【東京スポーツ杯2歳ステークス2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、東京スポーツ杯2歳ステークスに出走を予定しているアガラス、アドマイヤスコール、ヴェロックス、カテドラル、トーセンギムレット、トーラスジェミニ、ニシノデイジー、ホウオウサーベル、ルヴォルクの最終追い切りに関する記事を。

2歳戦とだけあって馬が幼い事もあり、評価するに出来ないという状況もあってここはサクッといきます。

まずは本題の前に東京スポーツ杯2歳ステークスの予想オッズから。

予想オッズ

1 ルヴォルグ 2.5
2 ヴェロックス 3.7
3 カテドラル 4.8
4 ダノンラスター 6.9
5 ホウオウサーベル 9.0

1人気は初戦が圧勝、鞍上ムーアのルヴォルグ。続いてルメール騎乗のヴェロックス、無敗のカテドラルとなりそうだが、ダノンラスター、ホウオウサーベルも鞍上込みで人気になるだろう。このレースもマイルチャンピオンシップ同様に、上位人気馬がほぼ外国人ジョッキーという事になりそう。

毎年のようにクラッシックだけではなく、後の活躍馬を出している出世レース。今年もそれなりに豪華なメンバーが揃ったと言えるでしょう。

マイルCSの最終追い切りなどの記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

東京スポーツ杯2歳S最終追い切り

アガラス

走るリズムや脚捌きは荒く幼さが残る走りではあるが、手応え以上に反応は良く、がむしゃらなりにしっかりと走りきった。脚の回転の速さは物足りないが、地面を捉えた時の力強さはそこそこのものを感じる。馬体にも張りはあるので仕上がりは上々か。

アドマイヤスコール

多少身体が硬く、まだ頸を上手く使えていないような走り。追われた時の反応も鈍いが、エンジンがかかればスピードはそこそこで、これで反応が良くなれば‥という感じ。気性面が表に出ている事も現時点ではプラスだろう。

ヴェロックス

手応えは最後まで楽だったが、地面を捉える脚が軽すぎる印象で、力強さには大きく欠ける走り。まだ身体も使えておらず、胸の広さも目に付く。後脚の硬さがいかにもこの産駒という感じ。動きは平凡で特に目立たなかった。

カテドラル

まずこの産駒らしい可動域の広さが目に付く。身体も大きく使えており、フォームの乱れも一切感じない完成度の高い走りを披露した。前脚は思ったほど上がらないが、それでもリズムを崩さず走れており、脚の回転の速さからしても出来はかなり良さそう。トモやひばらに緩さもない。

トーセンギムレット

前脚をしっかりと上げて走れており、頭の高さやリズムも悪くない。しっかりと負荷もかかっており、負荷をかけられた分、最後もしっかりと脚を使った。スピード、パワーどちらも感じる走り。

トーラスジェミニ

馬に活気があり、走るリズムも良く脚の回転も速い。手応えは楽だったが、それ以上に反応も良く、乗った時のスピードも上々とどこも減点材料が見当たらず。大きく目立つ動きではないものの、現時点での馬の完成度は高い。

ニシノデイジー

全体的に馬が幼く身体を使えた走りとは言えないが、反応の良さ、脚の回転の速さ、そして馬体の張りとどこも悪い点は見当たらず。この荒さをどう評価するか難しいところではあるが、間隔があいた割には馬は出来ている。

ホウオウサーベル

全体的な動きとしては平凡も、可動域は広く、力強い走り。頸と脚を出すリズムも安定しており、若い割には身体の使い方も上手い。ただ、馬体に多少緩さがあるので、ここを全力というつくりではない。

ルヴォルク

この厩舎らしい仕上げなので評価は難しいが、追われた時の反応が鈍く、脚の回転にも物足りなさを感じる。動きが大きく積まれているエンジンは相当なものを感じるが、まだまだ完成途上というつくり。将来性ならこの馬か。

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

2歳戦なのでここは完成度の高さでこの馬を評価しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第35回 マイルCS>

不動のマイル王不在で大混戦!
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のマイル王決定戦・安田記念では異例のローテーション、連闘で挑んだモズアスコットが優勝、2着アエロリット、3着スワーヴリチャードで決着。秋のマイル王決定戦となるマイルCSには秋春マイル王の座を狙うモズアスコット、毎日王冠で牡馬勢を倒したアエロリット、昨年の覇者ペルシアンナイトやエアスピネル、アルアイン、ケイアイノーティック、ステルヴィオなどが参戦。近年でも絶対的王者不在のマイルGIとあって、今年も好メンバーが揃い大激戦模様。

過去10年、関東馬で勝利したのは15年モーリスのみ。東西別の成績では関東馬【1・3・2・50】関西馬【9・7・6・95】と圧倒的に関西馬の活躍が目立つ。平均配当では、馬連4890円、3連複1万8200円、3連単12万8600円。伏兵馬では11年フィフスペトル(11人気2着)、10年エイシンフォワード(13人気1着)、09年マイネルファルケ(14人気2着)、08年ファイングレイン(10人気3着と4頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

ステップレース別の成績では富士S組が3勝、天皇賞秋組が2勝。その他ではスワンS、スプリンターズS、府中牝馬S、安田記念、京都大賞典組がそれぞれ1勝を挙げている。勝利馬3頭を含む7連対の富士S組の好走が目立つ。

GI馬7頭が参戦する今年のマイルCS。競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?公にはならない関係者した知りえない裏情報!絶対にお見逃しの無いようご注意下さい!

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『マイルCS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク