○トーセンブル◎サウンドトゥルー
雲取賞 〇ランリョウオー◎トランセンデンス△タブラオ
ユングフラウ賞 ▲ウワサノシブコ◎ケラススヴィア〇グロリオーソ
エンプレス杯 ◎マルシュロレーヌ▲サルサディオーネ△マドラスチェック
フジノウェーブ記念 △キャプテンキング◎ベストマッチョ〇グレンツェント
名古屋大賞典 ◎クリンチャー△バンクオブクラウズ☆ロードブレス
黒船賞 ハズレ
ダイオライト記念 ハズレ
京浜盃 ハズレ
桜花賞 ハズレ
マリーンカップ ハズレ
京成盃グランドマイラーズ ハズレ
ブリリアントカップ 〇フィアットルクス▲ノーブルサターン◎リンゾウチャネル
東京スプリント ▲リュウノユキナ〇サブノジュニア◎キャンドルグラス
クラウンカップ ○ジョエル△ギガキング◎ジョーロノ
東京プリンセス賞 ?
羽田盃 ?

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯モズベッロに桜花賞ファインルージュと穴馬好走ラッシュ!

主役不在、混戦模様の天皇賞春もお任せください!

【天皇賞春注目穴馬】

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

中山牝馬S注目馬5選

リアアメリア
ドナアトラエンテ
ロザムール(5人気)→2着
ランブリングアレー(7人気)→1着
サトノダムゼル

【天皇賞春注目穴馬】

東京プリンセス賞

ケラススヴィア

これでローレル賞、東京2歳優駿牝馬、ユングフラウ賞、桜花賞に続いて5走連続の本命。

もう何度も書いているが、距離を延ばして徐々に良さが引き出てきたタイプなので、今回の1800mへの距離延長は当然のようにプラスで、他馬を早い段階で千切った前走の桜花賞の内容を見ても今回の相手であれば本馬の能力が頭ひとつリードしている印象を受けるだけに、ここは圧倒的人気に支持されたとしても嫌う必要はなさそう。

それ以上に強烈だったのが2走前のユングフラウ賞で、この馬にとっては距離が短く、更に他馬よりも思いハンデを背負いながらも勝ち馬とタイム差なしの競馬に持ち込んだ段階で相当だと思ったが、結果的に先行馬には厳しい展開だったという事を考えると見た目以上に強い競馬で結果を残しているので、これまで通り終始自分の形に持ち込む事が出来ればまずバタッと止まるような事はないだろう。

人気ブログランキングへ

今回のローテがどう転ぶかわからないが、展開などが色々味方したとはいえ、前走はまず力があってこその結果と言えるので、今回の舞台設定であれば当然怖さがある一頭と言えるか。

逃げ馬を強く意識する競馬になると厳しいかもしれないが、前走のような形に持ち込んでしまえば終いは確実に伸びてくるので、ここは変に色を出さずにこの馬なりの競馬をしてもらいたい。

グロリオーソ

走る条件がほぼ揃っていた2走前の内容から前走は半信半疑の3番手という印となったが、終わってみればしっかりと力で2着を確保してきたので、こちらが思っている以上に案外強い馬なのかもしれない。

おそらく今回の距離も問題なく走ってくると思うので、この条件なら前走の勝ち馬以外との力差はほぼなくなるのでは。

ディアリッキー

過去に何度かケラススヴィアに完敗している馬ではあるが、それなりに相手が揃っていたハートビートプリンセスで実力馬であるスマイルミュを下して勝利しているので、ケラススヴィア意外の馬との比較になれば本馬も能力上位の存在と言える。

◎ケラススヴィア
人気ブログランキングへ
▲グロリオーソ
☆ディアリッキー
△サブルドール
△アイカプチーノ
△イヤサカ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

なお、29日に大井で行われる羽田盃の予想はnote内にて更新済みです。

【羽田盃2021予想】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第163回 天皇賞春(GI)>

アリストテレス・ワールドプレミアを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ここ2年はフィエールマンが連覇しているがリピーターの好走が目立つレースでもある。過去10年でもフィエールマンを筆頭にシュヴァルグラン(18年2着・17年2着・16年3着)、キタサンブラック(17年1着・16年1着)、カレンミロティック(16年2着・15年3着)、フェノーメノ(14年1着・13年1着)、ウインバリアシオン(14年2着・12年3着)など馬券圏に入り3頭が連覇している。

過去10年の上位人気馬の成績は1人気【3.1.0.6】・2人気【4.0.2.4】・3人気【0.4.1.5】。上位人気馬で7勝しているが1人気で勝ったのは20年19年を連覇したフィエールマン、17年キタサンブラック3頭のみ。単勝1.3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップなども馬群に沈んでいるように波乱が多い長距離GIである。

また、20年スティッフェリオ(11人気2着)、16年カレンミロティック(13人気2着)、15年カレンミロティック(10人気3着)、14年ホッコーブレーヴ(12人気3着)、12年ビートブラック(14人気1着)などの伏兵馬が好走し波乱を演出している。

平均配当でも馬連1万0940円、3連複3万0540円、3連単25万6410円。馬連3桁配当はなし、馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が6度、3連単最高配当は145万2520円の特大馬券が出ており波乱が多いGIレースである。

過去10年のステップレース別の成績(3着以内)では日経賞【2.3.3】、大阪杯【3.3.0】、阪神大賞典【3.3.5】、京都記念【0.1.1】、AJCC【1.0.0】、ダイヤモンドS【0.1.0】、有馬記念【1.0.0.0】。日経賞・大阪杯・阪神大賞典の3レースから好走馬が多い。

今年はGI馬の出走がワールドプレミア、マカヒキ2頭のみと小粒なメンバー構成。人気になるのは昨年の菊花賞でコントレイルの2着したアリストテレス、阪神大賞典で5馬身差の圧勝劇を演じたディープボンド、一昨年の菊花賞馬ワールドプレミアだが、波乱要素が多い長距離GIでもあり今年も大波乱になる可能性は高い。

実は競馬セブンでは有力馬を脅かす隠れ穴馬の激走情報を極秘入手済!人気薄確実な隠れ穴馬を馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞春・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第163回 天皇賞春(GI)>

アリストテレス・ワールドプレミアを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク