【東京新聞杯2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、東京新聞杯に出走を予定しているヴァンドギャルド、プリモシーン、レイエンダの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

白富士ステークス予想結果

7着◎ダイワキャグニー

思い描いていた馬場とは全く真逆だった事もあって大外れ。今週末までに修正します。

シルクロードステークス予想結果

2着◎エイティーンガール

もう少しスムーズな競馬が出来ていればボーナスの単勝、馬単までありましたが、ここはほぼ想定内の結果。

根岸ステークス予想結果

10着◎カフジテイク

また買ってしまいそうな内容でしたが、もうこれ以上は罠のような気も。

先週はシルクロードステークスの1本のみの的中だったので超微プラで終える事になりましたが、東西共に馬場はある程度読む事が出来ているので、今週末はどちらの競馬場でも大きな当たりを出せたらと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 予告の重賞勝負で断然の実績 ■

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!

ターコイズSも1970円1点的中!

12月14日・ターコイズS[G3] [馬連1点勝負]   1970円的中
[3連単]    1万5280円的中

大物馬主関係者が大金獲得に挑む

【東京新聞杯・G3】

馬連1点勝負!

今回限り特別無料配信!

早い者勝ちです。お急ぎ下さい!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

東京新聞杯一週前追い切り

ヴァンドギャルド

外の馬が邪魔で肝心な直線での動きが確認出来ないが、キビキビとした躍動感のある走り、そして軽快な脚捌きが目に付く。頸と脚を出すリズムも絶妙で、これである程度負荷をかけられていればもう少し最後は伸びていたのではないだろうか。

よって今回の遅れは全く気にする必要はないとみるが、ちょっと馬体にお釣りがなさそうな点は気になってしまうので、今週の追い切りをセーブしてくる可能性も。

プリモシーン

折り合い面は相変わらずといった感じで、前半は頭の位置が安定せず内面も大きく乱れる。今回もこの内面の悪さが課題となるのは間違いないと思うが、追われた時の反応や伸びは抜群に良く、あっと言う間に前の馬を捉えて一気に先頭に立ったのはこの馬の持っているスピードと瞬発力がそれだけ抜けているという事。

ただ、外の馬の手応えが良すぎた事と前半に無駄な脚を使った事が影響して最後は交わされてしまったが、一応まだ手応えには余裕があったので、もう少し早い段階で抜け出していれば恐らく先頭とキープ出来ていたのではないだろうか。

これまでの傾向からすると今週は軽い追い切りになると思うが、今回の追い切りの動きを見る限りでは終わった感じは全くしないので、狂った歯車が噛み合えば大幅な変わり身があっても驚けない。

レイエンダ

こちらも前半は折り合い面に苦労する場面が見られ、リズムの悪さや頸の可動域の狭さが目に付いている。力みは気にならないというコメントこそ出ているが、動きを見るととてもそうとは思えず、今回の乗り役にこの馬を上手く操る事が出来るかどうかは正直微妙な気も…。

チップを被って嫌がってしまった事もマイナスなので、今週は動き以上に内面をいかに上手く保てるかが課題となる。

予想オッズ

1 レッドヴェイロン 3
2 ヴァンドギャルド 4.9
3 レイエンダ 6.8
4 プリモシーン 7.5
5 サトノアーサー 11

最後に東京新聞杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

極端な外を引かなければこの馬から勝負したいレース。今週はここ1本強めに行こうと思っています。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第70回 東京新聞杯(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外遠征が盛んとなり、レース選択にも幅が出てきているが、古馬マイラーにとって、春の大目標となるのは安田記念。そこまでにいくつか前哨戦はあるものの、上半期に古馬が出走できる東京マイルの重賞は、実は東京新聞杯しかない。

それゆえ、本気で安田記念を見据える陣営であれば、「東京のマイル戦を経験させておきたい」と考えるのは必然。去年、春秋マイル連覇を見事に果たしたインディチャンプもこのレースを勝利している。他にもヴァンセンヌ(2015年勝ち馬)は同年の安田記念で2着、他にも15番人気で3着に食い込んだコスモセンサー(2012年)は東京新聞杯の2着馬だった。

更に、古馬牝馬にとっての目標となるヴィクトリアマイルにも同様のことが言える。去年の年度代表馬で、宝塚記念、有馬記念の大本線1点目的中に大いに貢献してくれたドル箱情報馬リスグラシューは一昨年の東京新聞杯を勝利しており、同年のヴィクトリアマイルで2着。2014年の勝ち馬ヴィルシーナもココに出走していた。

一見すれば冬場に行なわれるG3の1つに過ぎないが、内情をよく知る関係者からすれば非常に注目のレースとなる。

もちろん、GIは見据えず、「左回りのマイル戦はベスト」とココを全力で獲りに来る陣営もいれば、この時期によく聞く言葉だが、「先々のために賞金加算をしておきたい」という思惑の陣営もいる。このレースの馬券を獲るためにはこうした表向きに公表されない本音、内情を知らねばならない。

増沢末夫、中野渡清一、平井雄二ら元騎手、調教師を務めた競馬界の大物OBが情報ルートとして在籍する弊社シンクタンクは、当然ながら陣営の本音、内情を知ることができる態勢が整っている。事実、去年の東京新聞杯は1万8190円の万馬券を的中させている。

馬券を考える上でも、安田記念やヴィクトリアマイルといったGIを考える上でも、東京新聞杯の関係者情報は非常に重要となる。そこで、今週は特別に東京新聞杯の関係者情報を【馬券候補5頭】と合わせて無料公開する。この機会にシンクタンクの情報力、そして本物の関係者情報の存在を体感していただきたい。

※同日のきさらぎ賞も無料でお伝えします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第70回 東京新聞杯(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク