【日本ダービー2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、日本ダービー(東京優駿)に出走を予定しているアルジャンナ、ウインカーネリアン、ガロアクリーク、コントレイル、サトノフラッグ、サリオス、ダーリントンホール、ディープボンド、ビターエンダー、ワーケアの最終追い切りに関する記事を。

日本ダービーという事で今週はいつもよりも多めに更新していきます。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着

先週の追い切り注目馬もどちらもダメとここにきて一気に失速と完全にダメなパターンに。どちらのレースも人気馬も悪い追い切り、動きではなかったのでベタに当てにいく事も考えましたが、それなりの人気馬を拾えてこそだと思っていますので、これからも人気馬と遜色ない動きをしている馬がいれば優先的にそちらを指名出来たらと思っています。

日本ダービーの穴馬3頭

日本ダービー(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

日本ダービー(G1)の予想を無料で見る

東京優駿最終追い切り

アルジャンナ

さすがに先週びしっと追われていたのである程度馬体は絞れてきたが、それでもまだまだ動きは重く脚捌きには鈍さが残っている。今週も手応え以上のものは感じられず、全体的に地味な追い切りとなっている。

以前走りがゴトゴトとしたパワー寄りのタイプで、父よりも母の血が濃く馬体に出ている珍しい馬と書いた事があるが、今回はこの特徴が悪い方向に転んでいるような動きとなっているので、やはりもう少し素軽さが出ない事には何とも言えないだろう。

身体の使い方が下手な点からすると完成するのはまだ先の馬。よって完全に本格化するのは秋以降という事になると思うので、菊花賞、天皇賞秋路線などで改めて期待したい。

ウインカーネリアン

今週も想像していた以上に負荷はかけてこなかったが、フォームの安定感と頸を出すリズムの良さは素晴らしい。ただ、一週前追い切り同様に走りに無駄がない割にはイマイチ弾けきれていない点は気になるポイントで、可動域もいつも以上に狭く感じてしまうだけに、前走からの上積みにはあまり期待は持てないか。

決して悪い動き、追い切りではないが、日本ダービーの最終追い切りとして考えるとちょっと地味に見えるというのが答えになるので、一週前追い切りに続いて高いレベルでの平凡という評価としておく。

ガロアクリーク

四肢の可動域の広さと脚捌きの力強さが目に付いているが、乗ってからのスピードも相変わらずで、追ってからの反応も随分と良くなった印象を受ける。先週ギリギリに感じた馬体もしっかりと戻っており、トモや肩の筋肉の張りを見ても相当つくってきた感じがするので、今回は後先考えずお釣りなしの仕上げと思っていいだろう。

意外にも前走からの上積みも大きそうな一頭と言えるので、この出来であればもう一度があっても驚けないが果たして。

コントレイル

フォームの安定感と全体的な走りとしてのバランスが素晴らしく見える点は勿論、脚の回転の速さと力強い脚捌きは非常に見栄えしている。先週感じた馬体の緩さも完全に改善されており、今回はトモを含めて馬体がパンパンに張っている抜かりのない仕上がりとなった。

ただ、仕上がりすぎている事もあってか、いつも以上に気持ちが入りすぎている印象を受けるので、この気性がレースで足を引っ張るという可能性もなくはないが…。

一応距離に不安は残しつつも、今回の最終追い切りでは最後まで身体を大きく使ってノビノビと走れてはいたので、このままレースでも内面をセーブ出来れば2冠達成もそう難しい事ではないだろう。やはり積まれているエンジンの大きさは相当か。

サトノフラッグ

一週前は集中力に欠けてしまうような場面が見られたが、今週は最後までしっかりと集中して走り切れた。可動域の広さとトモから来る後脚の力強さは素晴らしく、フォームを低く保ってグイグイと伸びていく姿は非常に見栄えする。

馬体の張り、脚捌き、全体的な素軽さと走りのリズムなどどこを取っても前走以上。その前走でも相当動いていたという事を考えると今回は相当怖さがあるが、案外調教お化けというパターンもなくはないと思うので、高い評価はしつつも過信は禁物といった感じの評価になってしまうか。

サリオス

力強く豪快なフットワークは相変わらずも、フォームがいつも以上に硬く案外脚も上がってこない。全体的な走りとしてのバランスが崩れている訳ではないのでちょっと評価に困ってしまうが、今週も追われてからすぐに反応出来なかった点は割り引きが必要となるだろう。

決して余裕がある訳ではないが、当初こちらが想像した以上に馬体も引き締まって来なかった印象を受けるので、意外と仕上げるのに戸惑ってしまったのではないだろうか。

動き、馬体はまずまずといった感じも、地面を蹴る力強さと脚の回転の速さは十分なので、一応走れる態勢は整ったと思っていいか。ただ、皐月賞からの上積みは大という訳ではなさそう。

ダーリントンホール

頭の高さと頸の可動域の狭さはマイナスも、脚を出すタイミングが崩れている訳ではないので、ここに関してはほぼ癖、特徴だと思っておきたい。

重機のような分厚い馬体と大きなトモ、そして地面をえぐり取るような力強い脚捌きからすると本来の持ち場はここではないような気もするが、追い切りでは前走の皐月賞時と比較しても比べ物にならないぐらい動けているので、調子は相当良い部類に入るだろう。

血統的に今の東京の馬場への適性に疑問が残るという声を耳にするが、先ほど書いたようにおそらく本来の持ち場はここではないので、今更適性をどうこう言っても仕方がない馬なのでは。それ以上に胴に遊びがない点、そして途中癖が強く表に出る場面が見られた点からすると距離延長がどうなのか。

ディープボンド

前走の京都新聞杯の追い切りが抜群に良く見えた一頭で、皐月賞を使ったダメージは全く感じられないどころか、更なる上積みに期待が持てそうと書いたように、前走で全て出し切った感が強い。そう思ったのは先週まで。

その先週の追い切りの内容がちぐはぐで、内容が軽すぎた事もあってやはり激走したダメージを心配してしまったが、今週の動きを見る限りそのダメージは皆無と思ってよさそう。

今回も馬体の張りもそれなりに目立っており、トモや肩の筋肉量を見ても前走から枯れた様子は一切感じられない。身体全体を使った柔軟性のある走りは素晴らしいの一言で、脚の回転の速さとスピードが良い意味で比例していない点が出来の良さを物語っているだろう。

これは前走同様に怖さがある一頭と言えるか。

ビターエンダー

グイっと前へ出る姿勢と沈むフォームは素晴らしいが、脚が大きく外へ流れている事もあってか全くスピードに乗れない。負荷をかけても案外伸びず、結果調教パートナーに先着を許すなど物足りなさが残ってしまう追い切りとなった。

胸の広さと筋肉量、馬体の張りからしてもピークは前走という可能性が高そうなので、今回はワンランク出来落ちという評価としておきたい。

ワーケア

久々の競馬という事もあって動きに多少重さが残っていて脚の回転も鈍く感じてしまう。それ以上に今回は追ってからの反応や伸びがイマイチで、負荷をかけられている割にはどうも弾け切れていない印象を受けるだけに、少なからず休み明けの影響はあるのでは。

全体的な走りに関してはパワフルで力強さもあるが、素軽さに欠けてしまう点はやはり減点せざるを得ないので、良くても7~8割の仕上がりといったところか。一応相手に先着は出来たが、高い評価は出来ない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回の出来通りであればまず勝ち負け濃厚な一戦か。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第87回 日本ダービー(G1)>

無敗馬コントレイルを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

■基本的には皐月賞組を信頼
過去10年の平均配当では【馬連5100円・3連複1万6350円・3連単35万8640円】。3連系では10万馬券以上が5度、最高配当285万馬券が出ている。過去10年は皐月賞組(8勝)、京都新聞杯組(2勝)と圧倒的に皐月賞組から優勝馬が出ている。連対馬は皐月賞組[8.7.5.65]、京都新聞杯組[2.1.1.20]、青葉賞組[0.2.3.21]、プリンシパルS組[0.0.1.8]。NHKマイルC組は[0.0.0.22]と22頭出走して馬券圏内は1頭もいない。連対馬20頭中15頭が皐月賞組でもあり皐月賞組中心のレースと言える。

■15年振りに無敗のダービー馬誕生なるか?
過去10年の皐月賞馬がダービーを勝ったのはドゥラメンテ、オルフェーヴルの2頭のみで、オルフェーヴルは3冠馬に。1980年以降、無敗のダービー制覇はシンボリルドルフ(5戦5勝)、トウカイテイオー(5戦5勝)、ミホノブルボン(5戦5勝)、フサイチコンコルド(2戦2勝)、ディープインパクト(4戦4勝)と5頭のみ。今年の皐月賞優勝馬コントレイルは無敗で2冠達成なるか?コントレイル(4戦4勝)が優勝すればディープインパクト以来15年振りの無敗のダービー馬誕生となる。

今年注目を集めるのが、皐月賞で激戦を演じたコントレイルとサリオスの2頭でしょう。

今回は東京2400mと全く異なる舞台に変わるだけでなく、この2頭は皐月賞前に「距離は2000mまでかも」という話も、オモテに出回っていたように慎重にジャッジすべき有力馬と言えます。

他にも皐月賞をパスしてダービーへ駒を進めたワーケアだけでなく、NHKマイルC組も加わり、皐月賞の着順が変わる可能性も秘めています。

そして、過去34年間で一度も勝ち馬が出ていない、いわばダービーの鬼門とも言われる【乗り替わり組】。今年は皐月賞で人気を集めたサトノフラッグを筆頭に、有力馬の中にも多数いる点にも注目したいところ。

そんな今年の日本ダービーですが、競馬セブンは3歳牡馬路線に関して、2歳GI『朝日杯FS、ホープフルS』を皮切り、3歳牡馬重賞で的中ラッシュをお届け!ダービーを紐解くうえで重要な皐月賞でも[◎▲△2万馬券的中]をお届けし「3歳牡馬路線は完全に読めている」と言える状態。

さらには、社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、入手可能な情報は公にはならない馬券に直結する裏ネタばかり。

今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービ3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク