【東京新聞杯2018予想】本命クルーガー

スポンサーリンク


こんにちは。

遅くなりましたが続いて東京メイン、東京新聞杯の予想を。アドマイヤリード、サトノアレス、クルーガー、リスグラシュー、ダノンプラチナ、カデナ、ダイワキャグニー、グレーターロンドンなどが出走予定。

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「きさらぎ賞」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

東京新聞杯

本命はクルーガー

富士ステークスで本命にした際に、マイラーズカップでダノンシャークを競り落とした内容からして1600mの距離適性はかなり高いと言っていた馬で、実際にその富士ステークスでも枠順や馬場が味方したとはいえ、ただ1頭後方から脚を伸ばして重賞実績のあるレッドアンシェル、ペルシアンナイト、ブラックムーンに先着し、エアスピネル、イスラボニータに次ぐ3着。

続くマイルチャンピオンシップでも強豪馬相手に勝ち馬から0.3秒差の7着と大きく負けておらず、やはりこの距離への適性は相当では。前走の京都金杯でも決して有利とは言えない大外枠からの競馬となったが、最後に内を上手く突いて2着を確保。この時のハンデが57.5キロだった事を考えると強い競馬だった。

今回は枠順もいいところを引け、ハンデが56キロになるのも魅力。前回本命にした時は調教の動きからして馬が全く違って見えたが、今回も中間の動きは上々といえ、馬体の張りも抜群。基本的に間隔が開いている時の方が馬体を良く見せるタイプではあるものの、今は使われても状態は良い頃とほぼ変わらずといった感じなのでここは本来の力を発揮する事が出来るだろう。現在の東京の馬場もこの馬に味方する。

対抗は人気薄ではあるが人気ブログランキングへが面白い。

有力どころに追い込み馬が多いので展開を考えると怖い1頭。もともと1400mで買いたいと思っていたが、今の馬場と今回の展開であればこの馬の競馬がここでガッチリハマる可能性は十分考えられる。さすがに能力は少し劣ってしまうが今回は東京実績も重賞実績もある割には人気がなさすぎる印象で、枠順も絶好なだけに人気を考えると狙う価値はあるだろう。

▲はハクサンルドルフ

昇級戦になるので楽な戦いにはならないと思うが、個人的にNHKマイルでも本命にした馬で、能力は重賞でも足りる馬だと思っている。東京コースも合っており、6着に敗れてしまったNHKマイルでも最後は大外から伸びて0.3秒差まで詰め寄ってきており、少しチグハグな競馬だった事を考えると悲観するような内容ではなかった。

同コースでの競馬は5走前の多摩川ステークス以来となるが、その時は勝ち馬のメートルダールとタイム差無しの2着。相手はマイラーではないものの、重賞馬相手にあれだけの競馬が出来るならここでも十分やれる。

☆にダイワキャグニー

外枠は気になるが先行力があるのは魅力で、他の有力馬が後ろから行く馬が多いだけにここは展開的にも明らかに有利だろう。過去4勝全てを東京であげている馬なので、中山から東京コースに替わるのは大幅なプラスで、2走前のキャピタルステークスの勝ち時計、1分32秒6というのも優秀。重賞に手が届くとすれば今回のコースでは。

もう少し評価する予定だったダノンプラチナは枠順などで評価を下げた。

こちらも今回のメンバーであればそれなりの位置で競馬が出来るか。前走は久々の勝利だったが明らかに相手も楽だったのであの1戦だけで復活したとは言い切る事は出来ないが、過去に重賞勝ちした東京マイルという舞台は合っているはず。前走からハンデが1キロ軽くなるもの魅力なので極端に後ろからの競馬にならない限りはそれなりの着順は拾ってくるのでは。

ただ、もう少し内寄りの枠が欲しかった事と、今回の馬場状態、最後にずっと乗り続けてきたジョッキーが乗らない事でこの馬の良さを引き出せるのかが微妙というところが引っかかってしまい当初よりも評価を落として馬券を組む事にした。

◎クルーガー
〇穴人気ブログランキングへ
▲ハクサンルドルフ
☆ダイワキャグニー
△穴ストーミーシー
△ガリバルディ
△ベルキャニオン
△アドマイヤリード
△デンコウアンジュ
△ダノンプラチナ
△リスグラシュー
△グレーターロンドン

穴対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 東京新聞杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

マイル路線を歩む馬たちにとって、春の大目標となるのは6月の安田記念。直近にもいくつか前哨戦は組まれているものの、実は、安田記念前に東京マイルで行われる重賞はココしかない。そのため、本番から約4ヶ月と間隔は開くものの、本番さながらの好メンバーが揃うケースも少なくない。今年も出走予定馬には、アドマイヤリード、ダノンプラチナ、グレーターロンドンなど有力馬が名を連ねている。

そして、このレースで馬券の肝となるのが4歳馬の存在だ。安田記念週に行われるクラス再編成によって、4歳馬は賞金が半分になってしまうため、必然的に出走に必要な賞金ボーダーが高くなっていく。陣営とすれば「早い段階で賞金を加算して、本番までのローテーションを楽にさせておきたい」との思惑を持つのは当然の流れとなるが、とはいえ、4歳馬が全て勝負というわけではなく、その辺りは正確なジャッジが必要となる。

そのために必要となるのが、競馬関係者から入手した確かな情報。建前しか伝えることができない一般マスコミとは違い、増沢末夫、平井雄二、中野渡清一など競馬界の大物OBが情報ルートして在籍する当社シンクタンクには、トレセン内はもちろん、マスコミの取材が及ばない外厩施設や、馬主関係者など、あらゆる競馬関係者から隈なく情報収集を行っている。

本来、こうした情報を一般公開することはできないのだが、今週はより多くの方に本物の関係者情報を知って頂くべく、シンクタンクを初めてご利用の先着100名様限定で、東京新聞杯の【3連単勝負馬券】を特別に無料公開する。この機会に、是非シンクタンクの情報を体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 東京新聞杯(G3)

万馬券を狙い撃つ【3連単勝負馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク