【日本ダービー2020予想】本命ヴェルトライゼンデ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、日本ダービーの予想を。コントレイル、サリオス、サトノフラッグ、ガロアクリーク、ディープボンド、アルジャンナ、ダーリントンホールなどが出走する芝2400mのG1レース。

その他の追い切りや目黒記念の予想に関してはこちらから。

【追い切り、目黒記念2020予想】

今年もいよいよ日本ダービー。

もう数年連続で現地観戦しているG1ですが今年は残念ながら無観客での開催。

無観客での開催というのは少し寂しい気もしますが、まずは開催されている事に感謝すべきでしょう。

ただ、今年は有力馬にクラブの馬がいる事を考えると出資者の気持ちが痛いほどよくわかりますので、せめて出資者だけでも、とは思ってしまいますね。

個人的にこの年のクラシック制覇の夢は出資の段階で捨てて来年のダービーに全てを託しているので、来年の今頃はおそらく現地で前夜祭をしている頃だと思います(強気に予告しておきます)。

今年の2歳馬は現時点ではかなりの手応えを感じているので、まずは何も頓挫なく無事に走ってくれれば…。

では余談はこれぐらいにしてそろそろ本題の予想へ。

先日触れたように日本ダービーの的中に関しては数年前の◎マイネルフロスト~〇イスラボニータ▲ワンアンドオンリーのワイド5000円2点買い+ボーナスの3連単まで遡る事になりますので、最近はその時に回収したお金をただただ返済しているだけのレースとなっております。

日本ダービー

本命はヴェルトライゼンデ

何度も書いているように父ドリームジャーニーから受け継いだトビの大きさやレースセンスの高さがウリの馬なので、その特徴からすると広いコースよりもひとクセある中山コース向きという評価に変わりはないが、今の東京なら前々で上手く立ち回れば残り目があると判断。

期待を大きく裏切った前走の皐月賞はピンク帽を引き当てた事で控える競馬になってしまった事に加えて、直線では外が伸びる馬場の中で内を通っての着順。

この日ヴェルトライゼンデと同じく内を通って大敗したディープボンドやビターエンダーが次走の京都新聞杯、プリンシパルステークスで勝利している事を考えると完全に見直し可能な敗戦と言えるので、あの着順がこの馬の力を出し切っての結果ではないだろう。

更に萩ステークスのレース後に渋った馬場を気にしながら走っていたというコメントがあったように、本来はパンパンの良馬場向きの馬。よって前走は多少なりとも馬場が影響しての着順、結果と言えるだけに、前走の大敗だけで見切ってしまうのは危険と言えるのでは。

2着に敗れたスプリングステークスも皐月賞と同じく馬場が荒れた内を通っての結果なので、少なくとも皐月賞で3着に入線したガロアクリークとの力差はほぼ無いという考えで勢力図を組み立てる事になれば、コントレイル、サリオスの2強に割って入れるのは不完全燃焼の競馬が続いているヴェルトライゼンデという答えに行き着く事になるので、ここまで人気が落ちるようなら最初に書いた持論はとっとと捨てて普通に買いでいいだろう(この答えに行き着く時点で変態かもしれませんが…)。

過去に日本ダービーで4着に入線したワールドエースの弟なら血統的な裏付けも十分とみる。

対抗はコントレイル

東京スポーツ杯2歳ステークスで馬場のド真ん中からぶっこ抜いた段階で今年のダービー馬はこの馬と思い続けてきたので、順調に駒を進めてきた今回は当然人気でも変に逆らうような事はしない。

直線入口で軽く追っただけで楽々突き抜けた2走前のホープフルステークス、外から実力馬サリオスを捉えて快勝した前走の皐月賞の内容も素晴らしいが、おそらくベストは左回りの馬だと思うので、東京コースでの競馬なら前走でサリオスにつけた1/2馬身という着差は更に広がる事になるのでは。

大舞台に滅法弱い鞍上は気になるものの、普通に不利を受ける事なくまともな競馬が出来れば、無敗の2冠達成も夢ではないだろう。

▲にサリオス

朝日杯フューチュリティステークスで相手にした馬のレベルが気になってしまい、前走の皐月賞では能力は認めつつも多少疑いの目で見ていた馬ではあるが、普通に直線ではコントレイルとのマッチレースに持ち込む負けて強しの2着。

コースや展開次第では前走の着順はひっくり返ってもよさそうな気もするが、今回は相手が東京コースで大きくパフォーマンスを上げてくる可能性が高いだけに、ここで前走の着順をひっくり返すのはそう簡単なものではないか。

それでも今年の3歳牡馬の中ではこの馬とコントレイルの能力が少し抜けている印象を受けるので、いつものように直線で早めに抜け出す展開に持ち込めば馬券圏内はしっかりと確保してくるだろう。

☆穴に人気ブログランキングへ

この馬を本命にするか迷いはしたが、最終的には枠順や経験値、そして能力の差で4番手評価までの印となった。それでも展開不向きの中で見せ場たっぷりの競馬をした前走の内容はそれなりに優秀だったので、今回もすんなり自分の競馬、形に持ち込む事が出来れば人気以上の着順が拾えるのではないだろうか。

距離は気持ち長い感じもするが、この時期の東京2400mならまだ誤魔化しが利くと思うので、ここまで人気が地味であれば上位評価して事故を待つのが面白い。

◎ヴェルトライゼンデ
〇コントレイル
▲サリオス
☆穴人気ブログランキングへ
△マンオブスピリット
△ビターエンダー
△ディープボンド
△サトノフラッグ
△ガロアクリーク
△サトノインプレッサ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

※15:20一応パドックからヴァルコスを追加しておきます。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第87回 日本ダービー(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

無敗の2歳王者同士の対決となった皐月賞は、コントレイルがサリオスを半馬身差で下す結果に。3着ガロアクリークは3馬身半も後ろと、この時点では2頭の力が抜けていたことは否めない。

そこから約1ヶ月、その差を埋めることができる馬が存在するのか。はたまた、未対決の新興勢力の台頭があるのか。ダービー攻略の1つのポイントと言えるだろう。

青葉賞を制したオーソリティは戦線離脱、プリンシパルSは皐月賞9着のブラックホールが制し、京都新聞杯も皐月賞10着のディープボンドが制した。この結果からすると、『皐月賞組強し』とも見えるが、前哨戦は前哨戦。結論づけるのは早い。

また、皐月賞から2ハロン延びる距離も、大きなポイントと言えよう。コントレイルにせよサリオスにせよ、2歳時は『距離が延びていい』とのジャッジはされていなかった馬。無論、能力の高さと成長分は考慮すべきだが、気にすべき点ではある。

ダービーを攻略する上で、他にもまだまだポイントとなる点は多いが、昔から『全てのホースマンの夢』と言われる日本ダービーでは、各陣営の思惑や本音が、普段以上に表に出て来なくなることは、想像に難くないだろう。

日本ダービーは世間にも認知されているビッグイベントの1つで注目度が高いゆえ、新聞を売りたい日刊紙などが週頭から集中して取り上げる。他のスポーツがほぼ行われていない現状からすると、より力を入れることになるだろう。

だが、今年は厳しい取材制限、無観客競馬で行われるため、一般マスコミが入手できる情報はどこも同じようなものばかり、建前だけがズラリと並ぶことになる。そんな情報を頼りにしていては、運を天に任せるような行為に等しい。

弊社シンクタンクには、ダービー2勝の鉄人ジョッキー増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二、グリーングラスの安田富男といった元騎手、元調教師だけでなく、数多くの大物関係者が情報ルートとして在籍。

後輩にあたるトレセン内の関係者や、馬主や牧場、エージェントや外厩などといったところまで、電話、メール、LINEなど個別に連絡を取り話を聞くことができる情報網を確立している。

シンクタンクが入手する情報は、一般マスコミとは一線を画する、的中へと繋がる情報なのだ。

今年の日本ダービーも、多くの方々が馬券を買い、競馬を楽しまれることだろう。せっかく馬券を買うのであれば、

『本物の関係者情報を知って欲しい』

そんな思いから、今週の日本ダービーでシンクタンクが掴んでいる関係者情報と馬券候補が一気に絞れる“情報注目馬5選”を、特別に無料公開することが決定。競馬をもっと楽しみたいなら、絶対にオススメだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第87回 日本ダービー(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク