【東京新聞杯2020予想】本命レッドヴェイロン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、東京新聞杯の予想を。ヴァンドギャルド、クリノガウディー、サトノアーサー、プリモシーン、レイエンダなどが出走する芝1600mのG3レース。

土曜の京都メイン、アルデバランステークスは本命対抗馬のワンツーも相手抜けで3連単はハズレ。一応東京の芝の傾向はある程度掴めた気がしますので、そろそろ得意の競馬場で結果を出したいところです。

まずは本題の前に京都メインの重賞、きさらぎ賞の予想を軽く。

きさらぎ賞

人気ブログランキングへ

ここは普通にアルジャンナが強いと思うので、馬券はこの馬との馬連一点で勝負したい。ボーナスは単勝と馬単。

東京新聞杯

本命はレッドヴェイロン

個人的に紅葉ステークス、キャピタルステークスに続いての本命。前走のキャピタルステークスでは直線で前が壁になり追い出すタイミングがワンテンポ遅れてしまったものの、外に進路を確保すると重い馬場を苦にする事なく豪快に脚を使って2着を確保。

2前走の紅葉ステークスも相手につけた着差こそ僅かなものだったが、ラストの手応えを見ると内容的には快勝と言えるもので、更にこの時は約一年ぶりの競馬で明らかに余裕残しの仕上げだった事を考えると非常に内容の濃い勝利だったと言える。

以前から東京マイルはツボと言い続けて来たが、その言葉通り2.1.1.0とこの条件ではほぼパーフェクトな成績を残しており、3着に敗れた1戦もG1NHKマイルで勝ち馬とはタイム差なしの競馬とほぼ勝ちに等しい内容となれば、今回の条件であれば人気でも逆らう必要はないだろう。

死角があるとすれば今回のDコースという事になるが、例年とは違ったレース傾向が出ている今年の馬場ならおそらく大きな問題にはならないのでは。

対抗はシャドウディーヴァ

地味ではあるが前走が見た目以上に強いと感じる内容だったので、もともと重賞でも、と思っていた馬がいよいよ本格化したのかもしれない。距離はもう少しあった方がいい気もするが、スピードもあって前で上手く立ち回れる器用さもあるタイプなので、東京マイルでもDコースなら問題なくこなしてくるのでは。

▲穴にモルフェオルフェ

大敗した前走の愛知杯は展開や距離が合わず参考外。連勝したマイル戦への距離短縮となる今回はさすがにあそこまで大きく負ける事はないのでは。手綱を取る鞍上もこの手のタイプの馬とは手が合うと思うので、自分の形に持ち込む事が出来れば大駆けがあっても。

☆にヴァンドギャルド

前走のレースと過去の東京スポーツ杯2歳ステークスの内容が良かったので、東京マイルという舞台設定は間違いなくこの馬に合っているが、今回の相手強化でどこまでやれるかは正直疑問なので、人気を考えると押し出された形での4番手という評価となった。

◎レッドヴェイロン
〇シャドウディーヴァ
▲穴モルフェオルフェ
☆ヴァンドギャルド
△サトノアーサー

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

レッドヴェイロンに本命を打ちながらも馬券はほぼ対抗馬と▲穴の好走待ちという事になりそう。一応波乱が多いレースでもあるので、点数も絞っている事もあって縦目の〇▲~〇▲☆△の組み合わせなどもお楽しみで買っておく。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 東京新聞杯(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外遠征が盛んとなり、レース選択にも幅が出てきているが、古馬マイラーにとって、春の大目標となるのは安田記念。そこまでにいくつか前哨戦はあるものの、上半期に古馬が出走できる東京マイルの重賞は、実は東京新聞杯しかない。

それゆえ、本気で安田記念を見据える陣営であれば、「東京のマイル戦を経験させておきたい」と考えるのは必然。去年、春秋マイル連覇を見事に果たしたインディチャンプもこのレースを勝利している。他にもヴァンセンヌ(2015年勝ち馬)は同年の安田記念で2着、他にも15番人気で3着に食い込んだコスモセンサー(2012年)は東京新聞杯の2着馬だった。

更に、古馬牝馬にとっての目標となるヴィクトリアマイルにも同様のことが言える。去年の年度代表馬で、宝塚記念、有馬記念の大本線1点目的中に大いに貢献してくれたドル箱情報馬リスグラシューは一昨年の東京新聞杯を勝利しており、同年のヴィクトリアマイルで2着。2014年の勝ち馬ヴィルシーナもココに出走していた。

一見すれば冬場に行なわれるG3の1つに過ぎないが、内情をよく知る関係者からすれば非常に注目のレースとなる。

もちろん、GIは見据えず、「左回りのマイル戦はベスト」とココを全力で獲りに来る陣営もいれば、この時期によく聞く言葉だが、「先々のために賞金加算をしておきたい」という思惑の陣営もいる。このレースの馬券を獲るためにはこうした表向きに公表されない本音、内情を知らねばならない。

増沢末夫、中野渡清一、平井雄二ら元騎手、調教師を務めた競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクは、当然ながら陣営の本音、内情を知ることができる態勢が整っている。事実、去年の東京新聞杯は1万8190円の万馬券を的中させている。

馬券を考える上でも、安田記念やヴィクトリアマイルといったGIを考える上でも、東京新聞杯の関係者情報は非常に重要となる。そこで、今週は特別に東京新聞杯の関係者情報を【馬券候補5頭】と合わせて無料公開する。この機会にシンクタンクの情報力、そして本物の関係者情報の存在を体感していただきたい。

※同日のきさらぎ賞も無料でお伝えします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 東京新聞杯(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク